ネットギアリング比率(Net Gearing Ratio)追加しました

歴代ローマ皇帝 Roman Emperors

歴代ローマ皇帝 Roman Emperorsリベラルアーツ
「アウグストゥス」「マルクス・アウレリウス」「コンスタンティヌス1世」「 ユスティニアヌス1世」「カール1世」歴代ローマ皇帝 Roman Emperors

ローマ皇帝とは

世襲や相続によらず、アウグストゥス(オクタウィウス)の後、共和政ローマで定着した「個人に専制的な権限を与える習慣」で、その帝位は個人に与えられる一代限りの特権である。

特定の皇位(帝位、皇家・門地)も設定されていないため、同時期に「共同皇帝」「共治帝」という形式で複数人が皇帝位に就くこともある。

概ね次のいずれかの条件(or条件)を満たす場合、ローマ皇帝として認められる。

  1. 元老院から正式にアウグストゥスの称号を授与される
  2. 現職の皇帝から共同統治者あるいは補助者として権限を与えられる
  3. 経緯はどうであれ、帝国全土を統治できるだけの権力を掌握する

ただし、血縁関係や世襲的な立場にあるものが、上記の条件に該当しやすくなる傾向があることもまた事実である。

本稿では、カエサル没後、共和政ローマが帝政ローマに移行した時点から、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)および神聖ローマ帝国の滅亡までを扱う。

本稿の写真は全てウィキペディア(wikipedia)のクリエイティブ・コモンズ(Creative Commons: CC)による

プリンキパトゥス(元首政)

ユリウス=クラウディウス朝

ユリウス=クラウディウス朝
ユリウス=クラウディウス朝
肖像名称在位期間事績
アウグストゥス
IMPERATOR CAESAR AVGVSTVS
BC.27.1
– AD.14.8.19
初代皇帝
元首政を確立
ティベリウス
TIBERIVS CAESAR AVGVSTVS
14.9.18
– 37.3.16
ロドス島隠遁
カリグラ
GAIVS CAESAR AVGVSTVS GERMANICVS
37.3.18
– 41.1.24
クラウディウス
TIBERIVS CLAVDIVS CAESAR AVGVSTVS GERMANICVS
41.1.25
– 54.10.13
ネロ
NERO CLAVDIVS CAESAR AVGVSTVS GERMANICVS
54.10.13
– 68.6.9

四皇帝の年

ローマ内戦 (68年-70年)
ローマ内戦 (68年-70年)
肖像名称在位期間事績
ガルバ
SERVIVS GALBA IMPERATOR CAESAR AVGVSTVS
68.6.8
– 69.1.15
ヒスパニア・タラコネンシス総督
オト
MARCVS OTHO CAESAR AVGVSTVS
69.1.15
– 69.4.15
ルシタニア総督
ウィテッリウス
AVLVS VITELLIVS GERMANICVS AVGVSTVS
69.4.17
– 69.12.22
ウェスパシアヌス
TITVS FLAVIVS CAESAR VESPASIANVS AVGVSTVS
69.7.1
– 79.6.23
四皇帝の年を終結

フラウィウス朝

フラウィウス朝
フラウィウス朝
肖像名称在位期間事績
ウェスパシアヌス
TITVS FLAVIVS CAESAR VESPASIANVS AVGVSTVS
69.7.1
– 79.6.23
ティトゥス
TITVS FLAVIVS CAESAR VESPASIANVS AVGVSTVS
79.6.24
– 81.9.13
ウェスパシアヌスの長男
ドミティアヌス
TITVS FLAVIVS CAESAR DOMITIANVS AVGVSTVS
81.9.14
– 96.9.18
ティトゥスの弟

ネルウァ=アントニヌス朝(五賢帝時代)

ネルウァ=アントニヌス朝
ネルウァ=アントニヌス朝
五賢帝
五賢帝
肖像名称在位期間事績
ネルウァ
MARCVS COCCEIVS NERVA CAESAR AVGVSTVS
96.9.18
– 98.1.27
五賢帝
トラヤヌス
CAESAR MARCVS VLPIVS
NERVA TRAIANVS AVGVSTVS
98.1.28
– 117.8.9
五賢帝
ローマ帝国史上最大の版図を現出
ハドリアヌス
CAESAR PVBLIVS AELIVS TRAIANVS
 HADRIANVS AVGVSTVS
117.8.11
– 138.7.10
五賢帝
アントニヌス・ピウス
CAESAR TITVS AELIVS HADRIANVS
 ANTONINVS AVGVSTVS PIVS
138.7.10
– 161.3.7
五賢帝
マルクス・アウレリウス
CAESAR MARCVS AVRELIVS ANTONINVS AVGVSTVS
161.3.7
– 180.3.17
五賢帝
哲人皇帝『自省録』
ルキウス・ウェルス
CAESAR LVCIVS AVRELIVS VERVS AVGVSTVS
161.3.7
– 169.3頃
アントニヌスの養子
共同皇帝
コンモドゥス
CAESAR MARCVS AVRELIVS
 COMMODVS ANTONINVS AVGVSTVS
180.3.18
– 192.12.31
マルクス・アウレリウスの子

五皇帝の年

ローマ内戦 (192年-197年)
ローマ内戦 (192年-197年)
肖像名称在位期間事績
ペルティナクス
CAESAR PVBLIVS HELVIVS PERTINAX AVGVSTVS
193.1.1
– 193.3.28
ブリタニア総督
ディディウス・ユリアヌス
CAESAR MARCVS DIDIVS SEVERVS IVLIANVS AVGVSTVS
193.3.28
– 193.6.1
帝位競売
セプティミウス・セウェルス
CAESAR LVCIVS SEPTIMIVS SEVERVS PERTINAX AVGVSTVS
193.4.9
– 211.2.4

僭帝

肖像名称在位期間事績
ペスケンニウス・ニゲル
Gaius Pescennius Niger
193
– 194
三番目の帝位請求者
クロディウス・アルビヌス
Decimus Clodius Albinus
193/196ブリタンニア属州

