歴代オランダ首相(Minister-presidents van Nederland)追加しました
PR

西洋哲学史-中世哲学 Medieval philosophy

西洋哲学史-中世哲学 Medieval philosophy リベラルアーツ
「アウグスティヌス」「トマス・アクィナス」「オッカムのウィリアム」「エラスムス」「マキャヴェッリ」「トマス・モア」「モンテーニュ」西洋哲学史-中世哲学 Medieval philosophy

教父哲学 護教家

2 – 8世紀のローマ帝国で、ギリシア哲学を援用してキリスト教の真理を明らかにしようとした哲学。キリスト教公認以前は異教に対する護教論となっていた。

教父とは教理の正統と生活の聖性を守り教会から引証された古代の神学者。正統信仰の著述を行い、自らも聖なる生涯を送ったと歴史の中で認められてきた人々のこと。

教会博士 Doctor Ecclesiae

キリスト教ローマ・カトリック教会において、聖人の中でも特に学識にすぐれ、信仰理解において偉大な業績を残した人に送られる称号。

西方教会:西方の四大教会博士

アンブロジウス Ambrosiu
ヒエロニムス Eusebius Sophronius Hieronymus
画:ドメニコ・ギルランダイオ
ヒッポのアウグスティヌス 聖アウレリウス・アウグスティヌス Aurelius Augustinus
教皇グレゴリウス1世 Gregorius I

東方教会:東方の四大教会博士

アレクサンドリアのアタナシウス Αθανάσιος Αλεξανδρείας, Athanasius
  • ナジアンゾスのグレゴリオス(神学者グリゴリイ)Γρηγόριος ὁ Ναζιανζηνός, Grēgorios ho Nazianzēnos, Gregory of Nazianzus, Gregory the Theologian / Gregory Nazianzen(325/330 – 389)➡ギリシア教父
ナジアンゾスのグレゴリオス Γρηγόριος ὁ Ναζιανζηνός, Grēgorios ho Nazianzēnos
カイサリアのバシレイオス 聖大ワシリイ Βασίλειος Καισαρείας, Basilius Caesariensis
  • 金口イオアン(ヨハネス・クリュソストモス)Ἰωάννης ὁ Χρυσόστομος, Ioannes Chrysostomos(345/349/354 – 407)➡ギリシア教父
金口イオアン ヨハネス・クリュソストモス Ἰωάννης ὁ Χρυσόστομος, Ioannes Chrysostomos

使徒教父 Apostolic Fathers

1世紀末から2世紀前半にかけての、新約聖書に収められた文書以外の、主要文書の執筆者の総称。十二使徒の何人かを個人的に知っていたか、彼らから大きな影響を受けた。

  • ローマのクレメンス(ローマ教皇クレメンス1世)Clemens Romanus, Κλήμης Ρώμης, Papa Clemens I(? – 101頃)
ローマのクレメンス ローマ教皇クレメンス1世 Clemens Romanus, Κλήμης Ρώμης, Papa Clemens I
神品致命者ロマの「パパ」クリメントのイコン(17世紀、ペルミの救世主顕栄修道院)
  • アンティオキアのイグナティオス(イグナティウス)Ἰγνάτιος Ἀντιοχείας, Ignátios Antiokheías, Ἰγνάτιος ὁ Θεοφόρος, Ignátios ho Theophóros, Ignatius Theophorus(35頃 – 107?)➡ギリシア教父
アンティオキアのイグナティオス イグナティウス Ἰγνάτιος Ἀντιοχείας, Ignátios Antiokheías, Ἰγνάτιος ὁ Θεοφόρος, Ignátios ho Theophóros, Ignatius Theophorus
スミルナのポリュカルポス Πολύκαρπος, Πολύκαρπος, Polýkarpos, Polycarpus, Polycarp
ヒエラポリスのパピアス Παπίας
ヒエラポリスのパピアス Παπίας

ギリシア教父

ギリシア語で著述した東方の教父。思弁的であり、キリスト教を一つの究極の哲学的真理を告げるものとして解明しようとする努力に特徴があった。豊かなギリシア哲学の知識によってキリスト論、三位一体論の発展に寄与した。

