歴代日本銀行総裁 Governors of the Bank of Japan を追加しました

差異分析と例外管理 Variance & Management by Exception

差異分析と例外管理 Variance & Management by Exceptionマネジメント
差異分析と例外管理 Variance & Management by Exception

差異分析と例外管理 Variance & Management by Exception

実際原価を標準原価と比較して原価差異を計算することは、企業にとって、原価そのものと実際に行われた原価管理プロセスに対する分析を可能にする。

実際原価と標準原価の間にとても大きな差異が発生した場合、原価管理プロセスの何かが間違っていたのか、それとももっと注意を払うべき事象が起きていたかについて、警鐘を鳴らしてくれる。

差異分析の結果が特定され、適切なレベルで企業内の各層に報告されるシステムが内在していれば、一回標準を設定するだけで、企業は、例外管理(Management by exception)を実施することができる。

例外管理は、実績値と予算値(または計画値)の間に何か重大な差異が認められた場合に限り、マネジャーが注意喚起できるように、警報システム(組織内に問題発生を知らせる仕組み)を起動してくれる。

例外管理の仕組みは、最も大きな差異をマネジャーの注意を最優先で払うべきものとして定義する。

  1. 不利差異のサインを用いることで、問題個所を特定でき、マネジメントの時間をその問題解決に集中させることができる
  2. 有利差異のサインを見せた部門/部署を調べることで、他の部門でも業績アップにつながる新しい施策や手順を適応できる可能性が高くなる
  1. ネガティブなトレンドが続く最初の段階で、不利差異がマネジャーの注意を引く程十分に大きくないと、その不利差異が見逃され続ける危険性がある
  2. 仮にあまりに多くの不利差異が一度に発生してしまうと、例外管理の対応では、現場対応が後手に回り、現場がいたずらに混乱し、全ての問題を一気に解決することはあまりに複雑な手順になり、結局、問題は解決しなくなる恐れがある
  3. 有利差異が”有利”であるがために、マネジャーから見逃されてしまえば、企業全体にとって大いにカイゼンできる好機を逃すことになるかもしれない

業績管理 Performance Management業績管理 Performance Management 体系

1原価差異Cost & Variance Measures
2責任会計Responsibility Centers & Reporting Segments
3業績指標Performance Measures

コメント