セウェルス朝

セウェルス朝の家系図
セウェルス朝の家系図

途中でマクリヌスによる帝位簒奪を経ており、これを含む場合もある

肖像名称在位期間事績
セプティミウス・セウェルス
CAESAR LVCIVS SEPTIMIVS SEVERVS PERTINAX AVGVSTVS
193.4.9
– 211.2.4
アフリカ属州生まれ
カラカラ
CAESAR MARCVS AVRELIVS SEVERVS ANTONINVS PIVS AVGVSTVS
198頃
– 217.4.8
アントニヌス勅令
カラカラ浴場
ゲタ
CAESAR PVBLIVS SEPTIMIVS GETA AVGVSTUS
209頃
– 211.12.26
カラカラの弟
肖像名称在位期間事績
マクリヌス
MARCVS OPELLIVS SEVERVS MACRINVS AVGVSTVS PIVS FELIX
217.4.11
– 218.6.8
ディアドゥメニアヌス
MARCVS OPELLIVS ANTONINVS DIADVMENIANVS
217.4.11
– 218.6.8
肖像名称在位期間事績
ヘリオガバルス
MARCVS AVRELIVS ANTONINVS AVGVSTVS
218.6.8
– 222.3.11
トランスジェンダー
セウェルス・アレクサンデル
CAESAR MARCVS AVRELIVS SEVERVS ALEXANDER AVGVSTVS
222.3.13
– 235.3.18

軍人皇帝時代

ローマ帝国の属州 軍人皇帝
ローマ帝国の属州
ローマ内戦 (238年) 六皇帝の年
ローマ内戦 (238年) 六皇帝の年
3世紀の危機
3世紀の危機
肖像名称在位期間事績
マクシミヌス・トラクス
CAESAR GAIVS JVLIVS VERVS MAXIMINVS AVGVSTVS
235.3.20
– 238.4頃
最初の軍人皇帝
トラキア出身
ゴルディアヌス1世
CAESAR MARCVS ANTONIVS GORDIANVS
 SEMPRONIANVS AFRICANVS AVGVSTVS
238.3.22
– 238.4.12
ゴルディアヌス2世
CAESAR MARCVS ANTONIVS GORDIANVS
 SEMPRONIANVS ROMANVS AFRICANVS AVGVSTVS
238.3.22
– 238.4.12
プピエヌス
CAESAR MARCVS CLODIVS PVPIENVS MAXIMVS AVGVSTVS
238.4.22
– 238.7.29
バルビヌス
CAESAR DECIMVS CAELIVS CALVINVS
 BALBINVS PIVS AVGVSTVS
238.4.22
– 238.7.29
ゴルディアヌス3世
CAESAR MARCVS ANTONIVS GORDIANVS AVGVSTVS
238.4.22
– 244.2.11
ピリップス・アラブス
CAESAR MARCVS IVLIVS PHILLIPVS AVGVSTVS
244.2頃
– 249後半
ピリップス2世
PHILLIPVS II
244.2頃
– 249後半
デキウス
CAESAR GAIVS MESSIVS QVINTVS
TRAIANVS DECIVS AVGVSTVS
249後半
– 251.6頃
エトルスクス・デキウス
QUINTVS HERENNIVS ETRUSCVS MESSIVS DECIVS
249後半
– 251.6頃
ホスティリアヌス
CAESAR CAIVS VALENS HOSTILIANVS
 MESSIVS QVINTVS AVGVSTVS
251.6
– 251後半
トレボニアヌス・ガッルス
CAESAR GAIVS VIBIVS TREBONIANVS GALLVS AVGVSTVS
251.6
– 253.8
ウォルシアヌス
GAIVS VIBIVS VOLVSIANVS
251.6
– 253.8
アエミリアヌス
CAESAR MARCVS AEMILIVS AEMILIANVS AVGVSTVS
253.8
– 253.10
ウァレリアヌス
CAESAR PVBLIVS LICINIVS VALERIANVS AVGVSTVS
253.10
– 260
ガッリエヌス
CAESAR PVBLIVS LICINIVS EGNATIVS
 GALLIENVS AVGVSTVS
253.10
– 268.9
サロニヌス
PVBLIVS LICINIVS CORNELIVS SALONINVS
253.10
– 268.9
クラウディウス・ゴティクス
CAESAR MARCVS AVRELIVS CLAVDIVS AVGVSTVS
268.9
– 270.1
クィンティッルス
CAESAR MARCVS AVRELIVS CLAVDIVS QVINTILLVS AVGVSTVS
270
アウレリアヌス
CAESAR LVCIVS DOMITIVS AVRELIANVS AVGVSTVS
270
– 275.9
3分裂していた
ローマ帝国を統一
タキトゥス
CAESAR MARCVS CLAVDIVS TACITVS AVGVSTVS
275.9.25
– 276.6
フロリアヌス
CAESAR MARCVS ANNIVS FLORIANVS AVGVSTVS
276.6
– 276.9
簒奪帝
プロブス
CAESAR MARCVS AVRELIVS PROBVS AVGVSTVS
276.9
– 282後半
カルス
CAESAR MARCVS AVRELIVS CARVS AVGVSTVS
282後半
– 283.8
ヌメリアヌス
CAESAR MARCVS AVRELIVS
 NVMERIVS NVMERIANVS AVGVSTVS
283.8
– 284
カリヌス
CAESAR MARCVS AVRELIVS CARINVS AVGVSTVS
283.8
– 285

ドミナートゥス(専制君主政)

テトラルキア時代

テトラルキア
テトラルキア
年代西方-正帝西方-副帝東方-正帝東方-副帝
284ディオクレティアヌス
286マクシミアヌス
ディオクレティアヌス
293マクシミアヌス
クロルス
ディオクレティアヌス
ガレリウス
305クロルス
セウェルス