  • ユスティノス  Ἰουστῖνος ὁ μάρτυς, Ioustinos ho martys, Justin Martyr(100? – 165)
ユスティノス  Ἰουστῖνος ὁ μάρτυς, Ioustinos ho martys, Justin Martyr
  • タティアノス Τατιανός, ܛܛܝܢܘܣ, Tatianus(120頃 – 180頃)
  • アンティオキアのテオフィロス Θεόφιλος ὁ Ἀντιοχεύς, Theophilus of Antioch(? – 183-185)
アンティオキアのテオフィロス Θεόφιλος ὁ Ἀντιοχεύς, Theophilus of Antioch
  • サルディスのメリトン Μελίτων Σάρδεων Melítōn Sárdeōn, Melito of Sardis(180頃没)
  • リヨンのエイレナイオス (リオンの致命者イリネイ)Εἰρηναῖος Eirēnaios, Irenaeus(130頃 – 202)
リヨンのエイレナイオス リオンの致命者イリネイ Εἰρηναῖος Eirēnaios, Irenaeus
アレクサンドリアのクレメンス ティトゥス・フラウィウス・クレメンス Κλήμης ὁ Ἀλεξανδρεύς, Clement of Alexandria, Titus Flavius Clemens
  • オリゲネス(オリゲン)Origenes Adamantius, Origen of Alexandria, Origen Adamantius(185頃 – 254頃)
オリゲネス(オリゲン)Origenes Adamantius, Origen of Alexandria, Origen Adamantius
  • グレゴリオス・タウマトゥルゴス(奇蹟者グレゴリイ)Γρηγόριος ὁ Θαυματουργός, Grēgórios ho Thaumatourgós, Gregorius Thaumaturgus, Gregory Thaumaturgus, Gregory the Miracle-Worker(213? – 270/275)
グレゴリオス・タウマトゥルゴス(奇蹟者グレゴリイ)Γρηγόριος ὁ Θαυματουργός, Grēgórios ho Thaumatourgós, Gregorius Thaumaturgus, Gregory Thaumaturgus, Gregory the Miracle-Worker
  • カエサレアのエウセビオス(エウセウィ)Εὐσέβιος Eusebios, Eusebius of Caesarea, Eusebius Pamphilus(260/265 – 339)
アレクサンドリアのアタナシオス(アレクサンドリヤの大主教アファナシイ)Αθανάσιος Αλεξανδρείας, Athanasius, Athanasius I of Alexandria
  • ディデュモス(盲目のディデュモス)Didymus the Blind(313 – 398)
  • ナジアンゾスのグレゴリオス(神学者グリゴリイ)Γρηγόριος ὁ Ναζιανζηνός, Grēgorios ho Nazianzēnos, Gregory of Nazianzus, Gregory the Theologian / Gregory Nazianzen(325/330 – 389)➡教会博士/doctor ecclesiae
ナジアンゾスのグレゴリオス(神学者グリゴリイ)Γρηγόριος ὁ Ναζιανζηνός, Grēgorios ho Nazianzēnos, Gregory of Nazianzus, Gregory the Theologian / Gregory Nazianzen
ナジアンゾスのグレゴリオス(神学者グリゴリイ)のイコン(アトス山のシモノペトラ修道院所蔵)
カイサリアのバシレイオス 聖大ワシリイ Βασίλειος Καισαρείας, Basilius Caesariensis
  • ニュッサのグレゴリオス(ニッサの主教聖グリゴリイ)Γρηγόριος Νύσσης, Gregory of Nyssa, Gregory Nyssen(335頃 – 394頃)
ニュッサのグレゴリオス(ニッサの主教聖グリゴリイ)Γρηγόριος Νύσσης, Gregory of Nyssa, Gregory Nyssen
  • 金口イオアン(ヨハネス・クリュソストモス)Ἰωάννης ὁ Χρυσόστομος, Ioannes Chrysostomos(345/349/354 – 407)➡教会博士/doctor ecclesiae
金口イオアン ヨハネス・クリュソストモス Ἰωάννης ὁ Χρυσόστομος, Ioannes Chrysostomos
  • ポントスのエウァグリオス Εὐάγριος ὁ Ποντικός, ევაგრე ქართველი, Euagrios Pontikos, Evagrius Ponticus, Evagrius the Solitary(345 – 399)
ポントスのエウァグリオス Εὐάγριος ὁ Ποντικός, ევაგრე ქართველი, Euagrios Pontikos, Evagrius Ponticus, Evagrius the Solitary
アレクサンドリアのキュリロス Κύριλλος Ἀλεξανδρείας, Ⲡⲁⲡⲁ Ⲕⲩⲣⲓⲗⲗⲟⲩ ⲁ̅ , ⲡⲓ̀ⲁⲅⲓⲟⲥ Ⲕⲓⲣⲓⲗⲗⲟⲥ, Cyril of Alexandria
  • キュロスのテオドレトス Θεοδώρητος ὁ Κύρρου, Theodoretus Cyrensis/Cyrrhensis, Theodoret of Cyr/Cyrrhus(393 – 457頃)
キュロスのテオドレトス Θεοδώρητος ὁ Κύρρου, Theodoretus Cyrensis/Cyrrhensis, Theodoret of Cyr/Cyrrhus
アンティオキアのセウェロス  Σεβῆρος, ܣܘܝܪܝܘܣ ܕܐܢܛܝܘܟܝܐ, Severus of Antioch
ヨアンネス・クリマコス(階梯者イオアン)Ἰωάννης τῆς Κλίμακος, Ioannes Climacus, John Climacus
  • 証聖者マクシモス(表信者マクシモス)Μάξιμος ο Ομολογητής, Maximus Confessor, Maximus the Confessor(580頃 – 662)
証聖者マクシモス(表信者マクシモス)Μάξιμος ο Ομολογητής, Maximus Confessor, Maximus the Confessor
  • ダマスコのヨアンネス(ダマスコの聖イオアン、ダマスコの聖ヨハネ)Ιωάννης Δαμασκήνος, Iohannes Damascenus, يوحنا الدمشقي‎, Иоанн Дамаскин, John of Damascus(676頃 – 749)
ダマスコのヨアンネス(ダマスコの聖イオアン、ダマスコの聖ヨハネ)Ιωάννης Δαμασκήνος, Iohannes Damascenus, يوحنا الدمشقي‎, Иоанн Дамаскин, John of Damascus

