業種別かんたんシャープレシオ 2024/1月 更新しました
PR

歴代トルコ首相 Prime Ministers of Turkey

歴代トルコ首相 Prime Ministers of Turkey リベラルアーツ
歴代トルコ首相 Prime Ministers of Turkey
  1. トルコ首相について
  2. 大国民議会政府(1920 – 1923)
    1. ムスタファ・ケマル・アタテュルク
      Mustafa Kemal Atatürk
    2. フェヴズィ・チャクマク
      Mustafa Fevzi Çakmak
    3. ラウフ・オルバイ
      Hüseyin Rauf Orbay
    4. フェトヒ・オクヤル
      Ali Fethi Okyar
  3. 第一共和制・一党独裁時代(1923 – 1946)
    1. イスメト・イノニュ
      İsmet İnönü
    2. フェトヒ・オクヤル
      Ali Fethi Okyar
    3. イスメト・イノニュ
      İsmet İnönü
    4. ジェラル・バヤル
      Celal Bayar
    5. レフィク・サイダム
      Refik Saydam
    6. シュクリュ・サラジオウル
      Şükrü Saracoğlu
  4. 第一共和制・多党制時代(1946 – 1961)
    1. レジェプ・ペケル
      Mehmet Recep Peker
    2. ハサン・サカ
      Hasan Saka
    3. シェムセッティン・ギュナルタイ
      Şemsettin Günaltay
    4. アドナン・メンデレス
      Adnan Menderes
    5. ジェマル・ギュルセル
      Cemal Gürsel
  5. 第二共和制(1961 – 1980)
    1. ジェマル・ギュルセル
      Cemal Gürsel
    2. エミン・ファフレッティン・オズディレク
      Emin Fahrettin Özdilek
    3. イスメト・イノニュ
      İsmet İnönü
    4. スアト・ハイリ・ウルギュプリュ
      Suad Hayri Ürgüplü
    5. スュレイマン・デミレル
      Süleyman Demirel
    6. ニハト・エリム
      Nihat Erim
    7. フェリト・メレン
      Ferit Melen
    8. ナイム・タル
      Naim Talu
    9. ビュレント・エジェヴィト
      Bülent Ecevit
    10. サーディー・ウルマク
      Sadi Irmak
    11. スュレイマン・デミレル
      Süleyman Demirel
    12. ビュレント・エジェヴィト
      Bülent Ecevit
    13. スュレイマン・デミレル
      Süleyman Demirel
    14. ビュレント・エジェヴィト
      Bülent Ecevit
    15. スュレイマン・デミレル
      Süleyman Demirel
  6. 第三共和制(1980 – 2018)
    1. ビュレント・ウルス
      Bülent Ulusu
    2. トゥルグト・オザル
      Turgut Özal
    3. アリ・ボゼル
      Ali Hüsrev Bozer
    4. ユルドゥルム・アクブルト
      Yıldırım Akbulut
    5. メスト・ユルマズ
      Mesut Yılmaz
    6. スュレイマン・デミレル
      Süleyman Demirel
    7. タンス・チルレル
      Tansu Çiller
    8. メスト・ユルマズ
      Mesut Yılmaz
    9. ネジメッティン・エルバカン
      Necmettin Erbakan
    10. メスト・ユルマズ
      Mesut Yılmaz
    11. ビュレント・エジェヴィト
      Bülent Ecevit
    12. アブドゥラー・ギュル
      Abdullah Gül
    13. レジェップ・タイイップ・エルドアン
      Recep Tayyip Erdoğan
    14. アフメト・ダウトオール
      Ahmet Davutoğlu
    15. ビナリ・ユルドゥルム
      Binali Yıldırım
  7. 参考リンク
  8. あわせて読みたい

トルコ首相について

トルコ首相の地位は、トルコ独立戦争中の1920 年に設立された。首相は、議院内閣制の下、内閣とともに政府の行政府の長だった。2017 年の憲法に関する国民投票の後、首相職は廃止され、2018 年の総選挙の後、大統領が行政府の長となった。

大国民議会政府(1920 – 1923)

氏名

内閣

在任期間

事績

1

1920.5.3
– 1921.1.24

第1次内閣

1920.8.10 セーヴル条約(オスマン帝国の解体)

1921.1 トルコ大国民議会、憲法制定

2

2

1921.1.24
– 1921.5.19

第2次内閣

1921.3 ソヴィエトと友好条約(モスクワ条約)締結

3

1921.5.19
– 1922.7.9

第3次内閣

1921.8-9 サカリヤ川の戦い、ギリシア軍を破る

3

4

1922.7.12
– 1923.8.4

第4次内閣

1922.10 連合国とムダニヤ休戦協定締結

11. トルコ大国民議会、スルタン制廃止を決議、オスマン朝滅亡

1923.1 ローザンヌ会議でトルコ・ギリシア住民交換協定調印

7.24 ローザンヌ条約(独立戦争で防衛した土地がトルコの領土となり、トルコが独立国となることが承認)

