[定点観測] 経営指標 企業ランキング2024.3.29 追加しました
PR

ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ(BIMSTEC)

ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ(BIMSTEC) 分類する
ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ(BIMSTEC)

概要

ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブ(BIMSTEC: Bay of Bengal Initiative for Multi-Sectoral Technical and Economic Cooperation)は、ベンガル湾周辺の南アジア・東南アジア7か国(バングラデシュブータンインドミャンマーネパールスリランカタイ)による国際組織である。1997年に設立され、常設事務局がダッカに置かれている。

沿革と活動

1985年に創設された南アジア地域協力連合(SAARC:South Asian Association for Regional Cooperation)が、インドとパキスタン間の地政学的な対立とアフガニスタン情勢のため、長期間活動停止状態となったことから、1997 年6月6日、BIST-EC (バングラデシュ、インド、スリランカ、タイ経済協力)という名前で新しい準地域グループがバンコクで設立された。

1997年12月22日のバンコクでの特別閣僚会議中にミャンマーが参加したことを受け、BIMST-EC(バングラデシュ、インド、ミャンマー、スリランカ、タイ経済協力)と改名された。1998年にネパールがオブザーバー参加、2004年2月にネパールとブータンが正式加盟国となった。

そして2004年7月31日に開催された最初のサミットで、このグループは BIMSTEC (多部門技術経済協力のためのベンガル湾イニシアチブ)と改名されるに至った。

目的

ベンガル湾沿岸に沿った南アジアおよび東南アジア諸国間の技術的および経済的協力に沿った14の主要部門が設けられた。各主要部門(セクター)には、主導国がそれぞれ設定されている。

#主要部門主導国
1貿易と投資バングラデシュ
2輸送と通信インド
3エネルギーミャンマー
4観光インド
5技術スリランカ
6漁業タイ
7農業ミャンマー
8公衆衛生タイ
9貧困緩和ネパール
10テロ対策と多国境間犯罪インド
11環境および災害管理インド
12人々の接触タイ
13文化ブータン
14気候変動バングラデシュ

セクター7から13は2005年にダッカで行われた第8回閣僚会議で追加され、第14セクターは2008年にニューデリーで行われた第11回閣僚会議で追加された。

加盟国

バングラデシュ人民共和国
People’s Republic of Bangladesh

  • 国土面積は、147,000km2(日本の約4割)で世界91位、人口は、1億6470万人で世界8位
  • 共和制、国民議会により選出される大統領が国家元首、議院内閣制、国民議会の一院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界40位、購買力平価(PPP)で世界34位
バングラデシュ人民共和国 People's Republic of Bangladesh

●首都
ダッカ

ブータン王国
Kingdom of Bhutan

  • 国土面積は、38,400km2(九州とほぼ同じ)で世界128位、人口は、87万人で世界165位
  • 立憲君主制、議院内閣制、国民議会(下院)・国家評議会(上院)の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界位、購買力平価(PPP)で世界158位
ブータン王国 Kingdom of Bhutan

●首都
ティンプー

インド共和国
Republic of India

  • 南アジア随一の面積(世界では7位)と世界第1位の人口を持つ
  • 連邦共和制国家で、世界最大の民主主義国家と呼ばれる
  • 連邦公用語はヒンディー語だが、他にインド憲法で公認されている言語が21ある

ミャンマー連邦共和国
ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်
Republic of the Union of Myanmar

  • 国土面積は676,578km2 (日本の約1.8倍)で世界40位、総人口は54,410,000人で世界26位
  • 大統領を元首とする共和制。2021年のクーデターにより、国家行政評議会議長を事実上の国家指導者とする軍事政権に戻った
  • 1989年にビルマからミャンマーに国名変更(軍事政権の正統性の観点から併記などの運用の幅あり)
ミャンマー連邦共和国
ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်
Republic of the Union of Myanmar

●首都
ネピドー(ネーピードー)
(2006年に旧首都ヤンゴンから移転)
(1989年にラングーンからヤンゴンへ改称)

ネパール
Nepal

  • 国土面積は、147,181km2(北海道の約1.8倍)で世界93位、人口は、2914万人で世界49位
  • 2006年の民主化運動により王政廃止から漸次的に連邦民主共和制へ、連邦議会の合意または選挙により大統領・首相を任命、大統領は儀礼的な国家元首、連邦議会は国民議会(上院)・代議院(下院)の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界107位、購買力平価(PPP)で世界99位
ネパール Nepal

●首都
カトマンズ

スリランカ民主社会主義共和国
Democratic Socialist Republic of Sri Lanka

  • 国土面積は、65,610km2(北海道の約0.8倍)で世界119位、人口は、2141万人で世界57位
  • 共和制、半大統領制と議院内閣制の混合、一院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界63位、購買力平価(PPP)で世界61位

タイ王国
ราชอาณาจักรไทย
Kingdom of Thailand

  • 国土面積は513,120km2(日本の約1.4倍)で世界50位、総人口は6,980万人で世界20位
  • 立憲君主制でチャクリー王朝の国王が国家元首。議院内閣制で人民代表院(下院)と、元老院(上院)から成る両院制
  • 親軍政党との連立政権だが、2023年8月23日にセーター首相就任で民政復帰
タイ王国 ราชอาณาจักรไทย Kingdom of Thailand

●首都
バンコク

あわせて読みたい