歴代オランダ首相(Minister-presidents van Nederland)追加しました
PR

かんたんシャープレシオ 空運(Air Transportation)

空運-全体 2023/6 マネー・マーケット

2024年4月

空運-全体 2024/4
空運-全体

アジア航(9233)が前月から引き続き首位
ANAHD(9202)がβ=0、ANAHD(9202)がTSR=0によりグラフから消失)

指標閾値コード会社会社値
SRMAX9233アジア航100.0
 Median9202ANAHD0.0
 MIN9202ANAHD0.0
TSRMAX9232パスコ54.4
 Median9202ANAHD21.7
 MIN9206SFJ0.0
βMAX9201JAL0.69
 Median9206SFJ0.39
 MIN9202ANAHD0.00
順位コード会社βTSRSR
19233アジア航0.4646.0100.0
29232パスコ0.5654.497.1
39201JAL0.6924.635.7
49202ANAHD0.0021.70.0
59206SFJ0.390.00.0

TSRがプラスになっている比率は前月から1社減って4社(100% → 100% → 80.0%)
業種全体の近似直線は、
y = 25.7332x +18.5320
傾きは前月とほぼ変わらず正数を維持しているので、サンプル数は少ないが、産業として足元の資本市場は効率的に見える

2024年3月

空運-全体 2024/3
空運-全体

アジア航(9233)が前月2位から首位へ
ANAHD(9202)がβ=0によりグラフから消失)

指標閾値コード会社会社値
SRMAX9233アジア航82.9
 Median9206SFJ10.6
 MIN9202ANAHD0.0
TSRMAX9233アジア航40.6
 Median9201JAL22.0
 MIN9206SFJ3.7
βMAX9201JAL0.70
 Median9206SFJ0.35
 MIN9202ANAHD0.00
順位コード会社βTSRSR
19233アジア航0.4940.682.9
29232パスコ0.6438.259.7
39201JAL0.7022.031.4
49206SFJ0.353.710.6
59202ANAHD0.0026.00.0

TSRがプラスになっている比率は前月から引き続き5社(100% → 100% → 100%)
業種全体の近似直線は、
y = 13.2779x +20.3108
傾きは前月から約半減したが正数を維持しているので、サンプル数は少ないが、産業として足元の資本市場は効率的に見える

2024年2月

空運-全体 2024/2
空運-全体

パスコ(9232)が首位
アジア航(9233)が2位
ANAHD(9202)がβ=0によりグラフから消失)

指標閾値コード会社会社値
SRMAX9232パスコ95.0
 Median9202ANAHD0.0
 MIN9206SFJ-28.8
TSRMAX9232パスコ60.8
 Median9201JAL12.6
 MIN9206SFJ-9.2
βMAX9201JAL0.69
 Median9206SFJ0.32
 MIN9202ANAHD0.00
順位コード会社βTSRSR
19232パスコ0.6460.895.0
29233アジア航0.4829.561.5
39201JAL0.6912.618.3
49202ANAHD0.0027.80.0
59206SFJ0.32-9.2-28.8

TSRがプラスになっている比率は前月から引き続き5社(100% → 100% → 100%)
業種全体の近似直線は、
y = 22.7019x +14.6290
傾きは正数となったので、サンプル数は少ないが、産業として足元の資本市場は効率的に戻った可能性がある

2024年1月

空運-全体 2024/1
空運-全体

パスコ(9232)が首位
アジア航(9233)が2位
JAL(9201)がβ=0によりグラフから消失)

指標閾値コード会社会社値
SRMAX9232パスコ80.5
 Median9206SFJ30.4
 MIN9201JAL0.0
TSRMAX9201JAL55.5
 Median9233アジア航39.7
 MIN9206SFJ15.2
βMAX9202ANAHD0.86
 Median9206SFJ0.50
 MIN9201JAL0.00
順位コード会社βTSRSR
19232パスコ0.6249.980.5
29233アジア航0.5839.768.4
39202ANAHD0.8647.355.0
49206SFJ0.5015.230.4
59201JAL0.0055.50.0

TSRがプラスになっている比率は前月から引き続き5社(100% → 100% → 100%)
業種全体の近似直線は、
y = -10.1311x +46.7071
傾きはフラットにより近づいてきたものの負数であるため、サンプル数は少ないが、産業として足元の資本市場は効率的ではない可能性が高い

