業種別かんたんシャープレシオ 2024/1月 更新しました
PR

歴代中華民国総統(台湾)Presidents Republic of China

歴代中華民国総統(台湾)Presidents of the Republic of China リベラルアーツ
「孫文」「蔣介石」「李登輝」歴代中華民国総統(台湾)Presidents of the Republic of China

中華民国総統について

中華民国総統は、中華民国国家元首である。

中華民国の元首は当初、中華民国大総統という名称だったが、国民政府の発足後に中華民国国民政府主席となり、1947年の中華民国憲法施行以降は中華民国総統になった。

行政院会議の決議により緊急命令を発することができ、立法院が行政院長の不信任案を可決した場合は、立法院長への諮問の上、立法院の解散を宣言することができる。

中華民国自由地区(台湾)の人民による直接選挙によって選出される。制定当初の中華民国憲法の定めるところによれば、中華民国総統は国民大会による間接選挙での選出であり、任期は6年で、再選は1度に限り可能であると定められていた。その後、1992年の憲法第2次増修で現在の制度に変更、任期は4年で、再選は1度に限り可能となった。

現行憲法による政府機構図

南京臨時政府 大総統(1911年 – 1912年)

  • 1911.10.10 辛亥革命起る(武昌起義
  • 1912.2.12 清朝の宣統帝(溥儀)が退位

氏名

在任期間

事績

1

孫文
スン・ウェン
Sun Yat-sen

孫文 スン・ウェン Sun Yat-sen

孫中山
(スン・ヂョンシャン)

中国同盟会

1

1911.12.28

1912.4.1

臨時大総統

1912.1.1 中華民国臨時政府が南京で成立

1912.2.12 清国皇帝、宣統帝である愛新覚羅溥儀が退位

1912. 2.13 辞任(4.1 正式辞任)

北洋軍閥政府 大総統(1912年 – 1928年)

北京政府/北洋政府とも呼ぶ。

氏名

在任期間

事績

2

袁世凱
ユエン・シーカイ
Yuan Shikai

袁世凱 ユエン・シーカイ Yuan Shikai

共和党

2

1912.3.10

1913.10.10

臨時大総統

1912.3.11 中華民国臨時約法を公布・施行

1912.8.25 孫文を代表とし総理を宋教仁とする国民党が結成

1912.12-1913.1 総選挙で国民党が圧勝

1913.3.22 宋教仁を暗殺

宋教仁

1913.7.12-9 江西の李烈鈞らが中心となって第二革命が勃発するも鎮圧される

李烈鈞

3

1913.10.10

1915.12.12

大総統

1913.11.4 袁世凱による国民党の解散命令

1914.7.28-1918.11.11 第一次世界大戦

1914.1.10 袁世凱による国会解散

1915.1.18 日本、対華21か条の要求を提示

6.22 懲弁国賊条例を公布

12.12 皇帝に即位、中華帝国建国

中華帝国

1915.12.25-1916.7.14 護国戦争(第三革命)

護国戦争

4

1916.3.22

1916.6.6

1916.3.22 帝制取消宣言、大総統へ復帰

6.6 大総統職のまま失意病死

3

黎元洪
リ・ユエンホン
Li Yuanhong

黎元洪 リ・ユエンホン Li Yuanhong

進歩党

5

1916.6.7

1917.7.14

1916-1917 府院の争い(大総統の黎元洪⇔国務総理の段祺瑞)

1917.7.1-7.12 張勲復辟

張勲復辟

4

馮国璋
フェン・グォージャン
Feng Guozhang

馮国璋 フェン・グォージャン Feng Guozhang

直隷派

6

1917.7.6

1918.10.10

代理大総統

1917.9-1920.10 第1次広東政府(広東軍政府)

広東軍政府

5

徐世昌
シュ・シーチャン
Xu Shichang

徐世昌 シュ・シーチャン Xu Shichang

安徽派

7

1918.10.10

1922.6.2

1919.5.4 五四運動

五四運動

1919.7.19 寛城子事件

1919.10.10 孫文が中国国民党を創建

五四運動

1920.3-5 尼港事件

尼港事件

1920.7.14-1920.7.19 安直戦争(直皖戦争、安徽派の段祺瑞⇔直隷派の曹錕)

1921.4.2-1922.6.16 第2次広東政府(中華民国正式政府)

第2次広東政府(中華民国正式政府)

1922.2-6 第一次北伐

1922.4.28-5.5 第一次奉直戦争(直隷派の呉佩孚⇔奉天派の張作霖)