ガレリウス
ダイア
306セウェルス

マクセンティウス

マクシミアヌス
コンスタンティヌス1世
ガレリウス
ダイア
307マクセンティウス

マクシミアヌス
コンスタンティヌス1世
ガレリウス
ダイア
308マクセンティウス

マクシミアヌス
コンスタンティヌス1世
ガレリウス

リキニウス
ダイア
310マクセンティウス
コンスタンティヌス1世
ガレリウス

リキニウス

ダイア
311マクセンティウス
コンスタンティヌス1世
リキニウス

ダイア
312コンスタンティヌス1世
リキニウス

ダイア
313コンスタンティヌス1世
バシアヌス
リキニウス
314コンスタンティヌス1世
バシアヌス


リキニウス
バレンス


315コンスタンティヌス1世
リキニウス
バレンス
317コンスタンティヌス1世
クリスプス



リキニウス
小リキニウス
324コンスタンティヌス1世

マルティニアヌス
クリスプス



リキニウス

マルティニアヌス
小リキニウス
全ローマ皇帝
コンスタンティヌス1世
クリスプス



326コンスタンティヌス1世
クリスプス

コンスタンティウス2世
327コンスタンティヌス1世
コンスタンティウス2世
肖像名称在位期間事績
ディオクレティアヌス
CAESAR GAIVS AVRELIVS VALERIVS DIOCLETIANVS AVGVSTVS
284.11.20
– 305.5.1
テトラルキア
(四分割統治、
四分治制)
を導入
マクシミアヌス
CAESAR GAIVS AVRELIVS VALERIVS MAXIMIANVS AVGVSTVS
286.4.1
– 311.5.1
2度正帝に復位
コンスタンティウス・クロルス
CAESAR GAIVS FLAVIVS VALERIVS CONSTANTIVS AVGVSTVS
305.5.1
– 306.7.25
クロルス
=青白い
ガレリウス
CAESAR GALERIVS VALERIVS MAXIMIANVS AVGVSTVS
305.5.1
– 311.5頃
フラウィウス・ウァレリウス・セウェルス
FLAVIVS VALERIVS SEVERVS AVGVSTVS
306夏
– 307前半
マクセンティウス
MARCVS AVRELIVS VALERIVS MAXENTIVS AVGVSTVS
306.10.28
– 312.10.28
簒奪帝
リキニウス
CAESAR GAIVS VALERIVS LICINIVS AVGVSTVS
308.11.11
– 324.9.18
マルティニアヌス
SEXTVS MARCIVS MARTINIANVS
308.11.11
– 324.9.18
ウァレリウス・ウァレンス
AVRELIVS VALERIVS VALENS
308.11.11
– 324.9.18
マクシミヌス・ダイア
CAESAR GALERIVS VALERIVS MAXIMINVS AVGVSTVS
311.5.1
– 313後半
ガレリウスの甥
コンスタンティヌス1世
CAESAR FLAVIVS CONSTANTINVS VALERIVS AVGVSTVS
306.7.25
– 337.5.22
大帝
ローマ帝国を再統一
『ミラノ勅令』

コンスタンティヌス朝

肖像名称在位期間事績
コンスタンティヌス1世
CAESAR FLAVIVS CONSTANTINVS VALERIVS AVGVSTVS
306.7.25
– 337.5.22
大帝
ローマ帝国を再統一
『ミラノ勅令』
コンスタンティヌス2世
CAESAR FLAVIVS CLAVDIVS CONSTANTINVS AVGVSTVS
337.5.22
– 340
コンスタンス1世
CAESAR FLAVIVS IVLIVS CONSTANS AVGVSTVS
337.5.22
– 350
マグネンティウス
Flavius Magnus Magnentius
350.1.18
– 353
簒奪帝
コンスタンティウス2世
CAESAR FLAVIVS IVLIVS CONSTANTIVS AVGVSTVS
337.5.22
– 361.11.3
ウェトラニオ
FLAVIUS VETRANIO AUGUSTUS
不明
– 350.12.25
ユリアヌス
CAESAR FLAVIVS CLAVDIVS IVLIANVS AVGVSTVS
360初頭
– 363.6.26
背教者
ヨウィアヌス
CAESAR FLAVIVS IOVIANVS AVGVSTVS
363.6.26
– 364.2.17

ウァレンティニアヌス朝

肖像名称在位期間事績
ウァレンティニアヌス1世
FLAVIVS VALENTINIANVS AVGVSTVS
364.2.26
– 375.11.17
西ローマ
ウァレンス
FLAVIVS IVLIVS VALENS AVGVSTVS
364.3.28
– 378.8.9
東ローマ
ハドリアノポリスの戦い
グラティアヌス
FLAVIVS GRATIANVS AVGVSTVS
367.8.4
– 383.8.25
西ローマ
ウァレンティニアヌス2世
FLAVIVS VALENTINIANVS INVICTVS AVGVSTVS
375.11.17
– 392.5.15
西ローマ

テオドシウス朝

テオドシウス朝
テオドシウス1世の死直後(395年)のローマ帝国の行政区画
肖像名称在位期間事績
テオドシウス1世
FLAVIVS THEODOSIVS AVGVSTVS
379.1.1
– 395.1.17
大帝
東ローマ
キリスト教の国教化
マグヌス・マクシムス
Magnus Maximus
383
– 388.8.28
西ローマ
簒奪帝
アルカディウス
FLAVIVS ARCADIVS AVGVSTVS
383.1
– 408.5.1
東ローマ
エウゲニウス
Flavius Eugenius
392.8.22
– 394.9.6
西ローマ
簒奪帝
ホノリウス
FLAVIVS HONORIVS AVGVSTVS
393.1.23
– 423.8.15
西ローマ
コンスタンティヌス3世
Flavius Claudius Constantinus
407
– 411
西ローマ
409以降はホノリウスと共同
簒奪帝
コンスタンティウス3世
FLAVIVS CONSTANTIVS AVGVSTVS
421.2.8
– 421.9.2
西ローマ
テオドシウス2世
FLAVIVS THEODOSIVS AVGVSTVS
408.5.1
– 450.7.28
東ローマ
カリグラフォス
(能書家)
ヨハンネス
IOHANNES AUGUSTUS
423.8.27
– 425.5
簒奪帝
西ローマ
ウァレンティニアヌス3世
FLAVIVS PLACIDIVS VALENTINIANVS AVGVSTVS
424.10.23
– 455.3.16
西ローマ
マルキアヌス
FLAVIVS MARCIANIVS AVGVSTVS
450夏
– 457.1
東ローマ

