かんたんシャープレシオ【2021年6月】更新しました

ヘッジファンド(Hedge fund) – ビジネスモデル体系

ヘッジファンド - ビジネスモデル体系ビジネスモデル

ヘッジファンド Hedge fund

ヘッジファンドとは

買い(ロング)のみではなく売り(ショート)のポジションも活用したり、レバレッジ(他人資本の借入により自己資本の利益率を高めること)の活用など多くの手法を複雑に組み合わせて、市場の下落局面であっても損失を回避し、プラスの収益(絶対リターン・絶対収益)を目指す投資手法を主とするファンド。

それに対し、一般的な投資信託は、株価指数などをベンチマークとし、市場価格の変動に伴い、ベンチマークを上回るリターンを得ようとする。この時のリターンを相対収益(相対リターン)という。

監督官庁に届け出る義務や規制がなく、投資対象や投資手法に規制や制限がかからない「私募形式」でファンドを組成する。

預かり残高の2%相当の手数料のほか、成功報酬として運用益の20%を追加で請求することが多い。

最低出資額は数千万円からが一般的だが、近年は小口化したヘッジファンドが投資信託で募集されるようになった。

「ヘッジ(Hedge)」とは、リスク回避の意味で、金融の世界でリスクとは、金融資産の価格変動(ボラティリティ)を指す。

つまり、投資対象とする金融資産の価格変動(ボラティリティ)によるリスクをコントロールし、より小さなリスクで大きなリターンを得ようとする投資スタイルが特徴である。

ヘッジファンド創成期に、ロング(買いポジション)ショート(売りポジション)のバランスをとることで、市場価格変動からのリスクをヘッジ(回避)する手法が採られた。

市場リスクを軽減できた分の安全余裕度を利用して、レバレッジ(他人資本を借りることで自己資本の利益率を高めること)を効かせることで、絶対収益を追求したため、「ヘッジ」と「レバレッジ」がヘッジファンド の代名詞となり、「ヘッジファンド」という呼称も一般的になった。

時には、「金融派生商品(デリバティブ)」など複数の金融商品に分散化させて投資するのが ヘッジファンド である認識されることもあるが、デリバティブを活用するのは、あくまでリスクをヘッジする一手法として採用だけである。

また、伝統的な株式や債券以外の金融資産へ投資するという意味で、オールタナティブ投資 も、十分にリスクをヘッジするために、投資対象を分散させるために採用されることが多いだけである。

よって、「金融派生商品(デリバティブ)」「オールタナティブ投資」は、ヘッジファンド であるための、必要条件ではあっても、十分条件ではない。

  • ロング
    • 株式などの金融資産を「購入後、まだ売らずに保有している」状態
    • 買い待ちの状態
    • 「現物買い」と「信用買い」がある
  • ショート(からり)
    • 株式などの金融資産を「売却したが、まだ決済していない」状態
    • 売り待ちの状態
    • 原則は「信用売り」。「現物売り」は単なる売却
  • ポジション
    • 証券の持ち高
    • 「買い」でも「売り」でも、何らかの持ち高を保有することを「ポジションをとる」という
  • レバレッジ
    • 自己資本の何倍かの他人資本を借り入れて、負債比率を上げて資金運用すること
    • レバレッジとは、梃子てこ(leverage)の意味。儲かるときは自己資本だけのときよりレバレッジ分だけより多く儲けることができるが、一旦損失が出る場合には、レバレッジを効かせている分損失も大きくなる 
    • 一般的には、ハイリスク・ハイリターン と考えられている(実態はリスク管理の巧拙次第)
ヘッジファンドとは?投資信託との違いを元証券マンが解説 | Crowd Realty クラウドリアルティ
クラウドリアルティでは、不動産だけではなく様々な投資の情報を発信しています。投資信託に関する記事も多くありますが、これと似た特徴を持つものとして、ヘッジファンドも存在します。今回は個人投資家で金融ライターの山下耕太郎さんにヘッジファンドについてご解説いただきました。

