歴代オランダ首相(Minister-presidents van Nederland)追加しました
PR

カリブ共同体(CARICOM)カリコム

カリブ共同体(CARICOM)カリコム 分類する
カリブ共同体(CARICOM)カリコム

概要

カリブ共同体(CARICOM: Caribbean Community、カリコム)は、西インド諸島のカリブ諸国及び領土のモントセラト、南アメリカのガイアナ、スリナム及び中央アメリカのベリーズなどを含めた14か国と1地域で結成されている。カリブ海地域の経済統合を目指すとともに、加盟国間の外交政策の調整、共通のサービス事業実施、社会的・文化的・技術的発展のための協力等を行うことを目的とする機関である。事務局は、ガイアナ共和国ジョージタウンに置かれている。

沿革と活動

1960年代の独立の前から旧英領カリブ諸国においては、地域統合を目指した動きが見られ、1958年には西インド諸島連邦が創設された。旧英領カリブ諸国が独立後の1968年に、域内貿易の自由化等を目的としたカリブ自由貿易連盟(CARIFTA)が設立された。さらにこれを発展させ、経済統合、外交政策の調整、保健医療・教育等に関する機能的協力の促進を目的として、1973年7月、バルバドス、ガイアナ、ジャマイカ及びトリニダード・トバゴによりカリブ共同体(カリコム)を設立するためのチャガラマス条約を署名、この設立条約が同年8月1日に発効して、カリコムが正式発足した。

  • 1973年7月4日 チャガラマス条約がバルバドス、ガイアナ、ジャマイカ、トリニダード・トバゴによって署名、1973年8月1日に発効
  • 1974年5月 アンティグア・バーブーダ、英領ホンジュラス(ベリーズ)、ドミニカ国等8カ国・地域が正式加盟
  • 1983年7月 バハマが正式加盟
  • 1995年7月 スリナムが正式加盟
  • 2001年 修正チャグアラマス条約が署名、カリコム単一市場経済(CSME)を含むカリブ海共同体を設立
  • 2002年5月 ハイチが正式加盟
  • 2013年8月 5つの宗主諸国(イギリス、スペイン、フランス、ポルトガル、オランダ)に対し、植民地時代の先住民虐殺や搾取行為に関する公式な謝罪の意思表示・補償を求めることを決議

目的

  1. 加盟国の経済統合
    • 調和とバランスのとれた発展を促進するための加盟国間の経済及び貿易関係の調整と法制度の強化
    • 持続的発展と経済的統合の継続及びそれらの利益の公平な分配
    • 加盟国の経済的自立等を目的とした共同市場制度の設立
  2. 加盟国間の外交政策の調整
  3. 国民の利益となる共通のサービスや事業の効果的実施や、国民間の理解と、社会的・文化的・技術的発展の促進等を含む機能的な協力

組織

  • 最高意志決定機関:首脳会議(The Conference of the Heads of Government)
  • 閣僚共同体理事会(Community Council of Ministers)
    • 首脳会議による政策の方向性に従って経済統合、機能的な協力、外交政策といった分野におけるカリコムとしての戦略立案及び調整を行う
    • 閣僚レベルの理事会
      • 外交及び共同体関係
        • 外交・共同体関係理事会(COFCOR)
      • 貿易・経済開発
      • 人材・社会開発
      • 財政・企画
    • 補助組織
      • 法務委員会
      • 予算委員会
      • 中央銀行総裁委員会

原加盟国(1973.8.1)

時期状況メンバーシップ
1973.8.1創設バルバドス、ジャマイカ、ガイアナ、トリニダード・トバゴ
1974.5.1新規加盟ベリーズ、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、
モンセラット(モントセラト)(イギリスの海外領土)、ドミニカ国、グレナダ
1974.7.4新規加盟アンティグア・バーブーダ
1974.7.26新規加盟セントクリストファー・ネイビス(セントクリストファー・ネイビス・アンギラ
として加盟)
1983.7.4新規加盟バハマ(関税同盟には不参加)
1991.7準加盟イギリス領ヴァージン諸島(イギリスの海外領土)、タークス・カイコス諸島
(イギリスの海外領土)
1995.7.4新規加盟スリナム
1999.7準加盟アンギラ(イギリスの海外領土)
2002.5.16準加盟ケイマン諸島(イギリスの海外領土)
2002.7.2新規加盟ハイチ(1998年7月4日に暫定加盟)
2003.7.2準加盟バミューダ諸島(イギリスの海外領土)
オブザーバー備考
コロンビア、ドミニカ共和国、メキシコ、ベネズエラ独立国
アルバ、キュラソー、シント・マールテンオランダ王国の構成国
プエルトリコ米国の海外領土

バルバドス
Barbados

  • 国土面積は430km2(種子島とほぼ同じ)で世界183位、人口は301,865人で171位
  • 共和制(2021年11月までは立憲君主制で英連邦王国の一員だったが引き続きイギリス連邦には留まっている)、大統領が元首、議院内閣制、上院・下院の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は46億3000万ドルで世界ランキングは不明、購買力平価(PPP)は41億9400万ドルで世界ランキングは不明

ジャマイカ
Jamaica

  • 国土面積は10,991km2(岐阜県とほぼ同じ大きさ)で世界160位、人口は2,961,000人で世界136位
  • 立憲君主制、国家元首はジャマイカ国王で英国王と同一、議院内閣制、上院・下院の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界124位、購買力平価(PPP)で世界131位

ガイアナ共和国
Republic of Guyana

  • 国土面積は214,970km2(本州よりやや小さい)で世界81位、人口は79万人で世界160位
  • 立憲共和制、各党の候補者名簿より選出される大統領が国家元首、国民議会の一院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界148位、購買力平価(PPP)で世界160位

トリニダード・トバゴ共和国
Republic of Trinidad and Tobago

  • 国土面積は5128km2(千葉県よりやや大きい)で世界165位、人口は1,367,558人で世界150位
  • 立憲共和制、大統領が元首で上下両院議員による間接選挙で選出、議院内閣制、上院・下院の両院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界105位、購買力平価(PPP)で世界106位

新規加盟国・地域(1974.5.1以降)

ベリーズ
Belize

  • 国土面積は22,966km2(四国より少し大きい)で147位、人口は39万8000人で世界176位
  • 立憲君主制、国王が元首でイギリス国王が務める、議院内閣制、元老院(上院)と代議院(下院)の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界166位、購買力平価(PPP)で世界166位
ベリーズ Belize

●首都
ベルモパン

セントルシア
Saint Lucia

  • 国土面積は616km2(淡路島とほぼ同じ)で世界178位、人口は184,000人で世界178位
  • 立憲君主制、国王が元首でイギリス国王が務める、議院内閣制、上院・下院の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界168位、購買力平価(PPP)で世界172位

セントビンセントおよびグレナディーン諸島
Saint Vincent and the Grenadines

  • 国土面積は389km2(五島列島の福江島とほぼ同じ)で世界184位、人口は101,145人で世界195位
  • 立憲君主制、国王が元首でイギリス国王が務める、議院内閣制、一院制
  • 名目国内総生産(GDP)は7億7700万ドルで世界ランキングは不明、購買力平価(PPP)で13億5600万ドルだが世界ランキングは不明