EV/FCF倍率 追加しました
PR

東南部アフリカ市場共同体(COMESA)

東南部アフリカ市場共同体(COMESA) 分類する
東南部アフリカ市場共同体(COMESA)

概要

東南部アフリカ市場共同体(COMESA)は、東南部アフリカ諸国を中心に19か国が加盟する地域機関である。1994年12月に加盟国間の関税や非関税障壁の削減により域内での安定した経済・貿易圏の形成を目的として設立された。ザンビアの首都ルサカに事務局を置く。

  • 英語 COMESA: Common Market for Eastern and Southern Africa
  • 仏語 Marché commun de l’Afrique orientale et australe
  • ポルトガル語 Mercado Comum da África Oriental e Austral

COMESAは、年一回の首脳会合をはじめ、閣僚理事会、政府間委員会等を実施しており、近年では域内の貿易自由化、税関手続き、輸送行政及び投資環境の整備について議論するなど、広域的対応を要する課題に取り組んでいる。

COMESAは、1981年以来存在していた特恵貿易地域(FTA)に代わって、1994年12月8日に設立された。2008年には、他の2つのアフリカ貿易圏、東アフリカ共同体(EAC)南部アフリカ開発共同体(SADC)のメンバーを含む自由貿易地域の拡大に合意した。また、観光産業の発展加速のための共通ビザ制度も検討している。

地域経済共同体(RECs)

アフリカ連合(AU)には、1991年のアブジャ条約に基づき、地域経済共同体(RECs: the Regional Economic Communities)と呼ばれる8つのサブ地域組織が設定されており、COMESAはそのうちのひとつである。

地域経済共同体(RECs)は、自由貿易地域、関税同盟、単一市場、中央銀行、共通通貨の創設を目指して経済通貨同盟を確立ことを目的とするアフリカ連合(AU)を構成するアフリカ経済共同体(AEC: African Economic Community )の8つの柱でもある。

  1. サヘル・サハラ諸国国家共同体(CEN-SAD/COMESSA) サヘル・サハラ諸国国家共同体(CEN-SAD)
  2. 東南部アフリカ市場共同体(COMESA) 東アフリカと南部アフリカの共通市場(COMESA)
  3. 東アフリカ共同体(EAC)East African Community 東アフリカ共同体(EAC)
  4. 中部アフリカ諸国経済共同体(ECCAS/CEEAC) 中央アフリカ諸国経済共同体(ECCAS/CEEAC)
  5. 西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)エコワス 西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)
  6. 政府間開発機構(IGAD) 政府間開発機関(IGAD)
  7. 南部アフリカ開発共同体(SADC) 南部アフリカ開発共同体(SADC)
  8. アラブ・マグレブ連合(AMU/UMA) アラブ・マグレブ連合(AMU/UMA)

沿革

1981年:東部アフリカ地域に特恵貿易地域(PTA: Preferential trading area)が設定
1994年:東南部アフリカ市場共同体(COMESA)が設立
2000年:加盟国9か国間(ジブチ、エジプト、ケニア、マダガスカル、マラウイ、モーリシャス、スーダン、ザンビア、ジンバブエ)で自由貿易協定が調印
2004年:ルワンダジブチが自由貿易協定に参加
2006年:コモロリビアが自由貿易協定に参加
2008年:COMESAがアフリカ広域自由貿易協定に参加
2009年:セーシェルが自由貿易協定に参加

組織

  • COMESA Authority(国家元首または政府元首で構成され、COMESAの最高の政策決定機関)
  • COMESA閣僚評議会
  • COMESA司法裁判所
  • 中央銀行総裁委員会
  • PTA銀行(東南アフリカ貿易開発銀行)
  • COMESAクリアリングハウス(清算機関)
  • COMESA商業銀行協会
  • COMESA Leather Institute
  • COMESA Re-Insurance Company (ZEP-RE)
  • 地域投資庁
  • COMTELプロジェクト(地域通信インフラの整備)

