業種別コーポレートサイトの整備状況調査【2020年6~7月】結果レポートを作成しました

人類学を初めて学ぶ

リベラルアーツ

人類学とは

人類に関しての総合的な学問。

  • 生物学的特性を研究対象→形質人類学、自然人類学
  • 言語・社会的慣習など文化的側面を研究対象→文化人類学、社会人類学
日本人類学会
日本人類学会は、人類学上の事項を研究し、これに関する知識の交流をはかることを目的としています。
人類学のすすめ:四分類人類学あるいは総合人類学とは?
人類学の用語の定義、簡単な先進国の人類学...
文化人類学とは| 学問情報 | 大学・専門学校の【スタディサプリ 進路】
文化人類学ってどんな学問?研究内容やカリキュラム、卒業後の進路、目指せる仕事・資格、向いている人などを教授と学生・先輩が解説。文化人類学を学べる学部・学科の検索や文化人類学の授業・ゼミを開いている大学・短期大学(短大)・専門学校を見ることができます。また学校見学会、オープンキャンパス情報、入試の出願情報も多数掲載。大学...

ユヴァル・ノア・ハラリ (Yuval Noah Harari)

ユヴァル・ノア・ハラリとは何者か? 人類史の先に見据えるそのヴィジョン:#1「3つの脅威」 | WIRED
イスラエルの歴史家で哲学者でもあるユヴァル・ノア・ハラリは、世界的ベストセラー『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』で、7万年前の認知革命によって花開いた人類の歴史は、500年前の科学革命によって終止符が打たれる可能性を説いた。果たしてハラリの目にはどんな新境地が映っているのだろうか。全4回にわたるシリーズ初回は、...
全文公開第三弾!ユヴァル・ノア・ハラリ氏(『サピエンス全史』ほか)が語る、新型コロナウイルス感染拡大の中、人類は「死」に対してどう向かい合うべきか。The Guard...
河出書房新社のプレスリリース(2020年4月28日 14時22分)全文公開第三弾!ユヴァル・ノア・ハラリ氏(『サピエンス全史』ほか)が語る、新型コロナウイルス感染拡大の中、人類はに対してどう向かい合うべきか。The Guardian紙記事、翻訳を特別全文公開。

ジャレド・ダイアモンド (Jared Diamond)

シリーズ・疫病と人間:「互助」が必然になる 疫病は世界史の転換点に ジャレド・ダイアモンド博士 - 毎日新聞
 コロナ禍の世界的拡大を考えるシリーズの第4弾。世界的ベストセラー「銃・病原菌・鉄」などの著書で知られる米国の生物地理学者で、カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)教授のジャレド・ダイアモンド博士(82)に、人類が今なすべきことを聞いた。【聞き手・ロサンゼルス福永方人】
『銃・病原菌・鉄』のジャレド・ダイアモンドが語る「日本が“人口減少社会”を恐れなくていい理由」 | 文春オンライン
「確かに今の日本はさまざまな問題を抱えています。どこから手をつけるべきなのか、その優先順位を聞かれたら、わたしはこう答えます。『順位をつけることはできません。すべて解決しなければなりません』。ジャーナ…

コメント