歴代オランダ首相(Minister-presidents van Nederland)追加しました
PR

歴代天皇 Emperors of Japan

歴代天皇 Emperors of Japan リベラルアーツ
「神武天皇」「昭和天皇」「後醍醐天皇」歴代天皇 Emperors of Japan
  1. 天皇の称号について
  2. 神代
    1. 神武天皇
      じんむ
    2. 綏靖天皇
      すいぜい
    3. 安寧天皇
      あんねい
    4. 懿徳天皇
      いとく
    5. 孝昭天皇
      こうしょう
    6. 孝安天皇
      こうあん
    7. 孝霊天皇
      こうれい
    8. 孝元天皇
      こうげん
    9. 開化天皇
      かいか
    10. 崇神天皇
      すじん
  3. 古墳時代
    1. 垂仁天皇
      すいにん
    2. 景行天皇
      けいこう
    3. 成務天皇
      せいむ
    4. 仲哀天皇
      ちゅうあい
    5. 神功皇后
      じんぐうこうごう
    6. 応神天皇
      おうじん
    7. 仁徳天皇
      にんとく
    8. 履中天皇
      りちゅう
    9. 反正天皇
      はんぜい
    10. 允恭天皇
      いんぎょう
    11. 安康天皇
      あんこう
    12. 雄略天皇
      ゆうりゃく
    13. 清寧天皇
      せいねい
    14. 顕宗天皇
      けんぞう
    15. 仁賢天皇
      にんけん
    16. 武烈天皇
      ぶれつ
    17. 継体天皇
      けいたい
    18. 安閑天皇
      あんかん
    19. 宣化天皇
      せんか
    20. 欽明天皇
      きんめい
    21. 敏達天皇
      びだつ
    22. 用明天皇
      ようめい
    23. 崇峻天皇
      すしゅん
  4. 飛鳥時代
    1. 推古天皇
      すいこ
    2. 舒明天皇
      じょめい
    3. 皇極天皇
      こうぎょく
    4. 孝徳天皇
      こうとく
    5. 斉明天皇
      さいめい
    6. 中大兄皇子称制
      なかのおおえのおうじ
    7. 天智天皇
      てんじ
    8. 弘文天皇
      こうぶん
    9. 天武天皇
      てんむ
    10. 持統天皇
      じとう
    11. 文武天皇
      もんむ
  5. 奈良時代
    1. 元明天皇
      げんめい
    2. 元正天皇
      げんしょう
    3. 聖武天皇
      しょうむ
    4. 孝謙天皇
      こうけん
    5. 淳仁天皇
      じゅんにん
    6. 称徳天皇
      しょうとく
    7. 光仁天皇
      こうにん
  6. 平安時代
    1. 摂関政治(藤原頼道まで)
    2. 院政(承久の乱まで)
    3. 桓武天皇
      かんむ
    4. 平城天皇
      へいぜい
    5. 嵯峨天皇
      さが
    6. 淳和天皇
      じゅんな
    7. 仁明天皇
      にんみょう
    8. 文徳天皇
      もんとく
    9. 清和天皇
      せいわ
    10. 陽成天皇
      ようぜい
    11. 光孝天皇
      こうこう
    12. 宇多天皇
      うだ
    13. 醍醐天皇
      だいご
    14. 朱雀天皇
      すざく
    15. 村上天皇
      むらかみ
    16. 冷泉天皇
      れいぜい
    17. 円融天皇
      えんゆう
    18. 花山天皇
      かざん
    19. 一条天皇
      いちじょう
    20. 三条天皇
      さんじょう
    21. 後一条天皇
      ごいちじょう
    22. 後朱雀天皇
      ごすざく
    23. 後冷泉天皇
      ごれいぜい
    24. 後三条天皇
      ごさんじょう
    25. 白河天皇
      しらかわ
    26. 堀河天皇
      ほりかわ
    27. 鳥羽天皇
      とば
    28. 崇徳天皇
      すとく
    29. 近衛天皇
      このえ
    30. 後白河天皇
      ごしらかわ
    31. 二条天皇
      にじょう
    32. 六条天皇
      ろくじょう
    33. 高倉天皇
      たかくら
    34. 安徳天皇
      あんとく
  7. 鎌倉時代
    1. 後鳥羽天皇
      ごとば
    2. 土御門天皇
      つちみかど
    3. 順徳天皇
      じゅんとく
    4. 仲恭天皇
      ちゅうきょう
    5. 後堀河天皇
      ごほりかわ
    6. 四条天皇
      しじょう
    7. 後嵯峨天皇
      ごさが
    8. 後深草天皇
      ごふかくさ
    9. 亀山天皇
      かめやま
    10. 後宇多天皇
      ごうだ
    11. 伏見天皇
      ふしみ
    12. 後伏見天皇
      ごふしみ
    13. 後二条天皇
      ごにじょう
    14. 花園天皇
      はなぞの
    15. 後醍醐天皇
      ごだいご
  8. 南北朝時代
    1. 南朝
    2. 後村上天皇
      ごむらかみ
    3. 長慶天皇
      ちょうけい
    4. 後亀山天皇
      ごかめやま
    5. 北朝
    6. 光厳天皇
      こうごん
    7. 光明天皇
      こうみょう
    8. 崇光天皇
      すこう
    9. 後光厳天皇
      ごこうごん
    10. 後円融天皇
      ごえんゆう
  9. 室町時代
    1. 後小松天皇
      ごこまつ
    2. 称光天皇
      しょうこう
    3. 後花園天皇
      ごはなぞの
    4. 後土御門天皇
      ごつちみかど
  10. 戦国時代
    1. 後柏原天皇
      ごかしわばら
    2. 後奈良天皇
      ごなら
    3. 正親町天皇
      おおぎまち
  11. 安土桃山時代(織豊時代)
    1. 後陽成天皇
      ごようぜい
  12. 江戸時代
    1. 後水尾天皇
      ごみずのお
    2. 明正天皇
      めいしょう
    3. 後光明天皇
      ごこうみょう
    4. 後西天皇
      ごさい
    5. 霊元天皇
      れいげん
    6. 東山天皇
      ひがしやま
    7. 中御門天皇
      なかみかど
    8. 桜町天皇
      さくらまち
    9. 桃園天皇
      ももぞの
    10. 後桜町天皇
      ごさくらまち
    11. 後桃園天皇
      ごももぞの
    12. 光格天皇
      こうかく
    13. 仁孝天皇
      にんこう
    14. 孝明天皇
      こうめい
  13. 近代
    1. 明治天皇
      めいじ
    2. 大正天皇
      たいしょう
    3. 昭和天皇
      しょうわ
    4. 上皇(平成)
      へいせい
    5. 今上天皇(令和)
      れいわ
  14. 参考リンク
  15. あわせて読みたい