ラテン教父

2世紀から8世紀ごろまでのキリスト教著述家で、ラテン語で著述を行った神学者。

テルトゥリアヌス Quintus Septimius Florens Tertullianus, Tertullian
ヒッポリュトス Hippolytus, Ἱππόλυτος, Hippolytus of Rome
  • 聖キプリアヌス Thascius Caecilius Cyprianus, Kyprianόs, Κυπριανός, Καρχηδόνος, Cyprian(3世紀 – 258)
聖キプリアヌス Thascius Caecilius Cyprianus, Kyprianόs, Κυπριανός, Καρχηδόνος, Cyprian
ポワティエのヒラリウス Hilarius Pictaviensis, Hilary of Poitiers
14世紀に描かれた、ヒラリウスが叙任される場面
ダマスス1世 Pope Damasus I
アンブロジウス Ambrosiu
  • ヒエロニムス Eusebius Sophronius Hieronymus(347頃 – 420)➡教会博士/Doctor Ecclesiae
ヒエロニムス Eusebius Sophronius Hieronymus
  • ヒッポのアウグスティヌス(アウレリウス・アウグスティヌス、至福者アウグスティン) Aurelius Augustinus(354 – 430)➡教会博士/Doctor Ecclesiae
ヒッポのアウグスティヌス(アウレリウス・アウグスティヌス、至福者アウグスティン) Aurelius Augustinus
  • ヨハネス・カッシアヌス Ioannes Eremita Cassianus/Ioannes Massiliensis, John Cassian/John the Ascetic(360 – 435)
ヨハネス・カッシアヌス Ioannes Eremita Cassianus/Ioannes Massiliensis, John Cassian/John the Ascetic
レオ1世 (ローマ教皇) Pope Leo I
レオ1世(サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ美術館蔵)
ボエティウス Anicius Manlius Torquatus Severinus Boethius
ヌルシアのベネディクトゥス Benedictus de Nursia
アイオナ島のコルンバ(聖コルンバ)Saint Columba
『聖コルンバ』(1906年、ジョゼフ・ラットクリフ・スケルトン画)
グレゴリウス1世 (ローマ教皇) Gregorius I
セビリアのイシドールス San Isidoro de Sevilla, Isidorus Hispalensis, Saint Isidore of Seville

スコラ哲学

西方教会のキリスト教神学者・哲学者などの学者たちによって確立された「学問のスタイル」であるスコラ学の方法論にのっとった学問、例えば哲学・神学を特にスコラ哲学・スコラ神学と呼ぶ。

スコラ学の究極の目的は問題に対する解答を導き出し、矛盾を解決することにある。
スコラ学の最大のテーマは信仰と理性。

初期スコラ学期(1000年-1200年)

エリウゲナ Johannes Scotus Eriugena
  • カンタベリーのアンセルムス Anselmus Cantuariensis, Anselm of Canterbury(1033 – 1109)
カンタベリーのアンセルムス Anselmus Cantuariensis, Anselm of Canterbury
ペトルス・アベラルドゥス Petrus Abaelardus / ピエール・アベラール Pierre Abélard
コンシュのギョーム William of Conches
ドラグマティコンの中世写本のイラスト、右下にコンチェスのウィリアム
  • ソロモン・イブン・ガビーロール רבי שלמה אִבְּן גַּבִּירוֹל (rabbi Šlomoh ben Yehudhah ibn Gabirol), Solomon ben Yehuda ibn Gabirol, Avicebron, Avencebrol(1021/1022頃 – 1058/1070頃)
ソロモン・イブン・ガビーロール רבי שלמה אִבְּן גַּבִּירוֹל (rabbi Šlomoh ben Yehudhah ibn Gabirol), Solomon ben Yehuda ibn Gabirol, Avicebron, Avencebrol
ペトルス・ロンバルドゥス Petrus Lombardus
ギルベルト・デ・ラ・ポリー Gilbert de la Porrée

盛期スコラ学期(1200年-1300年)

  • ヘールズのアレクサンダー Alexander of Hales, Halensis, Alensis, Halesius, Alesius (1185頃 -1245)
ヘールズのアレクサンダー Alexander of Hales, Halensis, Alensis, Halesius, Alesius
ロバート・グロステスト Robert Grosseteste
とあるチャペルにある、1896年制作のステンドグラス
ロジャー・ベーコン Roger Bacon