西ローマ帝国

476年頃の東西ローマ帝国
476年頃の東西ローマ帝国
肖像名称在位期間事績
ペトロニウス・マクシムス
FLAVIVS ANICIVS PETRONIVS MAXIMVS AVGVSTVS
455.3.17
– 455.5.31
アウィトゥス
EPARCHIVS AVITVS AVGVSTVS
455.7.9
– 456.10.17
マヨリアヌス
IVLIVS VALERIVS MAIORIANVS AVGVSTVS
457.4
– 461.8.2
リウィウス・セウェルス
LIBIVS SEVERVS AVGVSTVS
461.11
– 465.8頃
アンテミウス
PROCOPIVS ANTHEMIVS AVGVSTVS
467.4.12
– 472.7.11
オリュブリウス
FLAVIVS ANICIVS OLYBRIVS AVGVSTVS
472.7.11
– 472.11.2
グリケリウス
FLAVIVS GLYCERIVS AVGVSTVS
473.3
– 474.6
ユリウス・ネポス
FLAVIVS IVLIVS NEPOS AVGVSTVS
474.6
– 475.8.28(イタリア)
– 480春(ダルマティア)
ロムルス・アウグストゥルス
FLAVIVS ROMVLVS AVGVSTVS
475.10.31
– 476.9.4
西ローマ帝国滅亡

東ローマ帝国(ビザンツ帝国)

東ローマ帝国の版図の変遷
東ローマ帝国の版図の変遷

ユスティニアヌス朝までラテン語が公用語、ヘラクレイオス朝以降はギリシア語が公用語であったため、原則として名称他の表記はそれに倣っている。但し、古代・中世のギリシア語に忠実でない音表記が慣用として一部存在している。

コンスタンティヌス朝

肖像名称在位期間事績
コンスタンティヌス1世
CAESAR FLAVIVS CONSTANTINVS VALERIVS AVGVSTVS
324.9.19
– 337.5.22
大帝
ローマ帝国を再統一
『ミラノ勅令』
コンスタンティウス2世
CAESAR FLAVIVS IVLIVS CONSTANTIVS AVGVSTVS
337.5.22
– 361.11.3
ユリアヌス
CAESAR FLAVIVS CLAVDIVS IVLIANVS AVGVSTVS
360初頭
– 363.6.26
背教者
ヨウィアヌス
CAESAR FLAVIVS IOVIANVS AVGVSTVS
363.6.26
– 364.2.17

ウァレンティニアヌス朝

肖像名称在位期間事績
ウァレンス
FLAVIVS IVLIVS VALENS AVGVSTVS
364.3.28
– 378.8.9
ハドリアノポリスの戦い

テオドシウス朝

肖像名称在位期間事績
テオドシウス1世
FLAVIVS THEODOSIVS AVGVSTVS
379.1.19
– 395.1.17
大帝
キリスト教の国教化
アルカディウス
FLAVIVS ARCADIVS AVGVSTVS
395.1.17
– 408.5.1
テオドシウス1世の長男
テオドシウス2世
FLAVIVS THEODOSIVS AVGVSTVS
408.5.1
– 450.7.28
カリグラフォス
(能書家)
マルキアヌス
FLAVIVS MARCIANIVS AVGVSTVS
450夏
– 457.1

レオ朝

肖像名称在位期間事績

レオ1世“大帝”

FLAVIVS VALERIVS LEO AVGVSTVS
457.2.7
– 474.1.18
コンスタンティノープル
総主教によって戴冠された
初めてのローマ皇帝
レオ2世
FLAVIVS LEO IVNIOR AVGVSTVS
474.1.18
– 474.11.17
ゼノン
FLAVIVS ZENO PERPETVVS AVGVSTVS
474.11.17
– 491.4.9
バシリスクス 
FLAVIVS BASILISCVS AVGVSTVS
475.1.9
– 476.8
対立皇帝
アナスタシウス1世
FLAVIVS ANASTASIVS AVGVSTVS
491.4.11
– 518.7.9
ディコルス(Dicorus)

ユスティニアヌス朝

ユスティニアヌス1世時代の東ローマ帝国(青色部分)
ユスティニアヌス1世時代の東ローマ帝国(青色部分)
肖像名称在位期間事績
ユスティヌス1世
FLAVIVS IVSTINVS AVGVSTVS
518
– 527.8.1
ユスティニアヌス1世“大帝”
FLAVIVS PETRVS SABBATIVS IVSTINIANVS AVGVSTVS
527.8.1
– 565.11.14(11.13)
『ローマ法大全』
ユスティヌス2世
FLAVIVS IVSTINVS IVNIOR AVGVSTVS
565.11.14
– 578.10.5
ティベリウス2世
FLAVIVS TIBERIVS CONSTANTINVS AVGVSTVS
578.10.5
– 582.8.14
マウリキウス
FLAVIVS MAVRICIVS TIBERIVS AVGVSTVS
582.8.14
– 602.11.22
フォカス
FLAVIVS PHOCAS AVGVSTVS
602.11.23
– 610.10.4
フォカスの記念柱

ヘラクレイオス朝

ヘラクレイオス朝
ヘラクレイオス朝
肖像名称在位期間事績
ヘラクレイオス
FLAVIVS HERACLIVS AVGVSTVS
Ηράκλειος
610.10.5
– 641.2.11
コンスタンティノス3世
Κωνσταντίνος Γ’ Ηράκλειος
641.2.11
– 641.5.24
ヘラクロナス
Ηρακλεωνάς
641.2.11
– 641.9
コンスタンス2世“ポゴナトス”
(髭が生えている)
Κώνστας Β’ Ηράκλειος
641.9
– 668.9.15
コンスタンティノス4世
Κωνσταντίνος Δ’ ο Πωγώνατος
668.9.15
– 685
コンスタンティノープル包囲戦
「ギリシアの火」
ユスティニアノス2世“リノトメトス”
(鼻削がれ男)
Ιουστινιανός Β’ ο Ρινότμητος
685
– 695
レオンティオス
Λεόντιος
695
– 698
ティベリオス3世
Τιβέριος Γ’ ο Αψίμαρος
698
– 705.8
ユスティニアノス2世“リノトメトス”
(鼻削がれ男)
Ιουστινιανός Β’ ο Ρινότμητος
705.8
– 711
復位
フィリピコス・バルダネス
Φιλιππικός Βαρδάνης
711
– 713.6.2
アナスタシオス2世
Αναστάσιος Β’
713.6.3
– 715
テオドシオス3世
Θεοδόσιος Γ’ ο Αδραμμυττηνός
715
– 717.3.25