ヘッジファンドが儲けられる理由

ヘッジファンドはα(アルファ)を獲得できるスキルを有しているから

現代ポートフォリオ理論において、個別証券や個別ポートフォリオの収益が証券市場全体の動きに対してどの程度敏感に反応して変動するかを示す数値を β(ベータ)という。

β = 個別証券のリターン ÷ 市場全体のリターン

このベータ値は、個別証券のリスク(価格変動のボラティリティ)とリターン(利払・配当などのインカムゲインと値上り益を意味するキャピタルゲインの合計)と、市場全体のリスク・リターンとのバランスから自動的に求められるとされる。

これは、「効率的市場理論」の論者が指示する考え方で、この理論によると、個別証券の選択によって超過利益にあずかれるチャンスはなく、常に、個別証券と市場全体、リスクとリターンのバランスによって、証券価格は自ずと定まると考えられる。

これに対して、賢く銘柄選択を行えば、市場並み以上の収益を得ることができると考え、その市場並み以上の収益(超過収益)を「α(アルファ)」と呼ぶ。

ヘッジファンドは、投資ポートフォリオの運用者のスキルが高く、この高スキルによって、市場変動によってもたらされる以上の収益である「α(アルファ)」をもたらすことができるとされている。

ヘッジファンドは非ランダムな値動きを予測することができるから

現代ポートフォリオ理論におけるもう一つの主要な理論として、「ランダムウォーク理論」というのがある。

金融資産の価格や証券価格(主に株式)の値動きは、ランダムに起こるので、過去のトレンドやデータ(チャートなど)を分析しても将来の値動きを予測することは不可能であるという見解。

これに対して、ヘッジファンドは、市場における アノマリー(Anomaly)と呼ばれる現代ポートフォリオ理論や相場に関する理論の枠組みでは説明することができない変動(経験的に観測できるマーケットの規則性)を予測し、これを利用して儲けることができると考える。

一般人もできる!高利回り15%「ヘッジファンド」の始め方とリスク(花輪 陽子) @moneygendai
ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。今回は、一部の人たちが口コミで買っている「特別なファンド」について紹介します。このマイナス金利の時代にあって、利回りは15%を超えるヘッジファンドと呼ばれるものがそれ。従来は富裕層を中心に利用されてきたものですが、最近では商社マンなど「気づいたサラリーマン」が始めていて、一般...

ヘッジファンドの投資戦略

  1. ショート・ロング
    • 値上がりが期待できる銘柄のロング(買い持ち)と、値下がりが予測される銘柄のショート(売り持ち)を組み合わせることで、市場全体の変動リスクを抑制することで利益を得る
  2. アービトラージ
    • 同一の金融商品の価格差を利用して利鞘りざやを稼ぐ。裁定取引
  3. グローバル・マクロ
    • 株式・債券・為替などの金融商品に特化するのではなく、すべての金融商品市場に対して、広範囲に目配りをして、収益機会を探す
    • 単に「マクロ」と呼ばれることもある。「グローバル・マクロ」というときは、世界経済の動向に着目して、米国以外の金融市場でも収益獲得を目指す意味を指すことが多い
  4. イベントドリブン
    • 企業の合併、組織再編、企業倒産(清算)、いわゆる M&A を含む、特別な企業イベント、コーポレートアクションによって生じる本源的価値と価格の間の歪みから収益機会を得る
ヘッジファンドが富裕層に選ばれ続ける3つの理由|ヘッジファンドダイレクト株式会社
富裕層はなぜ「ヘッジファンド」に投資するのでしょうか?日本の一般的な投資信託とは異なる「世界ランキング上位のヘッジファンド」の世界を、資産運用に妥協しない富裕層や機関投資家の視点を通じてわかりやすくご説明します。また実際に当社がおすすめしたヘッジファンドに投資されている個人のお客様の声もご紹介しています。|ヘッジファン...

