ファイナンシャルマネジメント シリーズ始めました

運転資本管理 Working Capital Management

運転資本管理 Working Capital Managementマネー・マーケット
運転資本管理 Working Capital Management

運転資本管理 Working Capital Management

概要

運転資本管理とは、支払日(満期日)を迎える費用支出に対して支払い用のキャッシュを十分に準備しておくことである。

  • ポイント
    • 運転資本(運転資金)のコンセプトを理解する
    • 企業が必要とする運転資本水準を明確にする
    • 特定の取引が運転資本に及ぼす影響額を明確にする

運転資本管理の要諦は、資金回収はできるだけ早く、資金の支払いはできるだけ遅く、である。

運転資金の回転を遅くする方法や早くする方法に習熟すると共に、実効金利が割引率と割引額に及ぼす影響額も推計できるようにならなければいけない。

運転資本の定義は多義的だが、最も一般的なものは、流動資産 – 流動負債 で計算されるものであるから、短期資金の調達は運転資本管理の重要な構成要素であり、その2つの主要なソースには、❶短期借入金と、❷ファクタリングがある。

運転資本の調達 Working Capital Finance

  • 運転資本の管理とは
  • 運転資本の種類
  • 運転資本の増減
  • 様々な会計取引が及ぼす運転資本への影響
  • 短期の資金調達必要額の予測
  • キャッシュマネジメント
  • 現金保有が望まれる理由

オペレーティングサイクル The Operating Cycle

キャッシュフロー管理 Cash Flow Management

  • キャッシュの回収
  • キャッシュの支払い

市場性のある有価証券の管理 Marketable Securities Management

  • Tresury bills
  • High-grade commercial paper
  • Bank certificates of deposit (CDs)
  • Bankers’ Acceptances (BAs)
  • Federal Agency Securites
  • Eurodollars
  • Maney Market Mutual Funds
  • State and Local Government Securites
  • Teasury Notes and Bonds
  • Repurchase Agreements
  • Boumol Cash Management Model
  • Miller-Orr Cash Mangement Model

売上債権管理 Accounts Receivable Management

  • 信用貸出政策
  • 売上債権の種類
    • Promissory Note
    • Conditional Sales Contract
    • Credit Cards
  • 売上債権のモニタリング
  • 債権回収方法

在庫管理 Inventory Management

  • 在庫が保有される理由
  • 在庫コスト
  • 在庫管理の用語
  • 在庫コストの管理
    • Economic Order Quantity (EOQ)
    • JIT
  • 在庫回転率
  • 在庫回転率と粗利率の関係

短期借入 Short-Term Financing

  • 買掛金
  • 銀行借入
  • ファクタリング
  • 調達方法の種類
    • 担保アリ
      • A revolving line of credit
      • Warehousing financing
      • Inventory financing
      • transaction loan
      • A chattel mortgage
    • 担保ナシ
      • Trade credit (買掛金)
      • Repurchase Agreements
      • Accured expenses
      • A line of credit
      • Commercial paper
      • Bankers’ acceptances (BAs)

満期日調整法 Maturity Matching Approach to Working Capital Management

ファイナンシャルマネジメント(Financial Management)全体像

上下巻で現在第10版。
上巻は、DCF法から始まり、ポートフォリオ理論、最適資本構成などが学べる。

上下巻で現在第10版。
下巻は、オプション理論から始まり、負債による資金調達、M&Aと多様な内容。

コメント