イサウリア朝(シリア朝)

イサウリア朝(シリア朝)
イサウリア朝(シリア朝)

初代レオーン3世が小アジアのイサウリア出身で合ったことに因む。近年の研究で、シリアとキリキア地方の境域部にあったゲルマニケイア(現マラシュ)出身であると分かり、シリア朝とも呼ばれる

肖像名称在位期間事績
レオーン3世“イサウロス”
(イサウリア)
Λέων Γ’ ο Ίσαυρος
717.3.25
– 741.7.18
聖像禁止令
コンスタンティノス5世“コプロニュモス”
(糞)
Κωνσταντίνος Ε’ ο Κοπρώνυμος ή Καβαλίνος
741.7.18
– 775.9.14
レオーン4世“ハザロス”
(ハザール)
Λέων Δ’ Χάζαρος
775.9.14
– 780.9.8
コンスタンティノス6世
Κωνσταντίνος ΣΤ’
780.9.8
– 797
エイレーネー“アテナイア”
(アテナイ人)
Ειρήνη η Αθηναία
797
– 802.10.31
帝国史上初の女帝
ニケフォロス1世
Νικηφόρος Α’
802.10.31
– 811.7.26
スタウラキオス
Σταυράκιος
811.7.26
– 811.10.1
ミカエル1世ランガベー
Μιχαήλ Α’ ο Ραγκαβέ
811.10.2
– 813.7.11
レオーン5世“アルメニオス”
(アルメニア人)
Λέων Ε’ ο Αρμένιος
813.7.22
– 820.12.25

アモリア朝

肖像名称在位期間事績
ミカエル2世“トラブロス”
(吃音者・どもる人)
Μιχαήλ Β’ ο Τραυλός η Ψηλλος
820.12.25
– 829.10.2
テオフィロス
Θεόφιλος
829.10.2
– 842.1.20
821年の時点で
父によって共同皇帝
ミカエル3世“メスィソス”
(飲んだくれ・酔っ払い・酩酊帝)
Μιχαήλ Γ’ ο Μέθυσος
842.1.20
– 867.9.23(9.24)
バルダス
Βάρδας
862.4.22
– 866.4.21
ミカエル3世の伯父
共治帝/摂政

マケドニア朝

1025年 バシレイオス2世没時のマケドニア王朝東ローマ帝国の版図
マケドニア朝

マケドニア地方生まれでアルメニア系農民出身のバシレイオス1世がクーデターで開く

肖像名称在位期間事績
バシレイオス1世
Βασίλειος Α’
867
– 886.8.29
レオーン6世“フィロソフォス”
(賢帝)
Λέων ΣΤ’ ο Σοφός
886.8.29
– 912.5.11
アレクサンドロス
Αλέξανδρος Γ’ του Βυζαντίου
912.5.11
– 913.6.6
コンスタンティノス7世“ポルフュロゲネトス”
(緋色の産室生まれ)
Κωνσταντίνος Ζ’ ο Πορφυρογέννητος
913.6.6
– 959.11.9
(920 – 944 共同皇帝)
第1次ブルガリア帝国
隆盛時
ロマノス1世レカペノス
Ρωμανός Α’ ο Λεκαπηνός
920.12.17
– 944.12.16
ロマノス2世
Ρωμανός Β’ ο Πορφυρογέννητος
959.11.9
– 963.3.15
ニケフォロス2世フォカス
Νικηφόρος Β’ Φωκάς
963.3.15
– 969.12.10
ヨハネス1世ツィミスケス
Ιωάννης Α’ Κουρκούας ο Τσιμισκής
969.12.11
– 976.1.10
バシレイオス2世“ブルガロクトノス”
(ブルガリア人殺し)
Βασίλειος Β’ ο Βουλγαροκτόνος
976.1.10
– 1025.12.25
キエフ公国の
ウラジーミル1世
と皇妹アンナが結婚
コンスタンティノス8世
Κωνσταντίνος Η’
1025.12.25
– 1028.11.15
ロマノス3世アルギュロス
Ρωμανός Γ’ ο Αργυρός
1028.11.15
– 1034.4.11
ゾエ
Ζωή
1028.11.15
– 1050
女帝・共同統治者
ミカエル4世“パフラゴニオス”
(パフラゴニア人)
Μιχαήλ Δ’ ο Παφλαγών
1034.4.11
– 1041.12.10
ミカエル5世“カラファテス”
(繋ぎ・隙間の詰物)
Μιχαήλ Ε’ ο Καλαφάτης
1041.12.10
– 1042.4
テオドラ
Θεοδώρα
1042.4
– 1042.6
コンスタンティノス9世モノマコス
Κωνσταντίνος Θ’ ο Μονομάχος
1042.6
– 1055.1.11
東西教会の分裂
(大シスマ)
テオドラ
Θεοδώρα
1055.1.11
– 1056.9初頭
復位
ミカエル6世ストラティオティコス
Μιχαήλ ΣΤ’ ο Στρατιωτικός
1056
– 1057
イサキオス1世コムネノス
Ισαάκιος Α’ Κομνηνός
1057
– 1059

ドゥーカス朝

肖像名称在位期間事績
コンスタンティノス10世ドゥーカス
Κωνσταντίνος Ι’ Δούκας
1059
– 1067.5
エウドキア・マクレンボリティサ
Ευδοκία Μακρεμβολίτισσα
1067.5
– 1068
女帝
アンドロニコス・ドゥカス
Ἀνδρόνικος Δούκας
1068
– 1077
共治帝
コンスタンティオス・ドゥカス
Κωνστάντιος Δούκας
1068
– 1078.3.31
共治帝
ロマノス4世ディオゲネス
Ρωμανός Δ’ Διογένης
1068
– 1071
ミカエル7世ドゥーカス“パラピノ”
(4分の1を失った)
Μιχαήλ Ζ’ Δούκας ο Παραπινάκης
1071
– 1078
物価上昇
ニケフォロス3世ボタネイアテス
Νικηφόρος Γ’ Βοτανειάτης
1078
– 1081

