歴代オランダ首相(Minister-presidents van Nederland)追加しました
PR

歴代オランダ首相(Minister-presidents van Nederland)

リベラルアーツ
「ピーテル・コルト・ファン・デル・リンデン」「ウィレム・ドレース」「ルード・ルベルス」歴代オランダ首相
  1. オランダ首相について
  2. 大臣会議議長(Voorzitters van de ministerraad)(1815年-1945年)
    1. ウィレム2世ウィレム2世 Willem II(1840-1849)
    2. ゲリット・スヒンメルペニンク
      Gerrit, Count Schimmelpenninck
    3. ジェイコブ・デ・ケンペナール
      Jacob de Kempenaer
    4. ウィレム3世 Willem IIIウィレム3世 Willem III(1849-1890)
    5. ヨハン・ルドルフ・トルベッケ
      Johan Rudolph Thorbecke
    6. フロリス・アドリアン・ファン・ハル
      Floris Adriaan van Hall
    7. ユスティヌス・ファン・デル・ブルッヘン
      Justinus van der Brugghen
    8. ヤン・ジェイコブ・ロシュセン
      Jan Jacob Rochussen
    9. フロリス・アドリアン・ファン・ハル
      Floris Adriaan van Hall
    10. ヤコブ・ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト
      Jacob van Zuylen van Nijevelt
    11. シェルト・ファン・ヘームストラ
      Schelto van Heemstra
    12. ヨハン・ルドルフ・トルベッケ
      Johan Rudolph Thorbecke
    13. イサーク・ディグナス・フランセン・ファン・デ・プッテ
      Isaäc Dignus Fransen van de Putte
    14. ユリウス・ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト
      Julius van Zuylen van Nijevelt
    15. ペーター・フィリップ・ファン・ボッセ
      Pieter Philip van Bosse
    16. ヨハン・ルドルフ・トルベッケ
      Johan Rudolph Thorbecke
    17. ゲリット・デ・フルース
      Gerrit de Vries
    18. ヤン・ヘームスケルク
      Jan Heemskerk
    19. ヤン・カッペイネ・ファン・デ・コッペロ
      Jan Kappeyne van de Coppello
    20. テオ・ファン・リンデン・ファン・サンデンブルク
      Theo van Lynden van Sandenburg
    21. ヤン・ヘームスケルク
      Jan Heemskerk
    22. アイネイアス・マッカイ
      Aeneas Mackay Jr.
    23. ウィルヘルミナ Wilhelminaウィルヘルミナ Wilhelmina(1890-1948)
    24. ハイスベルト・ティーンホーフェン
      Gijsbert van Tienhoven
    25. ジョアン・ロエル
      Joan Röell
    26. ニコラス・ピールソン
      Nicolaas Pierson
    27. アブラハム・カイペル
      Abraham Kuyper
    28. テオ・デ・メーステル
      Theo de Meester
    29. テオ・ヘームスケルク
      Theo Heemskerk
    30. ピーター・コルト・ファン・デル・リンデン
      Pieter Cort van der Linden
    31. チャールズ・ルイス・デ・ベーレンブルック
      Charles Ruijs de Beerenbrouck
    32. ヘンドリクス・コレイン
      Hendrikus Colijn
    33. ディルク・ヤン・デ・ヘール
      Dirk Jan de Geer
    34. チャールズ・ルイス・デ・ベーレンブルック
      Charles Ruijs de Beerenbrouck
    35. ヘンドリクス・コレイン
      Hendrikus Colijn
    36. ディルク・ヤン・デ・ヘール
      Dirk Jan de Geer
    37. ペーター・シュールド・ヘルブランディー
      Pieter Sjoerds Gerbrandy
  3. 首相(Minister-president van Nederland)(1945年-現在)
    1. ウィレム・スヘルメルホルン
      Willem Schermerhorn
    2. ルイス・ベール
      Louis Beel
    3. ユリアナ Julianaユリアナ Juliana(1948-1980)
    4. ウィレム・ドレース
      Willem Drees
    5. ルイス・ベール
      Louis Beel
    6. ヤン・デ・クヴァイ
      Jan de Quay
    7. ヴィクトル・マリネン
      Victor Marijnen
    8. ヨー・カルス
      Jo Cals
    9. イェレ・ゼイルストラ
      Jelle Zijlstra
    10. ピート・デ・ヨング
      Piet de Jong
    11. バレント・ビースフーヴェル
      Barend Biesheuvel
    12. ヨープ・デン・アイル
      Joop den Uyl
    13. ドリース・ファン・アフト
      Dries van Agt
    14. ベアトリクス Beatrixベアトリクス Beatrix(1980-2013)
    15. ルード・ルベルス
      Ruud Lubbers
    16. ウィム・コック
      Wim Kok
    17. ヤン・ペーター・バルケネンデ
      Jan Peter Balkenende
    18. マルク・ルッテ
      Mark Rutte
    19. ウィレム=アレクサンダー Willem-Alexanderウィレム=アレクサンダー Willem-Alexander(2013-)
  4. 参考リンク
  5. あわせて読みたい

