ファイナンシャルマネジメント シリーズ始めました

世界史年表 世紀別/地域別(紀元前13世紀)

世界史年表 世紀別/地域別(紀元前13世紀)リベラルアーツ
『アニのパピルス』世界史年表 世紀別/地域別(紀元前13世紀)

紀元前13世紀(1300 B.C. – 1201 B.C.)の世界

世界

西欧

・青銅器文明

メソポタミア

・アナトリア(小アジア)
ヒッタイト新王国(1430 B.C.頃 – 1180 B.C.頃)

・バビロン第3王朝(1595 B.C.頃 – 1155 B.C.頃)
カッシート王朝

・アッシリア(1450 B.C.頃 自立)

エジプト

・エジプト新王国(1570 B.C.頃 – 1070 B.C.頃)
・第19王朝(1293 B.C.頃 – 1185 B.C.頃)

カデシュの戦いの頃のエジプト帝国とヒッタイト帝国 Creative Commons

エーゲ海

後期ミケーネ文明(1400 B.C.頃 – 1100 B.C.頃)

インド

・各地でインダス文明衰退後の文化の地方化が進む

中国

・殷(商)王朝(1600 B.C. – 1027 B.C.)

日本

・縄文時代晩期

年表

※横スクロールで全体を確認できます

年代西欧/アメリカ東欧中東/アフリカインド北アジア中国朝鮮日本
1300 B.C.
– 1291 B.C.
1300頃:
シチリア東部にイタリック
系シケル人が定住



1300頃:
黒海東南にグルジア人による
コルキス王国が成立



1300頃:
アッシリア王アダド・ニラリ1世がミタンニ王
ワシャサッタを破り首都タイデを占領

1293頃:
エジプト第19王朝が起こる
1300頃:
殷の盤庚が黄河南岸の
亳(殷)に遷都



1290 B.C.
– 1281 B.C.
1290頃:
エジプト王ラムセス2世が即位、テーベから
ナイル川デルタ地帯のペル・ラムセスに遷都
1280 B.C.
– 1271 B.C.
1274:
カデシュの戦い
エジプト(ラムセス2世)とヒッタイト
(ムワタリ2世)とがシリアの支配権を賭け
オロンテス川河畔のカデシュで戦う
1270 B.C.
– 1261 B.C.
1269:
エジプト・ヒッタイト平和条約の締結

1263頃:
アッシリア王シャルマネセル1世がミタンニ王
シャトゥアラ2世を撃破し領土を完全に併合
1260 B.C.
– 1251 B.C.
1260年:
モーセがファラオの迫害に苦しむイスラエルの
民を率いてエジプトを脱出(出エジプト記
に基づく有力説の一つ)
1250 B.C.
– 1241 B.C.
1250頃:
メソアメリカ・オルメカの
サン・ロレンソの繁栄
始まる








1250頃:
ミケーネのアトレウスの宝庫
(アガメムノンの墓:蜂窩状墳墓
/円形墳墓/トロス)が建設








1250頃:
エジプト「死者の書」の代表作
『アニのパピルス』が作られる

エラム王ウンタシュ・ナピリシャにより
チョガ・ザンビール遺跡のジッグラト
が建設

1244頃:
・エジプト
ラムセス2世によるアブ・シンベル神殿
が完成
1240 B.C.
– 1231 B.C.
1237頃:
ニフリヤの戦い
アッシリア王トゥクルティ・ニヌタ1世が
ヒッタイトの王トゥドハリヤ4世に勝利

1235頃:
アッシリア王トゥクルティ・ニヌルタ1世が
カッシートの王カシュティリアシュ4世を
捕縛しバビロニアを征服
→『トゥクルティ・ニヌルタ英雄叙事詩』
が編纂
1230 B.C.
– 1221 B.C.
1220 B.C.
– 1211 B.C.
1210 B.C.
– 1201 B.C.
1208頃:
エジプト王メルエンプタハがペルイレルの戦い
でリビア人と「海の民」連合軍に勝利

アッシリアのトゥクルティ・ニヌルタ1世が暗殺
される
→アッシリアは停滞期に入る
1200頃:
殷の23代王武丁の時代(武丁中興)





参考情報

受験勉強や歴史の学び直しをしたい方へ

歴史の学び直しには最適。

受験当時から学説や学習指導要領が変わっているので、基本事項の確認は常に必要!

年表で時系列に縦読み、歴史地図で空間軸で横読みが一冊で可能に!

もう少しスケールの大きい歴史を学びたい方へ

150億年前の宇宙誕生から第2次世界大戦まで。

時間スケールの違和感に脳が震えること間違いなし!

認知革命・農業革命から誕生したホモ・サピエンスの文明史。

世界40か国でベストセラーになった。

1998年にピューリッツァー賞(一般ノンフィクション部門)とアベンティス科学図書賞を受賞した名著。

現在、一部の先進国と呼ばれている国々が成功した要因が、その国々が置かれた自然環境にあるという分析。

もちろん、それぞれの国(文明)がどういう軌跡をたどって発展してきたか、歴史学的観点からも楽しめる。

コメント