コムネノス朝

1170年のコムネノス王朝東ローマ帝国
1170年のコムネノス王朝東ローマ帝国
肖像名称在位期間事績
アレクシオス1世コムネノス
Αλέξιος Α’ Κομνηνός
1081
– 1118.8.15
第1回十字軍
ヨハネス2世コムネノス“カロ・ヨハネス”
(心美しきヨハネス)
Ιωάννης Β’ Κομνηνός o Καλος
1118.8.15
– 1143.4.8

マヌエル1世コムネノス“メガス”

(偉大なる)
Μανουήλ Α’ Κομνηνός ο Μέγας
1143.4.8
– 1180.9.24
第2回十字軍
アレクシオス2世コムネノス
Αλέξιος B’ Κομνηνός
1180
– 1183
アンドロニコス1世コムネノス
Ανδρόνικος Α’ Κομνηνός
1183
– 1185

アンゲロス朝

肖像名称在位期間事績
イサキオス2世アンゲロス
Ισαάκιος Β’ Άγγελος
1185
– 1195
アレクシオス3世アンゲロス
Αλέξιος Γ’ Άγγελος
1195
– 1203
第4回十字軍
イサキオス2世アンゲロス
Ισαάκιος Β’ Άγγελος
1203復位
アレクシオス4世アンゲロス
Αλέξιος Δ’ Άγγελος
1203
– 1204
アレクシオス5世ドゥーカス“ムルズフロス”
(濃い眉毛)
Αλέξιος Ε’ Δούκας ο Μούρτζουφλος
1204
コンスタンティノス・ラスカリス
Κωνσταντίνος Λάσκαρης
1204コンスタンティノポリス陥落
一夜皇帝

ラテン帝国

ラテン帝国
ラテン帝国(赤)

東ローマ帝国(ビザンツ帝国)から奪ったコンスタンティノープルに第4回十字軍の指導者らが建国した封建制十字軍国家

肖像名称在位期間事績
ボードワン1世
Baudouin I
1204
– 1205
フランドル伯
アンリ1世
Henri I
1206
– 1216
ボードワン1世の弟
ピエール2世・ド・クルトネー
Pierre II de Courtenay
1216
– 1221
ボードワン1世の妹婿
ロベール1世
(ロベール=ド=クルト)
Robert I, Robert de Courtenay
1221
– 1228
ピエール2世の子
ボードゥアン2世・ド・クルトネー
Baudouin II de Courtenay
1228
– 1261
ロベール1世の弟

ラスカリス朝(ニカイア帝国)

ニカイア帝国
ニカイア帝国(青)

アンゲロス朝の亡命政権

肖像名称在位期間事績
テオドロス1世ラスカリス
Θεόδωρος Α’ Λάσκαρης
1205
– 1222
コンスタンティノス・ラスカリスの弟
ヨハネス3世ドゥーカス・ヴァタツェス
Ιωάννης Γ’ Δούκας Βατάτζης
1222
– 1254.11.3
テオドロス1世ラスカリスの娘婿
テオドロス2世ラスカリス
Θεόδωρος Β’ Λάσκαρης
1254.11.3
– 1258.8.18
ヨハネス3世の子
ヨハネス4世ラスカリス
Ιωάννης Δ’ Λάσκαρης
1258.8.18
– 1261.12.25
テオドロス2世の子

パレオロゴス朝

パレオロゴス王朝
パレオロゴス王朝初期(1265年)のバルカン半島及び小アジア

東ローマ帝国(ビザンツ帝国)最後にして最長の王朝

肖像名称在位期間事績
ミカエル8世パレオロゴス
Μιχαήλ Η’ Παλαιολόγος
1261.12.25
– 1282.12.11
コンスタンティノポリス
を奪回
アンドロニコス2世パレオロゴス
Ανδρόνικος Β’ Παλαιολόγος ο Γέρος
1282.12.11
– 1328.5.24
ミカエル9世パレオロゴス 
Μιχαήλ Θ’ Παλαιολόγος
1294
– 1320
共同皇帝

アンドロニコス3世パレオロゴス

Ανδρόνικος Γ’ Παλαιολόγος ο Νέος
1328.5.24
– 1341.6.15
ヨハネス5世パレオロゴス
Ιωάννης Ε’ Παλαιολόγος
1341.6.15
– 1376.8.12
共同統治
ヨハネス6世カンタクゼノス
Ιωάννης Στ’ Καντακουζηνός
1347.2.8
– 1354.12.4
共同統治
マタイオス・カンタクゼノス 
Ματθαίος Ασάνης Καντακουζηνός
1353
– 1357
共同皇帝
アンドロニコス4世パレオロゴス
Ανδρόνικος Δ’ Παλαιολόγος
1376.8.12
– 1379.7.1

ヨハネス5世パレオロゴス

Ιωάννης Ε’ Παλαιολόγος
1379.7.1
– 1390.4.14
オスマン朝ムラト1世に臣従
復位
ヨハネス5世パレオロゴス
Ιωάννης Ε’ Παλαιολόγος
1390.9.17
– 1391.2.16
復位
ヨハネス7世パレオロゴス
 Ιωάννης Ζ’ Παλαιολόγος
1390.4.14
– 9.17
共同皇帝
マヌエル2世パレオロゴス
Μανουήλ Β’ Παλαιολόγος
1391.2.16
– 1425.7.21
ヨハネス8世パレオロゴス
Ιωάννης Η’ Παλαιολόγος
1425.7.21
– 1448.10.31
コンスタンティノス11世パレオロゴス・ドラガセス
Κωνσταντίνος ΙΑ’ Παλαιολόγος Δραγάτσης
1449.1.6
– 1453.5.29
ラストエンペラー