天皇の称号について

古代の日本では、ヤマト王権の首長を「大王」(オオキミ)といった。天武朝ごろから中央集権国家の君主として「天皇」が用いられるようになった。「天皇」号が成立したのは7世紀後半、大宝律令で「天皇」号が法制化される直前の天武天皇または持統天皇の時代とするのが通説である。10世紀以降、1000年近く「天皇」号の使用は廃れたが、19世紀初頭に再び使用されるようになり、現在に至っている。

在位中の天皇は、帝、御門(みかど)、禁裏(きんり)、内裏(だいり)、禁中(きんちゅう)、御所(ごしょ)などと呼ばれた。当代の天皇は「当今の帝(とうぎんのみかど)」などとも呼ばれ、譲位した太上天皇は「上皇」と略称され、「仙洞」や「院」などともいった。

皇室の当主として政務の実権を握った天皇または太上天皇(上皇)を指す用語として「治天の君」がある。

話題にする際の呼称については、一般的に、「皇上」「聖上」「聖主」「主上」「天子」などが用いられてきたが、明治中期頃になり、「天皇(陛下)」という呼称が定着してくる。

特に外交においては、古代から、「日本国皇帝」も用いられる。

神代

氏名

在位期間

事績

1代

神武天皇
じんむ

神武天皇

天照大御神の五世孫

660 B.C. – 585 B.C.

神武天皇元年1月1日 – 神武天皇76年3月11日

神武東征

神武天皇東征之図

2代

綏靖天皇
すいぜい

綏靖天皇

神武天皇の第三皇子

581 B.C. – 549 B.C.

綏靖天皇元年1月8日 – 綏靖天皇33年5月10日

欠史八代の1人

タギシミミの反逆

3代

安寧天皇
あんねい

安寧天皇

綏靖天皇の皇子

549 B.C. – 511 B.C.

綏靖天皇33年7月15日 – 安寧天皇38年12月6日

欠史八代の1人

磯城県主クロハヤの館で生まれる

片塩浮孔宮(かたしおのうきあなのみや)に都を移す

4代

懿徳天皇
いとく

懿徳天皇

安寧天皇の第二皇子

510 B.C. – 477 B.C.

懿徳天皇元年2月4日 – 懿徳天皇34年9月8日

欠史八代の1人

食国政申大夫の出雲色命を大臣とする

5代

孝昭天皇
こうしょう

孝昭天皇

懿徳天皇の皇子

475 B.C. – 393 B.C.

孝昭天皇元年1月9日 – 孝昭天皇83年8月5日

欠史八代の1人

6代

孝安天皇
こうあん

孝安天皇

孝昭天皇の第二皇子

392 B.C. – 291 B.C.

孝安天皇元年1月7日 – 孝安天皇102年1月9日

欠史八代の1人

7代

孝霊天皇
こうれい

孝霊天皇

孝安天皇の皇子

290 B.C. – 215 B.C.

孝霊天皇元年1月12日 – 孝霊天皇76年2月8日

欠史八代の1人

8代

孝元天皇
こうげん

孝元天皇

孝霊天皇の皇子

214 B.C. – 158 B.C.

孝元天皇元年1月14日 – 孝元天皇57年9月2日

欠史八代の1人

9代

開化天皇
かいか

開化天皇

孝元天皇の第二皇子

158 B.C. – 98 B.C.

孝元天皇57年11月12日 – 開化天皇60年4月9日

欠史八代の1人

10代

崇神天皇
すじん

崇神天皇

開化天皇の第二皇子

97 B.C. – 30 B.C.

崇神天皇元年1月13日 – 同68年12月5日

詔を発して万世一系を謳った

四道将軍を派遣して全国を教化すると宣言