6

黎元洪
リ・ユエンホン
Li Yuanhong

黎元洪 リ・ユエンホン Li Yuanhong

進歩党

8

1922.6.11

1923.6.13

1922.6.16 六・一六事変

1923.2.21-1925.3.12 第3次広東政府(広東大元帥府)

第3次広東政府(広東大元帥府)

7

曹錕
ツァオ・クン
Cao Kun

曹錕 ツァオ・クン Cao Kun

直隷派

9

1923.10.10

1924.11.2

1923.10.10 中華民国憲法(曹錕憲法)の施行

1924.1.20 第一次国共合作

1924.9-11 第二次北伐

1924.9.15-11.3 第二次奉直戦争(直隷派の呉佩孚⇔奉天派の張作霖)

1924.10.23 北京政変(首都革命)

段祺瑞
デュアン・チールイ
Duan Qirui

段祺瑞 デュアン・チールイ Duan Qirui

安徽派

1924.11.24

1926.4

臨時執政

1925.3.12 孫文没

1925 五・三〇事件

五・三〇事件

1926 三・一八虐殺事件

三・一八虐殺事件

1926.4 鹿鍾麟の急襲を受けて辞任 

張作霖
チャン・ツオリン
Zhang Zuolin

張作霖 チャン・ツオリン Zhang Zuolin

奉天派

1926.12

1928.6.4

安国軍政府大元帥

1928.6.4 張作霖爆殺事件

張作霖爆殺事件

国民政府主席(1925年 – 1948年)

国民政府主席とは中華民国における国民政府の元首であり、国民政府の意思決定機関である国民政府委員会の主席(委員長)でもある。

  • 1925.7.1 広州で国民政府が成立(第4次広東政府
  • 1927.4.18 南京国民政府(蒋介石政権)が汪兆銘等の武漢国民政府と分裂して成立(寧漢分裂)
  • 1948.5.20 南京国民政府を再編した中華民国政府が成立

広東国民政府

氏名

在任期間

事績

1

汪兆銘
ワン・ジャオミン
Wang Zhaoming

汪兆銘 ワン・ジャオミン Wang Zhaoming

汪精衛
(Wang Jingwei)

中国国民党

1

1925.7.1

1926.3.23

1925.11.23 西山会議

西山会議

1926.3.20 蔣介石が戒厳令を布き、中山艦事件が起こる

中山艦事件

1926.3.23 中山艦事件を契機として辞職、5.11 広東を離れる

譚延闓
タン・ヤンカイ
Tan Yankai

譚延闓 タン・ヤンカイ Tan Yankai

中国国民党

代行

1926.3.23

1927.3.13

汪兆銘の辞職により、主席の職権を代行し、7月6日に主席に選任

1926.7.9-1928.12.29 第三次北伐

第三次北伐

1926.8.2-9.5 万県事件

万県事件

1926.12.9 国民政府は武漢に遷都(武漢国民政府

1927.3.24 南京事件(国民革命軍の第2軍と第6軍を主力とする江右軍が南京を占領)

1927.4.3 漢口事件

漢口事件

南京国民政府

氏名

在任期間

事績

2

胡漢民
フー・ハンミン
Hu Hanmin

胡漢民 フー・ハンミン Hu Hanmin

中国国民党

2

1927.4.18

1927.9.16

1927.4.12 上海クーデター(四・一二事件)

上海クーデター(四・一二事件)

6.1-9.8 第一次山東出兵

7.13 中国共産党は対時局宣言を発し第一次国共合作の終了を宣言、国共内戦に突入(第一次国共内戦)

国共内戦

8.1 中国共産党による南昌蜂起

南昌蜂起

8.19 武漢国民政府が合流

廃止期間

1927.9.16

1928.2.7

1927.10-11 寧漢戦争(武漢国民政府:唐生智⇔南京国民政府:新広西派(桂軍)李宗仁

1927.12.11 中国共産党による広州蜂起(広東コミューン事件)

3

譚延闓
タン・ヤンカイ
Tan Yankai

譚延闓 タン・ヤンカイ Tan Yankai

中国国民党

3

1928.2.7

1928.10.10

1928.4 第二次山東出兵

1928.5.3 済南事件

済南事件

1928.5.9 第三次山東出兵

1928.6.9 国民党軍の北京入城によって北伐完了が宣布

4

蔣介石
チャン・チェシー
Chiang Kai‐shek

蔣介石 チャン・チェシー Chiang Kai‐shek

蔣中正
(Jiang Zhongzheng)