2023年12月

空運-全体 2023/12
空運-全体

パスコ(9232)が首位
SFJ(9206)が2位
JAL(9201)がβ=0によりグラフから消失)

指標閾値コード会社会社値
SRMAX9232パスコ62.0
 Median9233アジア航37.5
 MIN9201JAL0.0
TSRMAX9201JAL41.8
 Median9206SFJ22.9
 MIN9233アジア航20.6
βMAX9202ANAHD0.87
 Median9206SFJ0.54
 MIN9201JAL0.00
順位コード会社βTSRSR
19232パスコ0.6439.762.0
29206SFJ0.5422.942.4
39202ANAHD0.8734.439.5
49233アジア航0.5520.637.5
59201JAL0.0041.80.0

TSRがプラスになっている比率は前月から引き続き5社(80.0% → 100% → 100%)
業種全体の近似直線は、
y = -9.4371x +36.7873
傾きはフラットにより近づいてきたものの負数であるため、サンプル数は少ないが、産業として足元の資本市場は効率的ではない可能性が高い

2023年11月

空運-全体 2023/11
空運-全体

パスコ(9232)が首位
アジア航(9233)が2位
JAL(9201)がβ=0によりグラフから消失)

指標閾値コード会社会社値
SRMAX9232パスコ65.7
 Median9202ANAHD26.5
 MIN9201JAL0.0
TSRMAX9201JAL44.8
 Median9206SFJ21.3
 MIN9202ANAHD21.2
βMAX9202ANAHD0.80
 Median9206SFJ0.52
 MIN9201JAL0.00
順位コード会社βTSRSR
19232パスコ0.6744.065.7
29233アジア航0.5626.347.0
39206SFJ0.5221.341.0
49202ANAHD0.8021.226.5
59201JAL0.0044.80.0

TSRがプラスになっている比率は前月から1社増えて5社(80.0% → 80.0% → 100%)
業種全体の近似直線は、
y = -21.8367x +42.6567
切片は正数に戻り、傾きは負数に転じたため、サンプル数は少ないが、産業として足元の資本市場は効率的ではなくなった可能性が高い

2023年10月

空運-全体

パスコ(9232)が首位
JAL(9201)が2位

指標閾値コード会社会社値
SRMAX9232パスコ76.6
 Median9202ANAHD36.6
 MIN9233アジア航-74.0
TSRMAX9201JAL54.4
 Median9202ANAHD30.0
 MIN9233アジア航-3.7
βMAX9201JAL0.96
 Median9232パスコ0.53
 MIN9233アジア航0.05
順位コード会社βTSRSR
19232パスコ0.5340.676.6
29201JAL0.9654.456.7
39206SFJ0.5932.154.4
49202ANAHD0.8230.036.6
59233アジア航0.05-3.7-74.0

TSRがプラスになっている比率は前月から引き続き4社(100% → 80.0% → 80.0%)
業種全体の近似直線は、
y = 54.8247x -1.6666
傾きは正数に戻り、サンプル数は少ないが、産業として足元の資本市場は効率的に変わった可能性が高い

2023年9月

空運-全体 2023/9
空運-全体

パスコ(9232)が首位
JAL(9201)がβ=0より、グラフから消失

指標閾値コード会社会社値
SRMAX9232パスコ60.2
 Median9201JAL0.0
 MIN9233アジア航-120.0
TSRMAX9201JAL50.1
 Median9206SFJ7.9
 MIN9233アジア航-4.8
βMAX9202ANAHD0.81
 Median9233アジア航0.04
 MIN9201JAL0.00
順位コード会社βTSRSR
19232パスコ0.5331.960.2
29202ANAHD0.8128.935.7
39206SFJ0.637.912.5
49201JAL0.0050.10.0
59233アジア航0.04-4.8-120.0

TSRがプラスになっている比率は前月から1社減って4社(80.0% → 100% → 80.0%)
業種全体の近似直線は、
y = -1.3783x +23.3541
傾きは小さな負数のため、サンプル数は少ないが、産業として足元の資本市場は少なくとも効率的とはいえない状態である可能性が高い

2023年8月