原加盟国(1981年)PTA設定

時期状況メンバーシップ
1981.12.21PTA設定ジプチ、エチオピア、ソマリア(PTA)、スーダン、コモロ、マダガスカル、
モーリシャス、ブルンジ、ケニア、マラウイ、ルワンダ、ウガンダ、
スワジランド(現エスワティニ)、ザンビア、ジンバブエ、
ザイール(現コンゴ民主共和国)
1994.12.8COMESA設立エリトリア
1999.1.6新規加盟エジプト
2001新規加盟セーシェル
2005.6.3新規加盟リビア
2018.7.18新規加盟チュニジア
2018.7.19新規加盟ソマリア(COMESA)

●元加盟国

時期状況メンバーシップ
1997脱退レソト、モザンビーク
2000.9.2脱退タンザニア
2004.5.2脱退ナミビア
2007脱退アンゴラ

ジブチ共和国
Republic of Djibouti

  • 国土面積は23,200km2(四国の約1.3倍)で世界146位、人口は99万人で世界157位
  • 共和制、直接選挙で選出される大統領が国家元首、首相と閣僚は大統領が任命、一院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界158位、購買力平価(PPP)で世界166位
ジブチ共和国 Republic of Djibouti

●首都
ジブチ市

エチオピア連邦民主共和国
Federal Democratic Republic of Ethiopia

  • 国土面積は1,129,300.4km2(日本の約3倍)で世界26位、人口は1億1366万人で世界12位
  • 連邦共和制、下院により選出される大統領が国家元首、議院内閣制、上院(連邦院)・下院(人民代表院)の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界62位、購買力平価(PPP)で世界70位

ソマリア連邦共和国
Federal Republic of Somalia

  • 国土面積は637,657km2(日本の約1.8倍)で世界45位、人口は1239万人で世界78位
  • 連邦共和制、大統領が国家元首、首相は議会の承認を得て大統領によって任命、上院(上院)とソマリア国民議会(下院)の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は(不明)、購買力平価(PPP)で世界148位

スーダン共和国
The Republic of the Sudan

  • 国土面積は1,846,972km2(日本の約5倍)で世界16位、人口は4796万人で世界30位
  • 共和制、2019.4.11に軍事クーデター、2019.8.21、暫定軍事評議会の代わりに11カ国からなる主権評議会議長が国家元首、立法評議会を設立準備中
  • 名目国内総生産(GDP)は世界96位、購買力平価(PPP)で世界69位
スーダン共和国 The Republic of the Sudan

●首都
ハルツーム

コモロ連合
Union of Comoros

  • 国土面積は2,235km2(ほぼ東京都大)で世界169位、人口は85万人で世界164位
  • 連邦共和制、3島から輪番制で選出される大統領が国家元首、首相職は2002.4.15に廃止、コモロ連合議会の一院制
  • 名目国内総生産(GDP)は11億7,900万ドル、購買力平価(PPP)で26億1,900万ドル
コモロ連合 Union of Comoros

●首都
モロニ

マダガスカル共和国
Republic of Madagascar

  • 国土面積は587,040km2(日本の約1.6倍)で世界45位、人口は2769万人で世界51位
  • 共和制、直接選挙で選出される大統領が国家元首、半大統領制、首相は大統領が任命、上院・下院の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界125位、購買力平価(PPP)で世界115位

モーリシャス共和国
Republic of Mauritius

  • 国土面積は2040km2(ほぼ東京都大)で世界170位、人口は127万人で世界154位
  • 共和制、国民議会から選出される大統領が国家元首、議院内閣制、国民議会の一院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界134位、購買力平価(PPP)で世界132位

ブルンジ共和国
Republic of Burundi

  • 国土面積は27,830km2で世界147位、人口は1189万人で世界79位
  • 共和制、直接選挙で選出される大統領が国家元首で首相と閣僚を任命、上院と国民議会(下院)の二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界159位、購買力平価(PPP)で世界156位
ブルンジ共和国 Republic of Burundi

●首都
ギテガ(政治)
ブジュンブラ(経済)

ケニア共和国
Republic of Kenya

  • 国土面積は580,367km2(日本の約1.5倍)で世界49位、人口は5377万人で世界27位
  • 共和制、直接選挙で選出される大統領が国家元首で内閣の長、2013年より二院制
  • 名目国内総生産(GDP)は世界61位、購買力平価(PPP)で世界73位
ケニア共和国 Republic of Kenya

●首都
ナイロビ

マラウイ共