4

5

1923.8.14
– 1923.10.27

第5次内閣

1923.9 人民党結成(党首ムスタファ・ケマル、翌年に共和人民党に改称)

10. アンカラに遷都、共和制宣言(トルコ共和国成立)、ムスタファ・ケマルが初代大統領に就任

第一共和制・一党独裁時代(1923 – 1946)

  • 1923.10.29 大国民議会が政共和制を宣言、トルコ共和国が建国
  • 1924.4.20 共和国憲法:国権の各権限を大統領と議会を中心に統合、共和人民党の一党独裁制が確立
  • 1946 最初の多党制選挙が実施

氏名

内閣

在任期間

事績

1

1923.11.1
– 1924.3.6

第1次イノニュ内閣

1924.3.3 カリフ制廃止、シャリーア・ワクフ省廃止、教育統一法制定、オスマン王家一族の国外追放

2

1924.3.6
– 1924.11.22

第2次イノニュ内閣

1924.4.8 シャリーア法廷廃止

4.20 新憲法制定

11. カラベキルを党首とする進歩主義者共和党が設立

2

3

1924.11.22
– 1925.3.3

第1次オクヤル内閣

1925.2-5 シェイフ・サイードの反乱

シェイフ・サイードの反乱

3

4

1925.3.4
– 1927.11.1

第3次イノニュ内閣

1925.6.3 シェイフ・サイードの反乱に加担したとして進歩主義者共和党が解党

11.30 タリーカの集会場・修道場・聖廟の閉鎖

12.8 「クルド」「クルディスターン」等の用語使用を禁止する教育省通達

12.26 太陽暦採用

1926.2.17 新民法制定、3.1 新刑法制定、5.29 新商法制定→法体系の西洋化

4.22 イラン・トルコ友好条約調印

5

1927.11.1
– 1930.9.27

第4次イノニュ内閣

1928.4.10 イスラームを国教とする憲法条項の削除

11.1 ローマ字使用に関する法律制定

1929.8 ローザンヌ条約の規定により、関税自主権を回復

9.1 公立学校でのアラビア語・ペルシア語授業廃止

1930.4.3 女性参政権(市議会選挙投票権)承認

8.13 フェトヒが自由共和党を結党、数ヵ月後に自発的に解党

6

1930.9.27
– 1931.5.4

第5次イノニュ内閣

1930.12.23 ナクシュバンディー教団員らによる将校殺害事件(メネメン事件)

1931.4.15 トルコ歴史研究協会設立(35年にトルコ歴史協会に改称)

7

1931.5.4
– 1935.3.1

第6次イノニュ内閣

1931.5.10 第5回共和人民党大会でケマリズム6原則を採択

1932.2.19 共和人民党の国民啓蒙施設「人民の家」の設置始まる

7.12 トルコ言語研究協会設立(36年にトルコ言語教会に改称)、トルコ語純化運動を推進

1933.6.3 国営シュメール銀行設立

1934.1.8 第1次五ヵ年計画

2.9 バルカン協商(ギリシア・トルコ・ルーマニア・ユーゴスラビア)

6.21 姓名法制定

12.5 国政選挙全般に女性参政権承認

8

1935.3.1
– 1937.10.25

第7次イノニュ内閣

1936.7.20 モントルー条約でボスポラス海峡とダーダネルス海峡の主権回復

1937.3 政府軍によるデルスィム制圧、クルド系住民強制移住、虐殺起る

デルスィム

7. サーダーバード条約調印

4

9

1937.10.25
– 1938.11.11

第1次バヤル内閣

1938.11.10 ムスタファ・ケマル・アタテュルク大統領没

10

1938.11.11
– 1939.1.25

5

11

1939.1.25
– 1939.4.3

12

1939.4.3
– 1942.7.8

第2次サイダム内閣

1939.6.23 ハタイ割譲に関するトルコ・フランス協定(アンカラ協定)、30. ハタイを併合

1939.10 英仏と相互援助条約締結

1941.6.22 ドイツと相互不可侵条約締結

1942.7.8 在任中に脳卒中のため急死

6

13

1942.7.9
– 1943.3.9

第1次サラジオウル内閣

イノニュ大統領の指名で第13代首相に就任

1942.11 富裕税導入(非ムスリム商工業者)、翌年廃止

1943 農産物税

14

1943.3.9
– 1946.8.7

第2次サラジオウル内閣

1945.2.23 国連原加盟国の地位を得るためドイツと日本に対して宣戦布告

6.11 農地分配法制定

1946.1.7 バヤルによる民主党結成

7.21 総選挙で民主党62/465議席獲得(複数政党制による初の選挙)

8.7 連合国からの圧力、とりわけソ連から東部領土の割譲要求を突きつけられ首相辞任

第一共和制・多党制時代(1946 – 1961)