オランダ首相について

オランダ首相は、オランダ政府の行政府の長である。オランダ王国の君主は国王で、同時に君主は法定の政府首長で あるが、事実上首相は閣僚評議会の議長としてこの役割を担っており、その政策を閣僚の他のメンバーと調整する。政府首脳としての役割において、首相は欧州理事会においてオランダの代表も務めている。

1848年にオランダ憲法が改正され、閣僚は国会に対して責任を負い、閣僚のリーダーである国王に対しては責任を負わなくなった。 1901年までは、閣僚評議会の議長は正式に閣僚間で交代していた。 1901年から1945年までの間、閣僚評議会議長の職は正式なローテーション制であり、任期は4年とされていた。

1983年の憲法見直しを受けて、オランダ憲法で初めて首相の地位が正式に定められた。オランダ憲法では、政府は国王と大臣によって構成され、首相が閣僚評議会の議長を務め(第45条)、王令によって任命され(第43条)、彼ら自身の任命勅令と他の閣僚の任命勅令には首相が連署するものとする(第48条)。閣僚評議会に国王は出席しなくなった。

以下の首相リストは、1848年のオランダ憲法改正により、議会制民主主義が導入された時点から始まるものである。

大臣会議議長(Voorzitters van de ministerraad)(1815年-1945年)

ウィレム2世ウィレム2世 Willem II(1840-1849)

ゲリット・スヒンメルペニンク
Gerrit, Count Schimmelpenninck

ゲリット・スヒンメルペニンク Gerrit, Count Schimmelpenninck

リベラル派

1848.3.25

5.17

スヒンメルペニンク内閣(保守派)

1948.11.3 改正憲法公布、責任内閣制始まる

自由主義勢力の全盛時代が始まる

英国モデルに従った憲法制定の提案は、国王による上院の解散が不可能であることを暗示していたが、他の閣僚によって拒否されたため辞任

ジェイコブ・デ・ケンペナール
Jacob de Kempenaer

ジェイコブ・デ・ケンペナール
Jacob de Kempenaer

リベラル派

1848.11.21

1849.11.1

デ・ケンペナール=ドンカー・クルティウス内閣(リベラル派)

トルベッケ憲法委員会の一員

ウィレム3世 Willem IIIウィレム3世 Willem III(1849-1890)

ヨハン・ルドルフ・トルベッケ
Johan Rudolph Thorbecke

ヨハン・ルドルフ・トルベッケ
Johan Rudolph Thorbecke

リベラル派

1849.11.1

1853.4.19

第1次トルベッケ内閣(リベラル派)

1850 選挙法と州法の制定

1851 地方自治体法

1853.3 カトリックの司教区を復活→改革派の激しい反発(四月運動)→トルベッケ退陣・議会解散

四月運動

フロリス・アドリアン・ファン・ハル
Floris Adriaan van Hall

フロリス・アドリアン・ファン・ハル
Floris Adriaan van Hall

リベラル派

1853.4.19

1856.7.1

ファン・ハル=ドンカー・クルティウス内閣(保守派)

1854 カトリックに司教区制の導入を認め、カトリックの完全復権なる

1856.4 ウィレム3世により、。クリミア戦争で外務大臣としてオランダの中立を守ることに成功した行為に対する感謝の印として男爵位を授けられる

ユスティヌス・ファン・デル・ブルッヘン
Justinus van der Brugghen

ユスティヌス・ファン・デル・ブルッヘン
Justinus van der Brugghen

反革命派(Antirevolutionary)

1856.7.1

1858.3.18

ファン・デル・ブルッヘン内閣(保守派)

フォーメイターとして就任

1957 初等教育法(公教育の中立・一元化)

ヤン・ジェイコブ・ロシュセン
Jan Jacob Rochussen

ヤン・ジェイコブ・ロシュセン
Jan Jacob Rochussen

保守派

1858.3.18

1860.2.23

ロシュセン内閣(リベラル派/保守派)

1859.3.23 州鉄道法が否決後に辞任

1860.12.14 下院会議で予算案が否決されたため、その日付で辞任

フロリス・アドリアン・ファン・ハル
Floris Adriaan van Hall

フロリス・アドリアン・ファン・ハル
Floris Adriaan van Hall

リベラル派

1860.2.23

1861.3.14

ファン・ハル=ファン・ヘームストラ内閣(リベラル派/保守派)

