「業界の分類」2022年版に更新しました

株式投資に役立つ定番サイトまとめ(Stock Investment)

株式投資に役立つ定番サイトWeb メディア
株式投資に役立つ定番サイト

銘柄検索系

銘柄のスクリーニングと指標のモニタリングは投資の鉄則

  1. 株式銘柄をファンダメンタルズ分析でスクリーニングするのに便利な定番サイト
  2. 株式銘柄を業種・産業動向別にスクリーニングするのに便利な定番サイト
  3. 株式銘柄をテーマ別にスクリーニングするのに便利な定番サイト
  4. 株価指標・マーケット情報のモニタリングに便利な定番サイト
株式銘柄をファンダメンタルズ分析でスクリーニングするのに便利な定番サイト
個別銘柄のスクリーニングについて日本国内の市場に上場する企業数は、2020/11/16 時点で、3,728社になる。機関投資家・個人投資家を問わず、自身のポートフォリオを最良のものにするために、この中から自身のポートフォリ...
株式銘柄を業種・産業動向別にスクリーニングするのに便利な定番サイト
個別銘柄のスクリーニングについて日本国内の市場に上場する企業数は、2020/11/16 時点で、3,728社になる。機関投資家・個人投資家を問わず、自身のポートフォリオを最良のものにするために、この中から自身のポートフォリ...
株式銘柄をテーマ別にスクリーニングするのに便利な定番サイト
個別銘柄のスクリーニングについて日本国内の市場に上場する企業数は、2020/11/16 時点で、3,728社になる。機関投資家・個人投資家を問わず、自身のポートフォリオを最良のものにするために、この中から自身のポートフォリ...
株価指標・マーケット情報のモニタリングに便利な定番サイト
グラフやチャート、統計表でチェック世界の株価と日経平均先物主な指標世界株価(日経平均、NYダウ、中国上海総合、英FTSE100)の複合チャート日経平均先物(大取、SGX、CME)日経平均(先物、TOPIX、MOTHERS、...

マーケット分析系

市場は、業種別/地域別/業態別/商品・サービス別などで類似性・相似性を把握していると、見通しが良くなる

  1. 産業分類・業種分類
  2. 業界の分類
  3. 秀和システム「図解入門業界研究」シリーズで人気業界を探る
  4. 業態・フォーマットの分類
  5. 商品分類・サービス分類
  6. 新興国市場のグループ分類
産業分類・業種分類
代表的な産業分類・業種分類就活の際の企業研究、統計分析、株式投資、各種マスタ・コード作成のために、世の中に既に存在しており、比較的入手しやすい産業分類・業種分類をまとめている。産業分類・業種分類作成元日本標準産業分類総務省...
業界の分類
業界と業種の違いの再確認「業界」は、①同じ産業を営む人々、②同じ職種の営む人々、③同じ製商品を取り扱う人々が構成する仲間・社会・集合という意味。その企業がどんな製商品を取り扱い、どういう形態で顧客に提供するかという視点で分...
秀和システム「図解入門業界研究」シリーズで人気業界を探る
「図解入門業界研究」の出版動向を業種分類に当てはめる書店で見かける「図解入門業界研究」シリーズ。これだけ冊数があると、どれくらいの業界を網羅しているのか、はたまた、出版社のマーケティング戦略により、人気業種がどれくらい絞り込まれて...
業態・フォーマットの分類
業種との違い業態・フォーマットとは、品揃えの特徴と顧客へのアプローチの違いによる店の分類。同じ品種を扱っていても、商品構成や価格帯が違えば、御客の来店目的や頻度が変わる。結果として、その店の商圏人口や多店化力も異なってくる...
商品分類・サービス分類
代表的な商品分類マーケティング、商品企画、統計分析、株式投資、各種マスタ・コード作成のために、世の中に既に存在しており、比較的入手しやすい商品分類・サービス分類をまとめている。商品分類・サービス分類作成元日本標準商品分類(...
新興国市場のグループ分類
新興国市場日欧米などの先進国に対し、現在の経済水準はまだ低いものの経済発展の初期にあって成長率が高い国々の証券市場を指す。地域的には、アジア、東欧、中南米、中東などの国々に注目が集まることが多い。プラス評価の最も大きいもの...

部門・部署別系

株式投資を業務の内側から知る

  1. 財務部の定番サイト(Finance)
  2. 経理部の定番サイト(Accounting)

マスメディア・出版系

株式投資の関連情報

  1. ビジネス雑誌 マネー・投資
  2. ビジネス雑誌 起業・開業・ベンチャー
  3. ビジネス雑誌 経理・税務・会計

コメント