ファイナンシャルマネジメント シリーズ始めました

[財務諸表分析]比率分析指標の体系と一覧

[財務諸表分析]比率分析指標の体系と一覧経営分析
[財務諸表分析]比率分析指標の体系と一覧

財務諸表分析の理論 Theory

  • 財務諸表分析の理論
  • 経営分析の方法と目的 財務分析との関係
  • 財務諸表分析の体系
  • EVAツリーによる企業価値評価・株式指標分析・財務分析の体系化
  • 事業利益(Business Interests/Profit)
  • EBIT(Earnings Before Interest and Taxes: 利払税引前利益)
  • EBITDA(Earnings before Interest, Taxes, Depreciation and Amortization: 利払前・税引前・減価償却前利益)
  1. 経営分析の方法と目的 財務分析との関係
  2. 経営分析の視点による財務諸表分析の体系
  3. EVAツリーによる企業価値評価・株式指標分析・財務分析の体系化
  4. 投下資本
  5. 経営資本
  6. 留保利益
  7. エコノミックキャピタル
  8. レバードβ
  9. アンレバードβ
  10. 事業利益(Business Interests/Profit)
  11. EBIT(Earnings Before Interest and Taxes: 利払税引前利益)
  12. EBITDA(利払前・税引前・減価償却前利益)
  13. 実効税率
  14. NOPAT | 税引後営業利益
  15. NOPLAT | みなし税引後営業利益

成長性分析 Growth

・事業規模の拡大の進捗度と達成水準をみる
・不均衡なバランスの成長はやがて企業収益性の悪化と財務健全性を失わせるのでスピードと均衡の両立が必要である

  • 成長性分析
  • 持続可能成長率(Sustainable Growth Rate)
  • 売上高成長率 - 年平均成長率(Sales Growth Rate - CAGR)
  1. 成長性のバランス分析
    1. 持続可能成長率(Sustainable Growth Rate)
    2. 内部留保率(→市場指標へ)
    3. 年平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)
      1. P/L
        1. 売上高成長率
        2. 売上総利益成長率
        3. 販管費成長率
        4. 営業利益成長率
        5. 経常利益成長率
        6. 当期純利益成長率
      2. B/S
        1. 固定資産成長率
        2. 総資産成長率
        3. 純資産成長率
        4. 株主資本成長率
        5. 利益剰余金成長率
        6. 人員増加率
      3. S/S
        1. 留保利益成長率
        2. 配当金支払額成長率(→市場指標へ)
        3. EPS成長率(→市場指標へ)
      4. C/S(C/F)
        1. 営業CF成長率(→資金管理へ)
        2. FCF成長率(→資金管理へ)
        3. 現金及び現金同等物の期末残高成長率(→資金管理へ)
  2. トレンド分析
    1. Zチャート分析
    2. 年計グラフ
    3. BBレシオ(Billing – Booking Ratio)
    4. 在庫循環図(Inventory Cycle)
    5. 流動数曲線

流動性分析 Liquidity

・広義の安全性分析のひとつ
短期的な支払い能力(特に有利子負債に対して)を見る
→キャッシュフロー分析は資金管理

  • 運転資本(Working Capital) - 簡便法
  • 流動比率(Current Ratio)
  • 当座比率(Quick Ratio)
  • 現金比率(Cash Ratio)
  • 運転資本比率(Net Working Capital Ratio)
  • ネットキャッシュ比率/純現金総資産比率(Net Cash Ratio)
  • 手元流動性比率(Ratio of liquidity on hand)
  • ディフェンシブ・インターバル・レシオ(DIR: Defensive Interval Ratio)
  • キャッシュ・インターバル・レシオ(CIR: Cash Interval Ratio)_V1
  • キャッシュフロー比率(Cash Flow Ratio)
  1. B/S(資産構成から見た流動性評価)
    1. 運転資本(Working Capital) – 原則法
    2. 運転資本(Working Capital) – 簡便法
    3. 流動比率(Current Ratio)
    4. 当座比率(Quick Ratio)
    5. 現金比率(Cash Ratio)
    6. 運転資本比率(Net Working Capital Ratio)
    7. ネットキャッシュ比率/純現金総資産比率(Net Cash Ratio)
  2. B/SとP/L(フローから見た流動性評価)
    1. 手元流動性比率(Ratio of liquidity on hand)
    2. ディフェンシブ・インターバル・レシオ(DIR: Defensive Interval Ratio)
    3. キャッシュ・インターバル・レシオ(CIR: Cash Interval Ratio)
  3. B/SとC/S(C/F)(キャッシュフローから見た流動性評価)
    1. キャッシュフロー比率(Cash Flow Ratio)