ビジネスモデル体系(概要)

ClassBlock説明
ターゲット
Target
顧客セグメント
Customer Segments
企業が関わろうとする顧客を明確にする
(顧客としないセグメントは無視する)
顧客との関係
Customer Relationships
顧客獲得・顧客維持・販売拡大の3点について、
顧客とどのような関係を構築したいか
チャネル
Channels
顧客セグメントとのコミュニケーションの方法
顧客セグメントに価値を届ける方法
バリュー
Value
価値提案
Value Propositions
対象顧客に対して、企業が提供できるベネフィットの総体
顧客が必要とする製品とサービスの組み合わせ
ケイパビリティ
Capability
リソース
Key Resources
ビジネスモデルの実行に必要な経営資源の明確化
リソース獲得に必要な対価と収益の流れの相対的関係
主要活動
Key Activities
価値提供するために欠かせない活動
製造・問題解決・プラットフォーム・ネットワーク
パートナー
Key Partners
どのリソースをサプライヤーから得ているか
どの主要活動をパートナーが行っているか
収益モデル
Profit Models
コスト構造
Cost Structure
ビジネスモデルの運営にあたって発生する全てのコスト
収益の流れ
Revenue Streams
企業が顧客セグメントから生み出すキャッシュフロー
顧客が支払いたいと思っている対象と望む支払方法

企業が関わろうとする顧客を明確にする
(顧客としないセグメントは無視する)

  1. 細分化・セグメンテーション
  2. マス市場
  3. スモールマス
  4. ニッチ市場
  5. 特定市場の支配
  6. プロダクトライフサイクル(PLC)
  7. BOPビジネス
  8. エシカル消費
  9. 究極の逸品
  1. 多角化
  2. マルチサイドプラットフォーム
  3. ロングテール
  4. ハイエンドからの新規参入
  5. ローエンドからの新規参入
  6. アズ・ア・サービス
  7. ロビンフッド
  1. ローカル・リーダーシップ
  2. 地域ドミナント
  3. クリームスキミング
  4. ペネトレーション・プライシング
  5. スキミング・プライシング

顧客獲得・顧客維持・販売拡大の3点について、顧客とどのような関係を構築したいか

  1. ポータル[広告]
  2. 検索語[広告]
  3. アイテム課金
  4. B2B eMP 有料会員
  5. 決済
  6. CGS 有料会員
  7. 友だち[広告]
  8. 仕事関係[マッチング]
  9. パーソナルアシスタンス
  10. セルフサービス
  11. 顧客ライフサイクルマネジメント
  12. 顧客の代理購買
  13. プラットフォーム
  14. ピアツーピア(個人間取引)
  15. 事業間顧客流入
  16. コバンザメ
  17. 外部リストの利用
  18. 御用聞き
  19. スイッチボード
  20. ロックイン
    • 商品ロックイン
    • ベンダーロックイン
  21. カスタマーロイヤルティ
  22. シェアリング
  23. 顧客データ活用
  24. プロシューマ―

顧客セグメントとのコミュニケーションの方法
顧客セグメントに価値を届ける方法

  1. 世界統一プラットフォーム
  2. 2サイド・プラットフォーム
  3. コミュニティ
  4. オムニ・チャネル
  5. マルチレベルマーケティング
  6. 店舗内出店

対象顧客に対して、企業が提供できるベネフィットの総体
顧客が必要とする製品とサービスの組み合わせ

  1. 時間利益
  2. イノベーション
  3. カスタマイゼーション
  4. ワンストップ・ショッピング
  5. スイッチボード
  6. フリーミアム
  7. 感動サービス
  8. 体験の販売
  9. スマイルカーブ
  10. ソリューション
  11. 同質化
  12. バンドリング
  13. アンバンドリング
  14. デファクトスタンダード
  15. ブルーオーシャン
  16. インテグレーター
  17. アグリゲーター
  18. データハブ
  19. 自社製品からの情報フィードバック
  20. マルチコンポーネント
  21. マルチウインドウ(利益増殖)
  22. IP (intellectual property)
  23. 製品ピラミッド
  24. サードパーティ利益
  25. デジタル化
  26. 稼働保証
  27. マス・カスタマイゼーション
  28. 格安商品
    • LCC
  29. リサイクル

