税引前当期純利益率(IBIT Ratio)追加しました

[定点観測] 経営指標 企業ランキング2022.12.30

[定点観測] 経営指標 企業ランキングマネー・マーケット

企業の相対比較のために

株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。

  1. 株式関連指標
    1. PBR     PBR = 株価 ÷ BPS
    2. PER     PER = 株価 ÷ EPS
    3. ROE     PBR = ROE × PER
    4. 配当利回り  配当利回り = DOE ÷ PBR 
  2. 企業規模
    1. 時価総額   -経営資源(カネ)
    2. 有利子負債  -金融市場での信用規模
    3. 売上高    -取引市場での評価
    4. 総資産    -経営資源(モノ)
    5. 連結従業員  -経営資源(ヒト)
  3. 収益性
    1. 営業利益
    2. 当期利益
    3. 1株当たり当期利益(EPS)
    4. ROA(=当期利益 ÷ 総資産)
    5. 平均給与

・今回の定点観測時点:2022/12/30
・情報ソース:Yahoo! Finance 株式ランキング

株式関連 パフォーマンス指標

PBR

高PBR(実績)

今四半期も前回からランキングは大きく変動。下記以外はいずれも圏外からランクイン

バンク・オブ・イノベーション(5位→5位)

M&A総合研究所(4位→8位)

低PBR(実績)

地銀がランキング上位を占めている中、山村硝子が前四半期から引き続きランクイン(7位→4位)

その他、事業会社からは、GMB桂川電機がランクイン

高知銀行(2位→1位→1位)

宮崎太陽銀行(3位→2位→2位)

じもとホールディングス(圏外→6位→3位)

南日本銀行(3位→4位→5位)

千葉興業銀行(1位→3位→7位)

PER

高PER(会社予想)

主な変動は次の通り

エクサウィザーズ(1位→1位→1位):前期に引き続き圧倒的大差

THE WHY HOW DO COMPANY(3位→圏外→3位)

歌舞伎座(5位→4位→5位)

低PER(会社予想)

前四半期から引き続きランクインしているのは7社

海運が目立つ

ノーリツ鋼機(1位→3位→1位)

ホープ(圏外→1位→2位)

富士石油(圏外→4位→3位)

川崎汽船(2位→2位→4位)

プロクレアホールディングス(圏外→5位→5位)

商船三井(4位→7位→7位)

日本郵船(3位→6位→8位)

ROE

前四半期から引き続きランクインしているのは7社

フィスコ(1位→1位→1位)

サークレイス(2位→2位→2位)

川崎汽船(4位→3位→4位)

eWeLL(圏外→4位→7位)

日本パワーファスニング(6位→5位→8位)

日本郵船(7位→6位→9位)

藤田観光(8位→7位→10位)

配当利回り(会社予想)

前四半期から引き続きランクインしているのは7社

海運・建設が目を引く

商船三井(2位→2位→1位)

日本郵船(1位→1位→2位)

三井松島ホールディングス(圏外→6位→3位)

乾汽船(4位→3位→5位)

西松建設(9位→7位→7位)

川崎汽船(圏外→4位→8位)

企業規模 - プレゼンス

時価総額

主な変動は以下の通り

三菱UFJ(6位→6位→5位)

ソフトバンクグループ(7位→7位→6位)

KDDI(5位→5位→7位)

ファーストリテイリング(9位→8位→8位)

有利子負債

前四半期からの主な変動はなし

売上高

前四半期からの変動なし

総資産

前四半期から変動なし

連結従業員

データ更新されるも前四半期から順位変動なし

収益性

営業利益

前四半期から変動なし

当期利益

前四半期から変動なし

1株当たり当期利益(EPS)

前四半期からの主な変動は以下の通り

SMC(6位→3位→1位)

ノーリツ鋼機(8位→2位→2位)

エスケー化研(7位→4位→3位)

東京エレクトロン(3位→1位→4位)

川崎汽船(1位→5位→5位)

ファーストリテイリング(10位→6位→6位)

商船三井(圏外→7位→7位)

岡谷鋼機(9位→9位→8位)

日本郵船(2位→8位→9位)

ROA

前四半期からの主な変動は以下の通り

フィスコ(1位→1位→1位)

セレコーポレーション(2位→2位→3位)

ミズホメディー(3位→3位→4位)

川崎汽船(5位→4位→5位)

M&A総合研究所(9位→9位→6位)

eWeLL(圏外→5位→7位)

日本郵船(6位→6位→8位)

セレスポ(7位→7位→9位)

ネクストウェア(8位→8位→10位)

平均給与

前四半期からの主な変動は以下の通り

M&Aコンサルが凋落、総合商社・不動産の上位ランキングが目立つ

キーエンス(圏外→2位→1位)

ヒューリック(2位→3位→2位)

地主(3位→4位→3位)

光通信(圏外→5位→4位)

伊藤忠商事(4位→6位→5位)

三菱商事(圏外→7位→6位)

三井物産(圏外→8位→7位)

ソレイジア・ファーマ(圏外→9位→8位)

めぶきフィナンシャルグループ(圏外→10位→9位)

丸紅(6位→圏外→10位)

参考サイト

無料サービス

  • 株式ランキング|Yahoo! Finance

上記のグラフは、すべてここからソースデータを入手して加工

有償サービス

  • ランキング|マーケット|日本経済新聞

このページでは、さらに、下記データを参照することができる。

  • β(ベータ)値
  • 株式投資収益率:3年間のTSR(Total Shareholders Return)

日本経済新聞社のサイトでは、3年、5年、10年のTSRを簡単に見ることができる。TSRは、該当期間の配当収入と株価変更(月次ごとに測定)を合わせた収益率。

[定点観測] 経営指標 企業ランキング2022.12.30
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...
[定点観測] 経営指標 企業ランキング2022.9.30
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...
[定点観測] 経営指標 企業ランキング2022.6.30
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...
[定点観測] 経営指標 企業ランキング2022.3.31
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...
[定点観測] 経営指標 企業ランキング2021.12.30
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...
[定点観測] 経営指標 企業ランキング2021.9.30
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...
[定点観測] 経営指標 企業ランキング2021.3.31
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...
[定点観測] 経営指標 企業ランキング2020.12.30
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...
[定点観測] 経営指標 企業ランキング2020.9.30
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...
[定点観測] 経営指標 企業ランキング2020.6.17
企業の相対比較のために株式投資、M&A、ビジネス取引、業界分析、経営計画のために、相対的に企業を見ることができる肌感覚での数字感覚を養っておくために、大きな経済情勢の変化・相場変動があった場合に確認するためのリスト。...

コメント