健全性分析 Leverage/Solvency

・広義の安全性分析のひとつ
長期の支払い能力(特に有利子負債に対して)を見る
・健全性を維持ししつつどこまで経営規模が拡大できるのかを検証するのがレバレッジ比率
・健全性を維持するための支払い能力がどれくらいあるのか見定めるのがソルベンシー比率

  • 財務レバレッジ比率(Financial Leverage Ratio)
  • 経営レバレッジ(Degree of Operating Leverage)
  • 総合レバレッジ(DTL: Degree of Total Leverage)
  • DEレシオ(Debt to Equity)
  • 長期負債対自己資本比率(Long-term Debt to Equity Ratio)
  • 負債対総資産比率(Debt to Total Assets)
  • 固定比率(Fixed Ratio)
  • 固定長期適合率(Fixed Assets Ratio)_v1
  • インタレスト・カバレッジ・レシオ(Interest Coverage Ratio)
  • 固定費用カバレッジ・レシオ(Fixed Charge Coverage Ratio)
  • 固定費用対キャッシュフロー倍率(Cash Flow to Fixed Charges)
  1. レバレッジ(Leverage)
    1. 財務レバレッジ比率(Financial Leverage Ratio)
    2. 利益の財務レバレッジ(DFL: Degree of Financial Leverage)
    3. 経営レバレッジ(DOL: Degree of Operating Leverage)
    4. 総合レバレッジ(DTL: Degree of Total Leverage)
    5. ギアリング比率
    6. 企業体力
    7. 有形固定資産減価償却率
  2. ソルベンシー(Solvency)
    1. B/S貸方(資本構成のバランス最適化を見る→広義ではレバレッジに含まれる)
      1. DEレシオ(Debt to Equity)
        1. ネットDEレシオ(Net Debt to Equity)
        2. 長期負債対自己資本比率(Long-term Debt to Equity Ratio)
      2. 負債対総資産比率(Debt to Total Assets)
      3. 自己資本比率
      4. 株主資本比率
      5. 総キャピタリゼーション比率
      6. 有利子負債依存度
      7. 利益剰余金比率
      8. 総資本留保利益率
      9. リスクバッファー比率
    2. B/S(資金運用と資金調達のバランス最適化を見る)
      1. 固定比率(Fixed Ratio)
      2. 固定長期適合率(Fixed Assets Ratio)
    3. B/S(ストックから返済余裕度を見る)
      1. 現預金借入金比率
      2. デットキャパシティレシオ(DCR: Debt Capacity Ratio)
    4. B/SとP/L(フローから返済余裕度を見る)
      1. 負債回転期間
      2. 借入金月商倍率
      3. 経常収支比率(→資金管理へ)
      4. EBITDA有利子負債倍率
    5. B/SとC/S(C/F)(キャッシュフローから返済余裕度を見る)
      1. 営業CF対流動負債比率
      2. 営業CF対固定負債比率
      3. 債務償還年数
    6. P/L(フローから利払いの余裕度を見る)
      1. インタレスト・カバレッジ・レシオ(Interest Coverage Ratio)
      2. 固定費用カバレッジ・レシオ(Fixed Charge Coverage Ratio)
      3. 売上高純金利負担率
      4. 売上高支払利息率
      5. 損益分岐点売上高(→CVP分析/損益分岐点分析へ)
      6. 安全余裕率(→CVP分析/損益分岐点分析へ)
      7. 損益分岐点比率(→CVP分析/損益分岐点分析へ)
    7. P/Lとキャッシュフローから返済余裕度を見る
      1. 固定費用対キャッシュフロー倍率(Cash Flow to Fixed Charges)