戸口を調査して初めて課役を課した

任那が使者として蘇那曷叱知(そなかしち)を遣わしてきた

古墳時代

3世紀中頃 – 7世紀頃
『日本書紀』や『古事記』による文献上の大和時代
推定・比定される天皇在位期間と記紀の記述には不一致があるため、便宜的に垂仁天皇以降を古墳時代とする

氏名

在位期間

事績

11代

垂仁天皇
すいにん

垂仁天皇

崇神天皇の第三皇子

29 B.C. – A.D. 70

垂仁天皇元年1月2日 – 垂仁天皇99年7月1日

狭穂彦の謀反

12代

景行天皇
けいこう

景行天皇

垂仁天皇の第三皇子
日本武尊(ヤマトタケル)の父

71 – 130

景行天皇元年7月11日 – 同60年11月7日

美濃行幸

美濃行幸

13代

成務天皇
せいむ

成務天皇

景行天皇の第四皇子

131 – 190

成務天皇元年1月5日 – 同60年6月11日

諸国に国造と稲城を置き山河で国境を定めた

14代

仲哀天皇
ちゅうあい

仲哀天皇

日本武尊の第二子

192 – 200

仲哀天皇元年1月11日 – 同9年2月6日

熊襲討伐

神功皇后
じんぐうこうごう

神功皇后

仲哀天皇の皇后

201 – 269

神功皇后元年10月2日 – 神功皇后69年4月17日

初めての摂政

15代

応神天皇
おうじん

応神天皇

仲哀天皇の第四皇子
母は神功皇后

270 – 310

応神天皇元年1月1日 – 同41年2月15日

和邇吉師(王仁)によって論語(儒教)と千字文(漢字)が伝わった

16代

仁徳天皇
にんとく

仁徳天皇

応神天皇の第四皇子

313 – 399

仁徳天皇元年1月3日 – 同87年1月16日

聖帝の治世

17代

履中天皇
りちゅう

履中天皇

仁徳天皇の第一皇子

400 – 405

履中天皇元年2月1日 – 同6年3月15日

諸国に国史(ふみひと)と呼ばれる書記官を設置

18代

反正天皇
はんぜい

反正天皇

仁徳天皇の第三皇子
履中天皇の同母弟

406 – 411

反正天皇元年1月2日 – 同5年1月23日

兄弟継承した初の天皇

19代

允恭天皇
いんぎょう

允恭天皇

仁徳天皇の第四皇子
反正天皇の同母弟

412 – 453

允恭天皇元年12月 – 同42年1月14日

氏姓制度の改革

20代

安康天皇
あんこう

安康天皇

允恭天皇の第二皇子

453 – 456

允恭天皇42年12月14日 – 安康天皇3年8月9日

暗殺されたと明確に記された最初の天皇

21代

雄略天皇
ゆうりゃく

雄略天皇

允恭天皇の第五皇子

456 – 479

安康天皇3年11月13日 – 雄略天皇23年8月7日

考古学で存在が確認された最古の天皇

地方豪族を武力でねじ伏せて帝権を飛躍的に拡大、強力な専制君主として君臨

吉備氏の乱

養蚕の推奨

新羅への出兵

呉(南朝)への遣使(倭王武?)

22代

清寧天皇
せいねい

清寧天皇

雄略天皇の第三皇子

480 – 484

清寧天皇元年1月15日 – 同5年1月16日

白髪山古墳

白髪山古墳

23代

顕宗天皇
けんぞう

顕宗天皇

履中天皇の孫

485 – 487

顕宗天皇元年1月1日 – 同3年4月25日

父の市辺押磐皇子が大泊瀬皇子(後の雄略天皇)に殺されると兄の億計王(後の仁賢天皇)と共に地方に逃れる

24代