業種別かんたんシャープレシオ【2021年3月】に更新しました

業種・業態 – ビジネスモデル体系

業種・業態 - ビジネスモデル体系ビジネスモデル

業種・業態 Industry

物品販売業

動産販売

国際売買

  1. FOB条件
  2. CIF条件
  3. プラント輸出契約

消費者契約

  1. 販売信用取引
    • 割賦販売法
    • 前払式特定取引
      • 割賦・前払いによる商品売買の取次ぎ
      • 割賦・前払いによる指定役務の提供
  2. 特定商取引
    • 無店舗販売取引
      • 訪問販売
      • 電話勧誘販売
      • 通信販売
    • 特定継続的役務提供
    • 個人ビジネス勧誘型取引
      • 連鎖販売取引
      • 業務提供誘引販売取引
    • 訪問購入

運送営業

物品運送

  1. 郵便・信書
  2. 利用運送
  3. 実運送
  4. 運送取扱人
  5. 個別運送
    • 国際海上物品運送
    • 航空貨物運送
    • 複合運送
  6. 貸し切り形態の物品運送
    • 数量契約
    • 航海傭船契約
    • 船舶賃貸借契約
    • 定期傭船契約

旅客運送

  1. 企画旅行契約
  2. 運航委託

倉庫営業

  1. 普通倉庫
    • 第一類倉庫
    • 第二類倉庫
    • 第三類倉庫
    • 第四類倉庫(野積)
    • 第六類倉庫(貯蔵槽)
    • 第七類倉庫(危険品)
  2. 冷蔵倉庫(第八類)
  3. 水面倉庫(第五類)
  4. トランクルーム
  5. 保護預り
  6. 一時預り
  7. 保税蔵置場

電気通信事業

  1. 有線電気通信
  2. 無線通信
  3. 放送
  4. 専用回線再販サービス
  5. VAN(付加価値通信網)サービス
    • パケット交換サービス
    • 電子メールサービス
    • データベースサービス
    • EDIサービス
    • オンライン情報処理サービス
  6. インターネット接続サービス
  7. 電話サービス

保険業

  1. 民営保険
    • 営利保険
    • 相互保険
  2. 公営保険
    • 社会保険
    • 産業保険
  3. 少額短期保険
  4. 生命保険業
  5. 損害保険業
  6. 傷害保険・疾病保険(第三分野)

信託業

  1. 公益信託
  2. 私益信託
    • 自益信託
    • 他益信託
  3. 目的信託
  4. 特別法に基づく信託業
  5. 管理型信託業
  6. 信託業を営む金融機関の業務
  7. 信託銀行以外の金融機関の業務
  8. 信託契約代理業
  9. 金銭信託
    • 指定(運用)金銭信託
    • 特定(運用)金銭信託
    • 合同運用金銭信託
    • 集団信託
      • 合同運用指定金銭信託
      • 貸付信託
    • 確定給付企業年金信託
    • 確定拠出年金信託
    • 厚生年金基金信託
    • 投資信託
      • 委託者指図型投資信託
      • 委託者非指図型投資信託
      • 公社債投資信託
      • 株式投資信託
    • 特定金銭信託
  10. 金銭信託以外の金銭の信託(金外信)
    • ファンド・トラスト
    • 従業員持株信託
  11. 有価証券の信託
    • 有価証券管理信託
    • 有価証券運用信託
    • JDR(Japanese Depositary Receipt)
  12. 金銭債権の信託
    • 住宅ローン債権信託
      • 買戻方式
      • 売切方式
    • リース債権信託
  13. 動産の信託
    • 動産設備信託
  14. 不動産の信託
    • 不動産管理信託
    • 不動産設備信託
    • 土地信託
      • 賃貸型
      • 処分型
  15. 知的財産権の信託
    • 特許権管理信託

ビジネスモデル体系(概要)

ClassBlock説明
ターゲット
Target
顧客セグメント
Customer Segments
企業が関わろうとする顧客を明確にする
(顧客としないセグメントは無視する)
顧客との関係
Customer Relationships
顧客獲得・顧客維持・販売拡大の3点について、
顧客とどのような関係を構築したいか
チャネル
Channels
顧客セグメントとのコミュニケーションの方法
顧客セグメントに価値を届ける方法
バリュー
Value
価値提案
Value Propositions
対象顧客に対して、企業が提供できるベネフィットの総体
顧客が必要とする製品とサービスの組み合わせ
ケイパビリティ
Capability
リソース
Key Resources
ビジネスモデルの実行に必要な経営資源の明確化
リソース獲得に必要な対価と収益の流れの相対的関係
主要活動
Key Activities
価値提供するために欠かせない活動
製造・問題解決・プラットフォーム・ネットワーク
パートナー
Key Partners
どのリソースをサプライヤーから得ているか
どの主要活動をパートナーが行っているか
収益モデル
Profit Models
コスト構造
Cost Structure
ビジネスモデルの運営にあたって発生する全てのコスト
収益の流れ
Revenue Streams
企業が顧客セグメントから生み出すキャッシュフロー
顧客が支払いたいと思っている対象と望む支払方法

コメント