収益性分析 Profitability

・企業収益を獲得できる能力水準を測定する指標
・収益獲得に用いる経営資源の捉え方で、P/L、B/S、S/S、C/S(C/F)いずれの数値を用いるかが決まる

  • 売上高総利益率(Gross Profit Margin)
  • 売上高営業利益率(Operating Profit Margin)
  • 売上高純利益率(Net Profit Margin)
  • EBITDAマージン(EIBTDA Margin)
  • 総資産利益率(ROA)
  • 自己資本利益率(ROE: Return on Equity)
  • 投下資本利益率(ROIC: Return on Invested Capital)
  • 普通株主持分利益率(Return on Common Equity)
  • 株主資本配当率(DOE: Dividend on Equity Ratio)
  • 売上高連単倍率(Consolidated/non-consolidated Ratio of Sales)
  1. P/L主体(営業取引の収益性)
    1. 売上高原価率
    2. 売上高総利益率(Gross Profit Margin)
    3. 売上高貢献利益率(Contribution Margin Ratio)(売上高限界利益率)(→CVP分析/損益分岐点分析へ)
    4. 営業レバレッジ | オペレーティングレバレッジ(→経営レバレッジ健全性分析
    5. 売上高営業利益率(Operating Profit Margin)(ROS: Return on Sales)
      1. 売上高販管費比率
      2. 売上高研究開発費率
      3. 売上高減価償却費率
      4. 売上高設備投資比率
    6. オペレーティングマージン(OM: Operating Margin)
    7. 営業費用売上比率
    8. 売上高事業利益率
    9. 売上高経常利益率
    10. 税引前当期純利益率
    11. 売上高純利益率(Net Profit Margin)
    12. EBITDAマージン(EBITDA Margin)
  2. P/LとB/S(投資収益性)
    1. 利益ポテンシャル(PP: Profit Potential)
    2. 総資産利益率(ROA: Return on Assets)
    3. 総資本利益率(ROTC: Return on Total Capital)
    4. 自己資本利益率(ROE: Return on Equity)
    5. 投下資本利益率(ROIC: Return on Invested Capital)
    6. 総資本売上総利益率
    7. 総資本営業利益率
    8. 総資本経常利益率
    9. 総資本税引前当期純利益率
    10. 総資本当期純利益率(→総資産利益率(ROA: Return on Assets)
    11. 経営資本営業利益率
    12. 使用資本利益率(ROCE: Return on Capital Employed )
  3. P/LとB/SとS/S(株主目線の投資収益性)
    1. 普通株主持分利益率(ROCE: Return on Common Equity)
      • 通常、「ROCE」との表記は「使用資本利益率」を指すことが多い
    2. 株主資本配当率(DOE:Dividend on Equity Ratio)
  4. グループ経営
    1. 売上高連単倍率
    2. 総資産連単倍率
    3. 当期純利益連単倍率

効率性分析 Activity

・投下される経営資源が限界的に獲得する収益を最大にする使われ方をしているかを評価する
・投下資本の回転率および回転期間を見る方法と、一定期間に上げる収益との対比でみる方法がある