ビジネスモデルの実行に必要な経営資源の明確化
リソース獲得に必要な対価と収益の流れの相対的関係

  1. 機能外販
  2. リソース先制
  3. マニュアル化
  4. プロフェッショナルサービスファーム
  5. コーポレートベンチャーキャピタル
  6. 専門家利益
  7. ストックオプション
  8. 資金調達
    • コーポレートファイナンス
    • プロジェクトファイナンス
    • ソーシャルインパクトボンド
    • 優先株式
    • 転換社債
    • 荷為替信用状
    • ファイナンスリース

価値提供するために欠かせない活動
製造・問題解決・プラットフォーム・ネットワーク

  1. レイヤーマスター
  2. オーケストレーター
  3. 製販分離型買収統合
  4. グローバル化
  5. インターナショナル化
  6. マルチナショナル化
  7. トランスナショナル化
  8. 直販モデル
  1. 垂直的マーケティング
  2. ブランド利益
  3. 素材ブランディング
  4. バーター
  1. リバースエンジニアリング
  2. リバースイノベーション
  1. VMI
  2. リベート
  3. 割引
  4. ボリュームディスカウント
  5. アローワンス
  6. 特売
  7. 補完的価格政策
  8. 系列システム(流通)
  9. 受発注
    • 定時発注
    • 発注点発注
    • かんばん方式
    • JIT
    • 買取仕入
    • 委託仕入
    • 返品条件付き買取仕入
    • 消化仕入
  10. 仲立人
  11. 民事仲立人
  12. 問屋
    • 金融商品取引業
    • 商品先物取引業
    • 委託販売
  13. 準問屋
    • 金融商品取引業(金融指標の数値の先物取引等の受託)
    • 商品先物取引業(商品指数などの先物取引等の受託)
    • 広告業者
  14. 運送取扱人
  15. 代理商
    • 締約代理商
    • 媒介代理商
    • 取次代理商
  16. 特約店
    • フランチャイズ
  17. 海外代理店
    • 総代理店
  1. 大量生産
  2. 垂直統合
  3. 川上統合によるブラックボックス化
  4. 水平分業
  5. 分散統治
  6. ITクラスター
  7. リーン生産
  8. 系列化(調達・生産)
  9. LCC
  10. 水平分業
  11. A&D
  12. 知財専業
  13. C+D
  14. オープン・イノベーション
  15. クラウド・ソーシング
  16. メイカームーブメント
  17. オープン・オーガニゼーション
  18. OEM
  19. ODM
  20. 見込生産(MTS)
  21. 受注組立生産(ATO)
  22. 受注仕様組立生産(CTO)
  23. 受注加工組立生産(BTO)
  24. 繰り返し受注生産(MTO)
  25. 個別受注生産(ETO/DTO)
  26. 混流生産
  27. セル生産
  1. SPA
  2. 売切SPA
  3. QR SPA
  4. クラウド・サービス
  5. 素材 SPA
  6. クラウド・システム
  7. オープン・サービス・イノベーション
  8. サプライチェーン種別の変更
  9. PB商品
  1. 在庫販売(STS)
  2. 小売業
  3. 卸売業
  4. 小型店チェーンストア
  5. 百貨店
  6. GMS
  7. 自己陳腐化
  8. 多ブランド化
  9. CVS
  10. 大規模店
  11. ディスカウントストア
  12. D2C
  13. B2B eMP
  14. C2C eMP
  15. C2B eMP
  16. フリート・マネジメント
  17. 会員制フラッシュセール
  18. クロスセル
  19. アップセル
  1. 物品運送
  2. 旅客運送
  1. 普通倉庫
  2. 冷蔵倉庫
  3. 水面倉庫
  4. トランクルーム
  5. 保護預り
  6. 一時預り
  7. 保税蔵置場
  1. 有線電気通信
  2. 無線通信
  3. 放送
  4. 専用回線再販サービス
  5. VAN(付加価値通信網)サービス
  6. インターネット接続サービス
  7. 電話サービス
  1. 民営保険
  2. 公営保険
  3. 少額短期保険
  4. 生命保険業
  5. 損害保険業
  6. 傷害保険・疾病保険(第三分野)
  1. 公益信託
  2. 私益信託
  3. 目的信託
  4. 特別法に基づく信託業
  5. 管理型信託業
  6. 信託業を営む金融機関の業務
  7. 信託銀行以外の金融機関の業務
  8. 信託契約代理業
  9. 金銭信託
  10. 金銭信託以外の金銭の信託(金外信)
  11. 有価証券の信託
  12. 金銭債権の信託
  13. 動産の信託
  14. 不動産の信託
  15. 知的財産権の信託
  1. 国際為替
  2. 公金為替
  3. 現金販売
  4. トラベラーズチェック
  5. クレジットカード
  6. 勧進帳
  7. マイクロ・クレジット
  8. マイクロ・ペイメント
  9. モバイル端末決済
  10. クラウド・ファンディング
  11. レンタル
  12. リース
  13. コーポレートファイナンス
  14. プロジェクトファイナンス Project Finance
  15. ヘッジファンド
  16. イスラム金融
  1. コーポレートガバナンス
  2. マネジメント
  3. ポートフォリオ管理