中国国民党

4

1928.10.10

1931.12.15

1928.10.10 南京を首都とする国民政府が正式に成立

1928.12.29 易幟

易幟

1929.3-6 蔣桂戦争

蔣桂戦争

1929.7-12 中ソ紛争(中東路事件)

中ソ紛争

1930.5-11 中原大戦

1930.9 北平(北京)で閻錫山を主席とする新国民政府が樹立

汪兆銘と閻錫山(1930年9月9日)

1931.5-1936.7 陳済棠ら反蔣介石派が結集して第5次広東政府(広州国民政府)を樹立

第5次広東政府

1931.6.1 中華民国訓政時期約法が公布

1931.7.2 万宝山事件

万宝山事件

1931.9.18 柳条湖事件

柳条湖事件

1931.9.18-1932.2.18 満洲事変(九一八事変)

満洲事変(九一八事変)

1931.11.7 毛沢東により瑞金を首都に中華ソビエト共和国臨時政府を樹立

中華ソビエト共和国

5

林森
リン・セン
Lin Sen

林森 リン・セン Lin Sen

中国国民党

5

1931.12.15

1943.8.1

1932.1.1 孫科を行政院長とする南京国民政府が成立

1932.1.28-3.3 第一次上海事変

第一次上海事変

1932.3.1 満洲国建国宣言

満洲国

1933.11.20-1934.1.13 福建事変

福建事変

1934.3.1 愛新覚羅溥儀が皇帝に即位

愛新覚羅溥儀

1934.10-1936 長征

長征

1935.11.1 汪兆銘狙撃事件

11.9 中山水兵射殺事件

中山水兵射殺事件

1936.8.24 成都事件

成都事件

1936.9.3 北海事件

9.19 漢口邦人巡査射殺事件(漢口事件)

漢口邦人巡査射殺事件(漢口事件)

9.23 上海日本人水兵狙撃事件

上海日本人水兵狙撃事件

12.12 西安事件(西安事変):張学良・楊虎城らによる蔣介石軍事委員長拉致監禁事件

1937.7.7-7.9 盧溝橋事件(七七事変)

盧溝橋事件

1937.8.9 大山事件

大山事件

1937.7.7-1945.8.15 日中戦争(支那事変)

日中戦争

8.13-10.26 第二次上海事変(淞滬会戦)

第二次上海事変(淞滬会戦)

8.21 中ソ不可侵条約

9.23 第二次国共合作(-45)

11.20 国民政府が南京から四川省重慶へ遷都

1937.12 南京事件(大日本帝国軍が中華民国の南京市を占領)

南京事件

7.14 日本軍の指導で北京に王克敏を行政委員長とする中華民国臨時政府が成立

1938.1「今後は蔣介石の国民政府を交渉の相手にしない」という趣旨の近衛声明(第一次)が発表

1938.3-4 漢口で開かれた国民党臨時全国代表大会で、はじめて国民党に総裁制が採用、蔣介石が総裁、汪兆銘が副総裁に就任

3.28 南京に梁鴻志を行政委員長とする親日政権、中華民国維新政府が成立

1940.3.30-1945.8.16 南京に親日の中華民国国民政府(汪兆銘政権)が成立

1940.11.30 日華基本条約(日本国中華民国基本関係に冠する条約)と日満華共同宣言に調印

1941.1.4 皖南事変

1943.6.1 林森の交通事故により蔣介石が職務を代行

8.1 林森が死去

6

蔣介石
チャン・チェシー
Chiang Kai‐shek

蔣介石 チャン・チェシー Chiang Kai‐shek

蔣中正
(Jiang Zhongzheng)

中国国民党

6

1943.8.1

1948.5.20

1943.11 アメリカ合衆国大統領のF.D.ルーズベルトの要請でカイロ会談に参加、四人の警察官構想の一員になる

カイロ会談

1944.4.17-12.10 大陸打通作戦により国民党軍が大打撃を受ける

大陸打通作戦

10. アメリカ陸軍のスティルウェルを参謀長から解任

11.10 汪兆銘、日本で病没

1945.8.14 中ソ友好同盟条約締結

中ソ友好同盟条約

8.15 日本、ポツダム宣言を受諾して無条件降伏

8.18 満洲国が降伏、日中間の戦争が終結

8.30 蔣介石・毛沢東巨頭会談(重慶会談)

9.10-10.12 上党戦役

10.10 毛沢東との交渉により双十協定を締結

双十協定

10.25 台湾島一帯が中華民国の統治地域に編入(台湾光復)

台湾光復

1946.6.26 第二次国共内戦始まる

第二次国共内戦

1947 二・二八事件