神聖ローマ帝国

神聖ローマ帝国
神聖ローマ帝国

800: カール大帝の戴冠

962: オットー大帝の戴冠

1250/54/56 – 1273: 大空位時代

1512: ドイツ国民の神聖ローマ帝国

1648: ヴェストファーレン条約

1804: ローマ=ドイツ帝国

1806.8.6: ドイツ帝国

カロリング朝

フランク王国カロリング朝
フランク王国カロリング朝

800: カール大帝の戴冠

843: ヴェルダン条約

870: メルセン条約

肖像名称在位期間事績
カール1世
Karl der Große, Charlemagne
800.12.25
– 814.1.28
大帝
フランク王
ルートヴィヒ1世
Ludwig der Fromme
816.10.5
– 840.6.20
敬虔王
フランク王
ロタール1世
Lothar I
823.4.5
– 855.9.29
フランク王
中フランク王
ルートヴィヒ2世
ロドヴィコ2世
Ludovico II
850
– 875.8.12
中フランク王
イタリア王
カール2世
シャルル2世
Charles II
875.12.29
– 877.10.6
禿頭王
西フランク王
イタリア王
カール3世
Karl III. der Dicke
881.2.12
– 888.1.13
肥満王
東フランク王
イタリア王
西フランク王

グイード朝

肖像名称在位期間事績
グイード・ダ・スポレート
Guido da Spoleto
891.5
– 894.12.12
イタリア王
ランベルトゥス
ランベルト・ダ・スポレート
Lamberto da Spoleto
892.4.30
– 898.10.15
イタリア王

カロリング朝

肖像名称在位期間事績
アルヌルフ・フォン・ケルンテン
Arnulf von Kärnten
896.2.22
– 899.12.8
東フランク王

ボゾ朝

肖像名称在位期間事績
ルートヴィヒ3世
ルイ3世
Ludwig III, Louis III
901.2.22
– 905.7.21
盲目王
プロヴァンス王
イタリア対立王

ウンロシング朝

肖像名称在位期間事績
ベレンガーリオ1世
Berengario I
915.12
– 924.4.7
イタリア王

オットー朝(ザクセン朝/リウドルフィング朝)

ザクセン公オットー1世が開く。ザクセン公としての開祖リウドルフにちなみリウドルフィング朝とも。

以降、

  • 在位期間:実質的に帝国の統治者としての在位年
  • 国王選出:ドイツ王(ローマ王)に選ばれた日(皇帝戴冠前の称号として用いられた)
  • 皇帝戴冠:ローマ教皇から戴冠された日(戴冠されずに皇帝を名乗る/「選ばれしローマ皇帝」の称号を用いた日)
肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
オットー1世
Otto I.
936.8.7
– 973.5.7
936.8.7962.2.2大帝
東フランク王
イタリア王
オットー2世
Otto II.
973.5.7
– 983.12.7
961.3.26967.12.25ドイツ王
イタリア王
オットー3世
Otto III.
983.12.7
– 1002.1.23
983.12.25996.5.21ドイツ王
イタリア王
ハインリヒ2世
1002.6.7
– 1024.7.13
1002.6.71014.2.14ドイツ王
イタリア王

ザーリアー朝(ザリエル朝/フランケン朝)

フランケンのザーリアー家出身のコンラートが、ザクセン朝の断絶後に国王に選出されて開かれる。

肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績

コンラート2世

Konrad II.
1024.4.14
– 1039.6.4
1024.4.141027.3.26ドイツ王
イタリア王
ブルグント王
ハインリヒ3世
Heinrich III.
1039.6.4
– 1056.10.5
1028.9.81046.12.25ドイツ王
ローマ王
黒王
ハインリヒ4世
Heinrich IV.
1056.10.5
– 1106.8.7
1053.7.171084.4.1ローマ王
カノッサの屈辱
第1回十字軍
ハインリヒ5世
1106.1.5/6
– 1125.5.23
1099.1.61111.4.13ローマ王

ザクセン朝(ズップリンブルク朝)

肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
ロタール3世
Lothar III/II.
1125.8.30
– 1137.12.3
1125.8.301133.6.4ローマ王
肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
コンラート3世
Konrad III.
1127.12 – 11351127.12対立王
イタリア王
ホーエンシュタウフェン家

ホーエンシュタウフェン朝

ホーエンシュタウフェン朝
ホーエンシュタウフェン朝

シュタウフェン朝/シュタウファー朝とも呼ばれる

肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
コンラート3世
Konrad III.
1138.3.7
– 1152.2.15
1138.3.7ローマ王
イタリア王
初めて戴冠できなかった
皇帝派(ギベリン)の祖
第2回十字軍

フリードリヒ1世

Friedrich I.
1152.3.9
– 1190.6.10
1152.3.91155.6.18赤髭王/バルバロッサ
第3回十字軍
ローマ王
イタリア王
ブルグント王
ハインリヒ6世
Heinrich VI.
1190.6.10
– 1197.9.28
1169.8.151191.4.15ローマ王
イタリア王
シチリア王
フィリップ
Philipp von Schwaben
1198.3.8
– 1208.6.21
1198.9.8フリードリヒ1世の子
シュヴァーベン公
戴冠前に暗殺される

ヴェルフェン朝

肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
オットー4世
Otto IV.
1198.7.12 – 12151198.7.121209.10.21第4回十字軍

ホーエンシュタウフェン朝

肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
フリードリヒ2世
Friedrich II.
1196.12
– 1198.5.17
1212.12.9
– 1250.12.13
1196.12
1215.7.25(復位)
1220.11.22シチリア王
対立ローマ王
ローマ王
イェルサレム王
第6回十字軍
ワールシュタットの戦い
コンラート4世
Konrad IV.
1237.2
– 1254.5.21
1237.2イェルサレム王
ローマ王
シチリア王

大空位時代

肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
ヴィルヘルム
Willem II
1234年 – 12561247/
1248.11.1
ホラント家
リヒャルト
Richard von Cornwall
1257.5.27
– 1272.4.2
1257.5.27初代コーンウォール伯
ジョン欠地王の子
コーンヴァリス家
(プランターゲネット家)
アルフォンス
Alfonso X el Sabio
1257
– 1275
1257カスティーリャ王
ブルゴーニュ家

