歴代オランダ首相(Minister-presidents van Nederland)追加しました
PR

歴代オーストラリア首相 Prime Ministers of Australia

歴代オーストラリア首相 Prime Ministers of Australia リベラルアーツ
「ディーキン」「メンジーズ」「カーティン」「チフリー」「ホイットラム」歴代オーストラリア首相 Prime Ministers of Australia
  1. オーストラリア連邦首相について
  2. オーストラリア連邦成立(1901年-)
    1. エドモンド・バートン
      Sir Edmund Barton
    2. アルフレッド・ディーキン
      Alfred William Deakin
    3. クリス・ワトソン
      John Christian Watson
    4. ジョージ・リード
      Sir George Houstoun Reid
    5. アルフレッド・ディーキン
      Alfred William Deakin
    6. アンドリュー・フィッシャー
      Andrew Fisher
    7. アルフレッド・ディーキン
      Alfred William Deakin
    8. アンドリュー・フィッシャー
      Andrew Fisher
    9. ジョゼフ・クック
      Sir Joseph Cook
    10. アンドリュー・フィッシャー
      Andrew Fisher
    11. ビリー・ヒューズ
      William Morris “Billy” Hughes
    12. スタンリー・ブルース
      Stanley Melbourne Bruce
    13. ジェームズ・スカリン
      James Henry Scullin
    14. ジョゼフ・ライオンズ
      Joseph Aloysius Lyons
    15. アール・ペイジ
      Sir Earle Christmas Grafton Page
    16. ロバート・メンジーズ
      Sir Robert Gordon Menzies
    17. アーサー・ファデン
      Sir Arthur William Fadden
  3. ウェストミンスター憲章批准(1942年-)
    1. ジョン・カーティン
      John Joseph Curtin
    2. フランク・フォード
      Francis Michael Forde
    3. ベン・チフリー
      Joseph Benedict Chifley
    4. ロバート・メンジーズ
      Sir Robert Gordon Menzies
    5. ハロルド・ホルト
      Harold Edward Holt
    6. ジョン・マッキュエン
      Sir John “Black Jack” McEwen
    7. ジョン・ゴートン
      Sir John Grey Gorton
    8. ウィリアム・マクマホン
      Sir William “Billy” McMahon
    9. ゴフ・ホイットラム
      Edward Gough Whitlam
    10. マルコム・フレーザー
      John Malcolm Fraser
    11. ボブ・ホーク
      Robert James Lee Hawke
    12. ポール・キーティング
      Paul John Keating
    13. ジョン・ハワード
      John Winston Howard
    14. ケビン・ラッド
      Kevin Michael Rudd
    15. ジュリア・ギラード
      Julia Eileen Gillard
    16. ケビン・ラッド
      Kevin Michael Rudd
    17. トニー・アボット
      Anthony John “Tony” Abbott
    18. マルコム・ターンブル
      Malcolm Bligh Turnbull
    19. スコット・モリソン
      Scott John Morrison
    20. アンソニー・アルバニージー
      Anthony Norman Albanese
  4. 参考リンク
  5. あわせて読みたい

オーストラリア連邦首相について

オーストラリアは立憲君主制で、イギリス国王・女王と同一人物であるオーストラリア国王が国家元首とみなされる。実際にはオーストラリア総督が国王・女王の代行を務める。

オーストラリアは議院内閣制を採り、オーストラリア総督が特別な場合を除いて、常に下院多数党の党首をオーストラリア連邦政府首相に任命する。首相は、オーストラリア連邦政府の長である。

なお、首相代は、何人目で数える場合と、就任順で数える場合がある。下表は就任順で表記している(フィッシャーは、何人目だと第5代、就任順だと第6代・第8代・第10代)。

オーストラリア連邦成立(1901年-)

氏名

内閣

在任期間

事績

初代

初代

1901.1.1 –
1903.9.24

バートン内閣

1901.1.1 オーストラリア連邦成立、首都メルボルン

12.10 ニューサウスウェールズ、強制労働仲裁法施行

12.17 太平洋諸島労働者法成立

12.23 連邦移民制限法成立、白豪主義政策の始まり

1902 パプア準州がオーストラリア管轄となる

1902.6 連邦議会選挙で女性参政権が承認される

後継にディーキンを指名して首相の座を辞し、オーストラリア高等裁判所判事となる

2代

2代

1903.9.24 –
1904.4.27

第1次ディーキン内閣

1903.10.29 バララット演説「財政の平和」「特恵貿易」

1903.12 女性有権者が参加した連邦選挙で勝利、労働党の協力を得て政権維持

1904.1 演説で多数派政府と二大政党制の確立を訴える

1904.4 産業・労働政策にかかわる調停仲裁法案(Conciliation and Arbitration Bill)の対象に公務員を含めるかどうかで労働党ワトソンと決裂、首相を辞任

3代

3代

1904.4.27 –
1904.8.18

ワトソン内閣

オーストリア史上最年少の首相(37歳)