どのリソースをサプライヤーから得ているか
どの主要活動をパートナーが行っているか

  1. アフィリエイト
  2. エコシステム
  3. オープンソース
  4. 提携先のレバレッジ
  5. 強者連合
  6. 資源の動的アロケーション
    • コードシェア
    • 共同配送
  7. クロスライセンス

ビジネスモデルの運営にあたって発生する全てのコスト

  1. 規模の経済
  2. 範囲の経済
  3. 多角化の経済性
  4. 休眠資産の活用
  5. 多重目的の利用
  6. 副産物
  7. ロスリーダー
  8. 景気循環利益
  9. 相対的市場シェア利益
  1. シェアードサービス
  2. BPO
  3. 休眠資産の活用
  4. 価格破壊
  1. 替え刃(インストールベース利益)
  2. 広告
  3. 従量課金
  4. 定額制
  5. カートリッジ[替え刃]
  6. 逆替え刃
  7. アドオン
  8. ダイナミックプライシング
  9. サブスクリプション
  10. 敵の収入源の破壊
  11. リカーリング
  12. 残存者利益
  13. 自然独占
  14. 成功報酬
  15. コミッション
  16. ロイヤルティ
  17. コミットメントライン
  18. 保証プレミアム
  19. イールドマネジメント
  20. オークション
  21. 薄利多売
  22. ベストプライス
  23. EDLP
  24. ライセンシング
  25. 建値制度
  26. オープンプライス制
  27. ノープリント化
  28. ブロックバスター
  29. リース
  30. サブリース
  31. レンタル
  32. キャッシュマシン
  33. 投げ銭
  34. レベニューシェア
  1. 事業施設の所有権の移転による事業分類
    • BTO事業(Build-Trasfer-Operate Projects)
    • BOT事業(Build-Operate-Trasfer Projects)
    • BLT事業(Build-Lease-Trasfer Projects)
    • BOOT事業(Build-Own-Operate-Trasfer Projects)
    • BOO事業(Build-Own-Operate Projects)
  2. 事業協定 (Project Agreement) による事業分類

コメント