ルクセンブルク朝

ルクセンブルク家
ルクセンブルク家(紫)
肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
ルドルフ1世
Rudolf I.
1273
– 1291
1273.8.24非世襲
ハプスブルク伯
アドルフ
Adolf von Nassau
1292
– 1298
1292.6.24非世襲
ナッサウ伯
アルブレヒト1世
Albrecht I.
1298.7.27
– 1308.5.1
1298.8.24非世襲
ルドルフ1世の子
ハインリヒ7世
Heinrich VII.
1308
– 1313
1308.11.271312.6.29非世襲
ルクセンブルク伯
イタリア王
ルートヴィヒ4世
Ludwig IV. der Bayer
1314
– 1347
1314.11.251328.1.17非世襲
ヴィッテルスバッハ家
イタリア王
バイエルン公
フリードリヒ3世
Friedrich III.
1314
– 1330
1314.11.25対立皇帝
美王
ハプスブルク家
オーストリア公
カール4世
Karl IV.
1346
– 1378.11.29
1346.7.111355.1.6非世襲
ハインリヒ7世の孫
ルクセンブルク伯
ボヘミア王
イタリア王
ブルグント王
黒死病(ペスト)の流行
金印勅書(七選帝侯)
ヴェンツェル
Wenzel
1376.6.10
– 1400廃位
1376.6.10非世襲
ルクセンブルク公
ブランデンブルク選帝侯
ボヘミア王
ループレヒト
Ruprecht
1400
– 1410
1400.1.6非世襲
ヴィッテルスバッハ家
プファルツ選帝侯
ジギスムント
Sigismund
1410
– 1437
1414.11.81433.5.31非世襲
ルクセンブルク家
ハンガリー王
ボヘミア王

ハプスブルク朝

1547年時点でのハプスブルク家の領土
1547年時点でのハプスブルク家の領土

ユリウス一門(カエサル家)の末裔を自称、現在のスイス領内に発祥したドイツ系(アルザス系)の貴族

肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
アルブレヒト2世
Albrecht II.
1438
– 1439
1438ハンガリー王
ボヘミア王
フリードリヒ3世
Friedrich III.
1440.2.2
– 1493.8.19
1440
1442.6.17(戴冠)
1452.3.19オーストリア大公
マクシミリアン1世
Maximilian I.
1493
– 1519
1486.4.9(戴冠)1508初めてローマへ行か
ずに皇帝になる
ブルゴーニュ公
カール5世
Karl V.
1519
– 1556
15191520.10.22
(選出)
1530.2.24
(戴冠)
教皇による戴冠を
受けた最後の皇帝
ブルゴーニュ公
ブラバント公
フランドル伯
ルクセンブルク公
ネーデルラント君主
ミラノ公
ナポリ王
シチリア王
ヴォルムス帝国議会
アウクスブルクの和議
フェルディナント1世
Ferdinand I.
1556
– 1564
1531.1.51558カール5世の弟
ボヘミア王
ハンガリー王
マクシミリアン2世
Maximilian II.
1564.7.25
– 1576.10.12
15621564ボヘミア王
ハンガリー王
ルドルフ2世
Rudolf II.
1576
– 1612.1.20
1575.11.11576オーストリア大公
ハンガリー王
ボヘミア王
オランダ独立宣言
マティアス
Matthias
1612.1.20
– 1619.3.20
16121612三十年戦争
ハンガリー王
ボヘミア王
オーストリア大公
フェルディナント2世
Ferdinand II.
1619.3.20
– 1637.2.15
16191619オーストリア大公
シュタイアーマルク公
ボヘミア王
ハンガリー王
フェルディナント3世
Ferdinand III.
1637.2.15
– 1657.4.2
16361637ウェストファリア条約
ハンガリー王
ボヘミア王
オーストリア大公
レオポルト1世
Leopold I.
1658
– 1705
16401658モハーチの戦い
プロシア王国成立
オーストリア大公
ボヘミア王
ハンガリー王
ヨーゼフ1世
Joseph I.
1705.5.5
– 1711.4.17
16901705ハンガリー王
ボヘミア王
オーストリア大公
カール6世
Karl VI.
1711.10.12
– 1740.10.20
16851711.11.22パッサロヴィッツ条約
国事詔書
ハンガリー王
ボヘミア王

ヴィッテルスバッハ朝(バイエルン朝)

肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
カール7世
Karl VII.
1742.1.24
‐ 1745.1.20
1742.2.121742.2.12バイエルン選帝侯
ボヘミア王

ハプスブルク=ロートリンゲン朝

ハプスブルク=ロートリンゲン家
ハプスブルク=ロートリンゲン家

元ロレーヌ公/神聖ローマ皇帝/トスカーナ大公フランツ・シュテファン(フランツ1世)とハプスブルク家のオーストリア大公/ハンガリー・ボヘミア女王マリア・テレジア夫妻に始まる家系

肖像名称在位期間国王選出皇帝戴冠事績
フランツ1世
Franz I.
1745.9.13
– 1765.8.18
1745.10.41745.10.4ロレーヌ公
バル公
トスカーナ大公
テシェン公
マリア・テレジアと結婚

オーストリア継承戦争
アーヘンの和約
七年戦争
ヨーゼフ2世
Joseph II.
1765.8.18
– 1790.2.20
1765.4.21765.4.2オーストリア大公
ハンガリー王
ボヘミア王
クロアチア・スロベニア王
イタリア王
レオポルト2世
Leopold II.
1790.9.30
– 1792.3.1
1790.10.91790.10.9トスカーナ大公
ハンガリー王
ボヘミア王
ローマ王
クロアチア・スラヴォニア王
オーストリア大公
フランツ2世
Franz II.
1792.7.7
– 1806.8.6
1792.7.191792.7.19オーストリア帝国成立
ライン同盟成立→神聖ローマ帝国消滅
ハンガリー王
ボヘミア王
ロンバルド=ヴェネト王
オーストリア大公

参考リンク

あわせて読みたい