オーストラリア労働党から選ばれた初の首相

世界で初めて労働党(社会民主主義政党)から選ばれた首相

4代

ジョージ・リード
Sir George Houstoun Reid

ジョージ・リード Sir George Houstoun Reid

 自由貿易党

4代

1904.8.18 –
1905.7.5

リード内閣

首相になった最初の元州首相

少数与党政権

5代

5代

1905.7.5 –
1906.12.12

第2次ディーキン内閣

1905 著作権法が成立

1905 パプア法により、元英領ニューギニアのオーストラリア政府が設立

1906 連邦国勢調査統計局が設立

1906 最初の保護的な連邦関税であるオーストラリア産業保護法が可決

6代

1906.12.12 –
1908.11.13

第3次ディーキン内閣

1907 ハーヴェスター判決で最低賃金制度が設定される

1908 連邦気象局が設立

1908 検疫法が成立

1908 ヒューバート マレーをパプア副総督に任命

6代

7代

1908.11.13 –
1909.6.2

第1次フィッシャー内閣

少数与党政権

1908 政府議席法を可決

新しい連邦首都をヤス-キャンベラ地域に置くことを規定

製造業者奨励法を可決

1909.5 より保守的な保護主義者と自由貿易主義者が合併して連邦自由党を結成

7代

8代

1909.6.2 –
1910.4.29

第4次ディーキン内閣

1909 財政協定を州政府と交渉、連邦政府の余剰歳入を 1 人当たりの助成金として各州に分配

ノーザン テリトリーの支配権を南オーストラリア州から連邦に移管する法案を可決、1911年に発効

1908 歳入剰余法により海軍へ支出

1910 オーストラリア・ポンドの発行許可の法案可決

8代

9代

1910.4.29 –
1913.6.24

第2次フィッシャー内閣

1910.4 連邦選挙で労働党が歴史上初めて過半数を獲得、首相に復帰

老齢年金と障害年金、新しい労働者の権利を法律に盛り込む

1911.1 正式に現在のオーストラリア首都特別地域(ACT)を確立

1911.7 オーストラリア海軍の設立

1911.7 オーストラリア横断鉄道の建設を開始

1911.12 国有のコモンウェルス銀行設立

1913.3 キャンベラ(新首都)命名

9代

10代

1913.6.24 –
1914.9.17

クック内閣

1914.8.4 英がドイツに宣戦布告、自動的に第一次世界大戦に参戦

1914 ドイツ領ニューギニアを占領

1914.9 初の二重解散選挙(上院の全議席改選)で労働党が勝利

10代

11代

1914.9.17 –
1915.10.27

第3次フィッシャー内閣

1914 遺産税査定法、遺産税法、戦争予防法、敵国法国勢調査法、犯罪法ベルギー贈与法敵契約無効法

1915 マレー川水域法、貨物手配法、砂糖購入法

1915.4 アンザック軍団がガリポリに上陸(初の本格的な海外遠征)

11代

12代

1915.10.27 –
1916.11.14

第1次ヒューズ内閣

オーストラリア労働党

1916 科学産業諮問委員会を設立

1916.10 徴兵制を第1回国民投票で否決、この問題で労働党分裂

13代

1916.11.14 –
1917.2.17

第2次ヒューズ内閣

国民労働党

1917.2 労働党ヒューズ派(国民労働党)と自由党が合体、国民党を結成

15代

1917.5.5 –
1920.2.3

第4次ヒューズ内閣

1917.12 徴兵制を第2回国民投票でも否決

1918 連邦選挙法即時決選投票の導入)

1919 ヴェルサイユ条約により、ドイツ領ニューギニアが信託統治領となる(オーストラリアが初めて国際条約に署名)

1920.1 第3政党の地方党が正式に発足

16代

1920.2.4 –
1923.2.9

第5次ヒューズ内閣

1920.11 カンタス航空が設立

1921.3 クイーンズランド、労働党により上院が廃止され、上院を持たない唯一の州となる

12代

17代

1923.2.9 –
1925.11.14

第1次ブルース内閣

ナショナリスト党(国民党)と地方党の連立政権

1923.5 ブルース-ペイジ計画(インフラストラクチャーと農村開発計画)

1923 幹線道路開発法

18代

1925.11.14 –
1928.11.29

第2次ブルース内閣

1926 バルフォア宣言

1927.5 キャンベラへ首都移転

1927 金融協定(州の借入権を制限、国家融資評議会/ローン・カウンシルが調整)

1928.9 輸送労働者法(犬の首輪法)

19代

1928.11.29 –
1929.10.22

第3次ブルース内閣

1929.10 連邦総選挙で自身の議席を失った最初の現職首相となる

13代

20代

1929.10.22 –
1932.1.6

スカリン内閣

1929 世界恐慌の結果、オーストラリアへの資本流入が停止

1931.1 ニューサウスウェールズ、標準労働時間を週44時間とする

1931.2 セオドア・プラン

1931.6 プレミアーズ・プラン合意(デフレ経済政策)

4.19 統一オーストラリア党が結成

14代

21代

1932.1.6 –
1934.10.12

第1次ライオンズ内閣

1932 公営放送ABCによるラジオ全国放送開始

1932.3 シドニーのハーバーブリッジ開通

1932.7-8 オタワで帝国経済会議が開催(オタワ協定:帝国特恵関税)

1933.4 西オーストラリア州が圧倒的多数で連邦からの脱退を決定

1933.7 連邦補助金委員会を設立

1934.9 連邦総選挙で縮退、地方党と連立政権へ

22代

1934.10.12 –
1934.11.9

第2次ライオンズ内閣

1934 エゴン キッシュ事件

23代

1934.11.9 –
1937.11.29

第3次ライオンズ内閣

1936 所得税査定法