  • 売上債権回転率(Accounts Receivable Turnover Ratio)
  • 売上債権回転日数(Day’s Sales in Receivables)
  • 売上債権回転月数(Accounts Receivable Turnover on a Monthly Basis)
  • 不良債権比率(Provision for Doubtful Accounts Ratio)
  • 棚卸資産回転率(Inventory Turnover Ratio)
  • 棚卸資産回転日数(Day's Sales in Inventory)
  • 棚卸資産回転月数(Inventory Turnover on a Monthly basis)
  • 仕入債務回転率(Accounts Payable Turnover Ratio)
  • 仕入債務回転日数(Day’s Purchases in Payables)
  • 仕入債務回転月数(Accounts Payable turnover on a Monthly Basis)
  • 営業サイクル(Operating Cycle)
  • キャッシュ・コンバージョン・サイクル(Cash Conversion Cycle)
  • 総資産回転率(Total Asset Turnover)
  • 無形固定資産回転率(Intangible Fixed Asset Turnover)
  • 交叉比率/ 交差比率(Ratio of Gross Margin to Investment)
  • 商品投下資本粗利益率(GMROI: Gross Margin Return on Inventory Investment)
  1. 運転資本管理
    1. 売上債権
      1. 売上債権回転率(Accounts Receivable Turnover Ratio)
      2. 売上債権回転日数(Day’s Sales in Receivables Average Collection Period)
      3. 売上債権回転月数(Accounts Receivable Turnover on a Monthly Basis)
      4. 不良債権比率(Provision for Doubtful Accounts Ratio)
    2. 棚卸資産(在庫)
      1. 棚卸資産回転率(Inventory Turnover Ratio)
      2. 棚卸資産回転日数(Day’s Sales in Inventory)
      3. 棚卸資産回転月数(Inventory Turnover on a Monthly basis)
    3. 仕入債務(買入債務)
      1. 仕入債務回転率(Accounts Payable Turnover Ratio)
      2. 仕入債務回転日数(Day’s purchases in Payables)
      3. 仕入債務回転月数(Accounts Payable turnover on a Monthly Basis)
    4. 営業サイクル(Operating Cycle)
    5. キャッシュ・コンバージョン・サイクル(Cash Conversion Cycle)
    6. 回転差資金
  2. 回転率管理
    1. 総資産回転率(Total Asset Turnover)
    2. 固定資産回転率
    3. 有形固定資産回転率(Tangible Fixed Asset Turnover)
    4. 無形固定資産回転率(Intangible Fixed Asset Turnover)
    5. 経営資本回転率
    6. 流動資産回転率
    7. 運転資本回転率
    8. 現金預金回転率
    9. 手元流動性回転率
    10. 自己資本回転率
    11. 株主資本回転率
    12. 投下資本回転率
    13. 営業運転資本回転期間
  1. 在庫政策
    1. 交叉比率/交差比率(Ratio of Gross profit to Inventory Investment)
    2. 商品投下資本粗利益率(GMROI: Gross Margin Return on Inventory Investment)

生産性分析 Productivity

・企業活動により生み出された付加価値に対する分析を行う
・経営活動に投下される経営資源一単位当たりの付加価値を測定する
・企業活動によって生み出された付加価値の最適な再分配を評価する

  • 付加価値(Value Added)
  • 付加価値率(Value Added Ratio)
  • 資本生産性(Capital Productivity)
  • 労働生産性(Labor Productivity)
  • 一人当たり売上高(Sales per Employee)
  • 一人当たり利益(Profit per Employee)
  • 一人当たり人件費(Labor Expense per Employee)
  • 一人当たり付加価値(Value Added per Employee)
  • 使用総資本投資効率(Value Added per Total Assets)
  • 労働装備率(Working Tangible Fixed Assets per Employee)
  • 資本集約度(Total Assets per Employee)
  • 労働分配率(Labor Expense to Value Added Ratio)
  • 株主分配率(Return on Valued Added)
  • 公共分配率(Taxes per Valued Added)
  • 生産性分析/付加価値分析の展開式のまとめ
  1. 付加価値
    1. 付加価値(Value Added)
    2. 付加価値率(Value Added Ratio)
  2. 単位当たり生産性
    1. 資本生産性(Capital Productivity)
    2. 労働生産性(Labor Productivity)
      1. 従業員平均年齢
      2. 従業員平均勤続年数
      3. 従業員平均年間給与(→一人当たり人件費(Labor Expense per Employee)
      4. 面積当たり人員数
    1. 一人当たり売上高(Sales per Employee)
    2. 一人当たり利益(Profit per Employee)
      1. 一人当たり売上総利益
      2. 一人当たり経常利益
      3. 一人当たり当期純利益
      4. 一人当たり営業CF
    3. 一人当たり人件費(Labor Expense per Employee)
      1. 人件費スプレッド
    4. 一人当たり付加価値(Value Added per Employee)
    5. 使用総資本投資効率(Value Added per Total Assets)
    6. 設備投資効率(Value Added per Working Tangible Fixed Assets)
    7. 労働装備率(Working Tangible Fixed Assets per Employee)
    8. 資本集約度(Total Assets per Employee)
  3. 付加価値の分配
    1. 労働分配率(Labor Expense to Value Added Ratio)
    2. 株主分配率(Return on Valued Added)
    3. 公共分配率(Taxes per Valued Added)
  4. 生産性分析/付加価値分析の展開式のまとめ

