EV/FCF倍率 追加しました
PR

ネットキャッシュフロー(NCF)対有利子負債比率

ネットキャッシュフロー(NCF)対有利子負債比率 経営分析
ネットキャッシュフロー(NCF)対有利子負債比率
NCF対有利子負債比率
NCF対有利子負債比率_v1
  • ダウンロード元は当サイトと同じサーバ内です。
  • 当サイトは、GDPR他のセキュリティ規則に則って運営されています。
  • ダウンロードしたファイルは自由に改変して頂いて構いません。
  • 本データの取り扱いは、原則としてMicrosoft サービス規約に準拠しています。
  • 内容に関するご質問などは、こちらからお願いします。

計算式

ネットキャッシュフロー対有利子負債比率は、ネットキャッシュフロー(NCF: Net Cash-flow)を有利子負債で割り算して求める。短期借入金、長期借入金や社債などに対して、その返済原資として想定されるNCFが何倍の規模だけ確保されているのかを示す。有利子負債に対するNCFの相対的大きさから、企業の返済能力を見る指標のひとつである。

日本語では分子分母の読み順を変えて「有利子負債NCF比率」と呼んでもほぼ同じ意味となる。

この指標の単位は「%」または「倍」で、企業が返済義務を負っている有利子負債の額が、NCFでどれだけ返済可能かを示す。この比率が高いほど、足下の返済能力の高さを意味するため、経営体質の安定性の目安となる。

であるから、この比率が大ききれば大きいほど、

❶返済能力が高い
❷現在の有利子負債の返済までの安全性が高い
❸有利子負債の積み増し余力がある

ことを示す。

\( \displaystyle \bf NCF対有利子負債比率=\frac{NCF}{有利子負債} \)


NCF 120
有利子負債 30
\( \displaystyle \bf NCF対有利子負債比率 = \frac{120}{30} = 400.0\% または 4倍 \)

C/F項目、ここではNCFが1年未満の期間におけるものの場合は、年平均値に換算する必要がある。月次CFならば12倍、単四半期CFならば4倍する。

B/S項目、ここでは”有利子負債” には、平均残高(平残)を用いる。平均残高は、期首期末の平均値であり、(期首残高+期末残高)÷2 で求める。

仮に、CFが単四半期の場合、有利子負債も同じ単四半期の期首期末の値を用いて平均残高を計算する必要がある。年平均残高は用いない。

ちなみに、分子分母をひっくり返すと、有利子負債をNCFだけを用いて完済するために必要な返済期間を表すNCF版の「債務償還年数」となる。

また、分母の有利子負債を固定負債(長期負債)や流動負債(短期負債)に置き換えれば、「NCF対固定負債比率」「NCF対流動負債比率」という指標になり、分子のNCFをグロスキャッシュフローやEBITDAに置き換えて分子分母を入れ替えれば、「有利子負債倍率」「EBITDA有利子負債倍率」という指標になる。

定義と意味

ネットキャッシュフロー(NCF: Net Cash-flow)は、企業全体で入ってくるキャッシュから出ていくキャッシュを差し引いた正味のキャッシュフローのことを指す。営業CFから設備投資額を控除したキャッシュフロー概念である。

このとき、キャッシュフロー計算書(C/S、C/F)に倣って、キャッシュフロー要素を洗い出すと、❶営業キャッシュフロー(OCF: Operating Cash Flow)、❷投資キャッシュフロー(ICF: Investment Cash Flow)、❸財務キャッシュフロー(FCF: Financial Cash Flow)という3分類に区分することができるので、

NCF = 営業CF + 投資CF + 財務CF

となる。

財務CFは、新規の資金調達も含めた概念であるから、NCFは、すでに現状の資金調達能力も含めた、企業の総合的なキャッシュ創出力を表すものと考えられる。

よって、NCF対有利子負債比率は、資金調達能力まで加味した返済能力を評価する際に用いられる。

#指標CF概念特徴
1有利子負債倍率グロスキャッシュフロー(利益+償却費)による返済能力
2RCF対有利子負債比率配当支払後グロスキャッシュフロー社内留保可能CFによる将来の返済能力
株主目線のもの
3FFO対有利子負債比率運転資本増減調整前の営業CFP/L起因の事業収入による返済能力
4営業CF対有利子負債比率営業キャッシュフロー事業収入による返済能力
5FCF対有利子負債比率フリーキャッシュフロー余剰資金による返済能力
6FOCF対有利子負債比率営業CF-設備投資額(FCFの簡易版)
7NCF対有利子負債比率ネットキャッシュフロー資金調達能力まで加味した返済能力

その他の詳細は、「営業CF対有利子負債比率(Operating Cash Flow Interest Bearing Debt Ratio)」を参照。

解釈と使用法

詳細は、「営業CF対有利子負債比率(Operating Cash Flow Interest Bearing Debt Ratio)」を参照。

シミュレーション

以下に、Excelテンプレートとして、FY17~FY22のトヨタ自動車の実績データをサンプルで表示している。

入力欄の青字になっている「期間」「営業CF」「投資CF」「財務CF」「短期有利子負債」「短期借入債務」「1年内返済長期借入債務」「長期有利子負債」に任意のデータを入力すると、表とグラフを自由に操作することができる。

どんな入力をしても、元ファイルが壊れることはない。入力し直したい、元に戻したい場合は、画面を更新(F5押下など)すれば、初期値に戻る。

自分の手元でじっくり検証したい場合は、上記のダウンロードボタンから、Excelをダウンロードすることをお勧めする。

トヨタは、上記グラフの観察期間において、有利子負債が1.5倍に膨れたが、同期間にNCFの方は100倍を超える成長を見せた。

そのため、FY17には、0.6%に過ぎなかったNCF対有利子負債比率が、FY22には4.4%となった。

トヨタは厚い手元流動性がもとからあったため、新型コロナ禍対応で製造業の多くが資金繰りのために大型借入を実行した中で、落ち着いた資金移動を見せていた。

観察期間において、投資CFがバタバタしているが、これは豊富な手元流動性を定期預金への出し入れした影響に過ぎない。

NCFの順調な積み上がりにトヨタ銀行の真骨頂が垣間見れられる。

使用機能

SUM関数、スパークスライン、絶対参照

参考サイト

同じテーマについて解説が付され、参考になるサイトをいくつか紹介しておく。

[財務諸表分析]比率分析指標の体系と一覧[財務諸表分析]比率分析指標の体系と一覧

1財務諸表分析の理論経営分析との関係、EVAツリー
2成長性分析(Growth)売上高・利益・資産成長率、持続可能成長率
3流動性分析(Liquidity)短期の支払能力、キャッシュフロー分析
4健全性分析(Leverage)財務レバレッジの健全性、Solvency とも
5収益性分析(Profitability)ROS、ROA、ROE、DOE、ROIC、RIなど
6効率性分析(Activity)各種資産・負債の回転率(回転日数)、CCC
7生産性分析(Productivity)付加価値分析、付加価値の分配
8市場指標(Stock Market)株価関連分析、株主価値評価
この記事を書いた人
肩の力を抜いて楽しんでいます!
ビジネスハッカー(Biz-H)

FIRE達成のブログ職人
主な経歴:電機メーカー(当時東証1部/現プライム)、監査法人(BIG4)、外資系IT企業、外資系コンサルティングファーム、PEファンド(ハンズオンの企業再生担当)

ビジネスハッカー(Biz-H)をフォローする
経営分析
スポンサーリンク
ビジネスハック 戦略/経営/会計

コメント