氏名

内閣

在任期間

事績

7

15

1946.8.7
– 1947.9.10

第1次ペケル内閣

イノニュ大統領の指名によって首相に就任

1947.3 米国がギリシア・トルコ援助法(トルーマン・ドクトリン)を議会へ提出

1947 前年策定の新五ヵ年計画を廃棄、トルコ開発計画が採択

8

16

1947.9.10
– 1948.6.10

第1次サカ内閣

イノニュ大統領に首相に指名

17

1948.6.10
– 1949.1.16

第2次サカ内閣

1948.7.4 トルコ・アメリカ経済協力協定(マーシャル・プラン援助の受入開始)

9

18

1949.1.16
– 1950.5.22

第1次ギュナルタイ内閣

イノニュ大統領により首相に指名

1950.5.14 トルコ史上初の自由選挙となった総選挙で民主党圧勝、共和人民党敗北して退陣

10

19

1950.5.22
– 1951.3.9

第1次メンデレス内閣

1950.6.16 アラビア語によるアザーンの自由化、以後、民主党政権下で世俗化政策の緩和進む

7.25 朝鮮戦争下の韓国派兵(国連軍への参加)を正式表明

20

1951.3.9
– 1954.5.17

第2次メンデレス内閣

1951.6.27 ティジャーニー教団シャイフ、ケマル・ピラーヴオール逮捕、この頃同教団員が各地でアタテュルク像を破壊、7.25 「反アタテュルク行為の犯罪に関する法律」制定

12. キプロス紛争始まる

キプロスの分断地図

1952.2.18 NATOに正式加盟

北大西洋条約機構(NATO)の拡大

1954.5.2 総選挙で民主党が再び地滑り的勝利、首相に再任

21

1954.5.17
– 1955.12.9

第3次メンデレス内閣

1955.2.24 トルコ・イラク間でバグダード条約締結(9月パキスタン、10月イランが加盟、バグダード条約機構成立)、翌年にイラクが脱退し、代わって中央条約機構(CENTO)成立

1955.9 キプロス問題を契機に戒厳令

イスタンブールでギリシア系住民に対するポグロムが発生(九月六日事件)

11. メンデレスに対する不信任決議が成立、内閣改造を強いられる

22

1955.12.9
– 1957.11.25

第4次メンデレス内閣

1957.10.27 総選挙、得票率48%で民主党が第1党を守り、3選

23

1957.11.25
– 1960.5.27

第5次メンデレス内閣

1959 ガトウィック空港の手前で乗っていた飛行機が墜落したが生還

欧州経済共同体との協力条約を締結(1964年発効)

1960.4.2 カイセリ事件

1960.5.1 U-2撃墜事件

偵察機U-2

5.5 555K事件

1960.5.27 軍部による無血クーデタ、ギュルセル陸軍大将を議長とする国家統一委員会が全権掌握、バヤル大統領・メンデレス首相らを逮捕、民主党政権崩壊

28. ギュルセル国家元首・首相兼国防相・参謀総長に就任

11

ジェマル・ギュルセル
Cemal Gürsel

ジェマル・ギュルセル Cemal Gürsel

無所属(軍人)

24

1960.5.30
– 1961.1.5

第1次ギュルセル内閣
非文民内閣

1960.8.16 イギリスから独立してキプロス共和国が成立

第二共和制(1961 – 1980)

  • 1961 新憲法が制定
    • 大国民議会の最高権限が緩和、従来の議会に加えて上院が設置され、二院制に改められる
    • 比例代表制が導入
    • 司法が立法から完全に独立して三権分立が確立
    • 議会の独走を防ぐために、憲法裁判所が最高裁判所とは別に設立

氏名

在任期間

事績

11

ジェマル・ギュルセル
Cemal Gürsel

ジェマル・ギュルセル Cemal Gürsel

無所属(軍人)

25

1961.1.5
– 1961.10.27

第2次ギュルセル内閣
非文民内閣

1961.2 トルコ労働者党結成

1961.7.9 国民投票で新憲法が承認

9.17 旧民主党議員への判決(メンデレスら3名処刑、バヤルは高齢により終身刑)

10.15 民政移管のための総選挙実施
・下院:共和人民党36.7%、公正党34.7%
・上院:公正党が第1党

10.26 ギュルセル国家統一委員会議長、第4代大統領に選出

エミン・ファフレッティン・オズディレク
Emin Fahrettin Özdilek

エミン・ファフレッティン・オズディレク Emin Fahrettin Özdilek

無所属(軍人)

臨時

1961.10.27
– 1961.11.20

暫定内閣
非文民内閣

1961.10.27 新憲法が発効してギュルセル首相が大統領に就任するのに伴い、翌月の選挙で文民政権が成立するまでの暫定首相に就任

10.30 西ドイツと雇用双務協定締結