市場指標 Stock Market

・特に上場企業において、株式指標と財務指標の関係を明らかにする
・株価(市場価格)の割安性またはファンダメンタルズ分析による適正価格をみる
・株価・株式発行総数・株主還元など、株主政策の適否を評価する

  • 一株当たり純資産(Book Value per Share)
  • 一株当たり利益(Earnings per Share)
  • 一株当たり配当金(DPS: Diviend per Share)
  • 一株当たりキャッシュフロー(CFPS: Cash Flow per Share)
  • 一株当たり売上高(SPS: Sales per Share)
  • 株価純資産倍率(Price to Book Value Ratio)
  • 株価収益率(Price Earnings Ratio)
  • 株価EBITDA倍率(Price EBITDA Ratio)
  • 株価キャッシュフロー倍率(PCFR: Price Cash Flow Ratio)
  • 株価売上高倍率(PSR: Price Sales Ratio)
  • ネットキャッシュ倍率(Net Cash Magnification)
  • 株式益回り(Earnings yield)
  • 配当利回り(Dividend Yield)
  • 株主総利回り(TSR: Total Shareholders Return)
  • イールドスプレッド(Yield Spread)
  • イールドレシオ(Yield Ratio)
  • 配当性向(Dividend Payout Ratio)
  • 総還元性向(Total Payout Ratio)
  • 内部留保率(Retention Ratio)
  • トービンのq(Tobin’s q theory)
  • 株価 = EPS × PER
  1. 一株指標
    1. 一株当たり純資産(BPS: Book Value per Share)
    2. 一株当たり利益(EPS: Earnings per Share)
    3. EPS成長率
    4. 一株当たり配当金(DPS: Dividend per Share)
    5. 一株当たりキャッシュフロー(CFPS: Cash Flow Per Share)
    6. 一株当たり売上高(SPS: Sales Per Share)
  2. 株価倍率指標
    1. 株価純資産倍率(PBR: Price to Book Value Ratio)
    2. 株価収益率(PER: Price Earnings Ratio)
    3. 株価EBITDA倍率(Price EBITDA Ratio)
    4. 株価キャッシュフロー倍率(PCFR: Price Cash Flow Ratio)
    5. 株価売上高倍率(PSR: Price Sales Ratio)
    6. ネットキャッシュ倍率(Net Cash Multiple Ratio)
  3. 株価利回り
    1. 株式益回り(Earnings Yield)
    2. 配当利回り(Dividend Yield)
    3. 株主総利回り(TSR: Total Shareholders Retuen)
    4. イールドスプレッド(Yield Spread)
    5. イールドレシオ(Yield Ratio)
  4. 株主還元政策
    1. 配当性向(Dividend Payout Ratio)
    2. 総還元性向(Total Payout Ratio)
    3. 内部留保率(Retention Ratio)
    4. 連続増配期間
    5. 配当金支払額成長率
  5. 株主構成政策
    1. 外国人持株比率
    2. 個人株主比率
  6. M&A政策(買収価格算定)
    1. EV(企業価値)
    2. EV/EBITDA倍率
    3. EV/EBIT倍率
    4. EV/FCF倍率
    5. EV/売上高倍率
    6. トービンのq(Tobin’s q theory)
    7. M&Aレシオ
    8. FCF理論株価倍率
    9. 40%ルール(The rule of 40%)
  7. PBR = ROE × PER
  8. 理論株価 = PER × BPS × ROE
  9. 株価 = EPS × PER
  10. ミックス係数 = PBR × PER
  11. PEGレシオ

コメント