「業界の分類」2022年版に更新しました

国家の興亡史【カリブ海】- さかのぼり年表

国家の興亡史【カリブ海】- さかのぼり年表リベラルアーツ
国家の興亡史【カリブ海】- さかのぼり年表
国家の興亡史【カリブ海】- さかのぼり年表
国家の興亡史【カリブ海】- さかのぼり年表
  • ダウンロード元は当サイトと同じサーバ内です。
  • 当サイトは、GDPR他のセキュリティ規則に則って運営されています。
  • ダウンロードしたファイルは自由に改変して頂いて構いません。商用目的の再配布はご遠慮ください。
  • 内容に関するご質問などは、こちらからお願いします。

地域の概要

カリブ諸国(Caribbean)は、メキシコ湾と南アメリカ大陸に挟まれた海域に点在する島々とその周辺地域からなる。

一般的には、キューバ、バハマ、ジャマイカ、ハイチ、ドミニカ共和国、セントクリストファー・ネービス、アンティグア・バーブーダ、ドミニカ国、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、バルバドス、グレナダ、トリニダード・トバゴの13か国を指す。

この地域は、上記の独立国以外に、イギリス、アメリカ、フランス、オランダに属する地域(島)が複数存在し、合わせて30の主権国家、海外県、属領から成る。

カリブプレート上に、700以上の島嶼、岩礁、キー(サンゴ礁上の低い島)などが点在し、北東から大アンティル諸島、南および東側の小アンティル諸島まで島弧状に連なっている。

元々先住民族が暮らしていたが、1502年にクリストファー・コロンブスをはじめとする欧州人による「新大陸発見」により、西欧文明の強い影響下に置かれるようになった。

メスティーソ(先住民と欧州人の混血)を中心として、白人、黒人(アフリカからの奴隷がルーツ)、先住民からなる多民族国家が多い。

13の独立国のうち、2か国がスペインから、1か国がフランスから、残り10か国がイギリスから独立を果たした。

バハマ以外のイギリスの宗主国だった9か国は、イギリスの統治上の理由で統一的な独立国の形成を狙いに英領西インド諸島連邦を構成(1958 – 1962)していたが、連邦を解消後にそれぞれバラバラに独立することになった。

大土地所有者から解放奴隷まで貧富の差が激しく、政情が不安定な国や長期政権・独裁政権の国が併存するなど、政治的にも多様性を持つ社会である。

中米と同様、アメリカ合衆国による政治的・軍事的・経済的干渉が強く残り、プランテーション経営などの経済的結びつきが強かった親米政権と、民族主義者や共産主義者に多い嫌米政権との間で激しい政争やクーデターも頻発している。

さかのぼり年表

スクロールによって年表の全体を確認できる。
全体を俯瞰してみたい方は、表題下のダウンロードボタンから、Excelファイルをダウンロードすることをお勧めする。
さかのぼり年表」なので、より新しい年代が上になっている。年代順(より古い年代を上)への並べ替えなど、Excelの標準機能はそのまま利用可能になっている。
さかのぼり年表」の形態をとるのは、現在の国家が成立するまでの軌跡を逆に辿ることで歴史上の新しい気づき を得るため。

凡例
■国名
●指導者
◆事件/できごと
★首都

タイムスパン
A.D. 1900 – 現在:1年
A.D. 1500 – A.D. 1890:10年
3000 B.C. – A.D. 1450:50年

横の国の並び
原則として首都の経度の大きさ順に西から東へ並べている
ただし、カリブ海地域は、大アンティル諸島から小アンティル諸島にかけて、円弧状に立地しているため、キューバから初めて、トリニダードトバコまで、ほぼ円弧に沿って配置している
キューババハマジャマイカハイチドミニカ共和国セントクリストファー・ネービスアンティグア・バーブーダドミニカ国セントルシアセントビンセントおよびグレナディーン諸島バルバドスグレナダトリニダード・トバゴ

各国の概要

キューバ共和国
Republic of Cuba

バハマ国
Commonwealth of The Bahamas

ジャマイカ
Jamaica

ハイチ共和国
Republic of Haiti

ドミニカ共和国
Dominican Republic

アンティグア・バーブーダ
Antigua and Barbuda

セントクリストファー・ネービス
Saint Christopher and Nevis

ドミニカ国
Commonwealth of Dominica

セントルシア
Saint Lucia

セントビンセント及びグレナディーン諸島
Saint Vincent and the Grenadines

バルバドス
Barbados

グレナダ
Grenada

トリニダード・トバゴ共和国
Republic of Trinidad and Tobago

参考

コメント