1860 ダウエス=デッケル(筆名ムルタトゥーリ)が『マックス・ハーフェラール』を発表

マックス・ハーフェラール

1860 東インドで奴隷制廃止

1861.1 パンカ事件の影響によりロシュセン植民地相が辞任

パンカ事件

健康上の理由からオランダ東インド総督への任命を辞退

ヤコブ・ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト
Jacob van Zuylen van Nijevelt

ヤコブ・ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト
Jacob van Zuylen van Nijevelt

リベラル派

1861.3.14

11.10

ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト==ファン・ヘームストラ内閣(リベラル派/保守派)

ヤン・ジェイコブ・ロシュセンの娘婿

シェルト・ファン・ヘームストラ
Schelto van Heemstra

シェルト・ファン・ヘームストラ
Schelto van Heemstra

リベラル派

1861.11.10

1862.2.1

ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト==ファン・ヘームストラ内閣(リベラル派/保守派)

1861.12 国家予算案が議会で否決
→1862.2.1に正式に辞任

ヨハン・ルドルフ・トルベッケ
Johan Rudolph Thorbecke

ヨハン・ルドルフ・トルベッケ
Johan Rudolph Thorbecke

リベラル派

1862.2.1

1866.2.10

第2次トルベッケ内閣(リベラル派)

1862 コショウの強制栽培制度廃止

1862 ベッツ関税法(保護関税の大幅引き下げ、河川通航税の廃止)

1862 津田真道と西周がライデン大学でシモン・フィッセリング教授に法学を学ぶ(-65)

1863.5 中等教育法(HBS: ホゲレバーガースクール)

1863.7.3 860年鉄道法に従って建設された鉄道の運営に関する法律

1863 西インドで奴隷制廃止

1864 ニューウェ・ウォーターウェグの開削が始まる(1872:試運転開始)

新ウォーター・ヴェーク

1865 藍、茶、ニッケイの強制栽培制度廃止

1865 地方税改革

1865.6.1 健康診断法

1865 -1876 北海運河の開削

北海運河

1866 タバコの強制栽培制度廃止

オランダ領東インドにおける刑法に関する紛争の後に辞任

イサーク・ディグナス・フランセン・ファン・デ・プッテ
Isaäc Dignus Fransen van de Putte

イサーク・ディグナス・フランセン・ファン・デ・プッテ
Isaäc Dignus Fransen van de Putte

リベラル派

1866.2.10

6.1

フランセン・ファン・デ・プッテ内閣(リベラル派)

オランダ領東インドの土地政策をめぐってトルベッケと対立し辞職

ユリウス・ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト
Julius van Zuylen van Nijevelt

ユリウス・ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト
Julius van Zuylen van Nijevelt

保守派

1866.6.1

1868.6.4

ファン・ザイレン・ファン・ナイフェルト内閣(保守派)

少数内閣は、1866年と1868年の2回解散された議会と対立、この「紛争の時代」はリベラル派の勝利で終わる

ペーター・フィリップ・ファン・ボッセ
Pieter Philip van Bosse

ペーター・フィリップ・ファン・ボッセ
Pieter Philip van Bosse

リベラル派

1868.6.4

1871.1.4

ファン・ボッセ=フォック内閣(リベラル派)

トルベッケが設立した内閣で大蔵大臣として新たな任期を開始したが、トルベッケはそのまま内閣を率いることはなく、ファン・ボッセ自身が閣僚評議会議長として内閣を率い、後に首相と呼ばれるようになる

1869 印刷文書や新聞広告の印紙税を廃止する法律を導入(新聞切手の廃止)

1870 死刑制度廃止、軍隊のみで存続

1870 はがきの導入を許可する1850年の郵便法の改正

様々な理由で閣僚辞任が相次ぎ、ファン・ボッセも首相を辞任

ヨハン・ルドルフ・トルベッケ
Johan Rudolph Thorbecke

ヨハン・ルドルフ・トルベッケ
Johan Rudolph Thorbecke

リベラル派

1871.1.4

1872.6.4

第3次トルベッケ内閣(リベラル派)

1871 キリスト教改革派十字架教会の合法化

1871 オランダ労働者総同盟が設立

1871.4.20 アレッタ・ヤーコプスが初の女子大学生としてフローニンゲン大学に入学

アレッタ・ヤーコプス

1872.3 イギリスとの間で植民地分割を確認するスマトラ条約を締結(エル・ミナ要塞をイギリスに譲渡してアフリカの完全撤退とアチェ支配承認を取引)