日本の歴代総理大臣(首相)追加しました

原価計算基準 逐条詳解

原価計算基準 Cost Accounting Standardsマネジメント
原価計算基準 Cost Accounting Standards

第一章 原価計算の目的と原価計算の一般的基準

  • 原価計算基準 財務諸表作成目的
  • 基準一 原価計算の目的(二)価格計算目的
  • 基準一 原価計算の目的(三)原価管理目的
  • 基準一 原価計算の目的(四)予算管理目的
  • 基準一 原価計算の目的(五)基本計画設定目的
  • 基準二 原価計算制度
  • 基準三 原価の本質(一)経済価値消費性
  • 基準三 原価の本質(二)給付関連性
  • 基準三 原価の本質(三)経営目的関連性
  • 基準三 原価の本質(四)正常性
  • 基準四 原価の諸概念(一)実際原価と標準原価 1. 実際原価
  • 基準四 原価の諸概念(一)実際原価と標準原価 2. 標準原価
  • 基準四 原価の諸概念(二)製品原価と期間原価
  • 基準四 原価の諸概念(三)全部原価と部分原価
  • 基準五 非原価項目
  • 基準六 原価計算の一般的基準(一)財務諸表作成のための一般的基準
  • 基準六 原価計算の一般的基準(二)原価管理のための一般的基準
  • 基準六 原価計算の一般的基準(三)予算管理のための一般的基準

一 原価計算の目的

(一)財務諸表作成目的

(二)価格計算目的

(三)原価管理目的

(四)予算管理目的

(五)基本計画設定目的

二 原価計算制度

  • 原価計算制度(原価会計)
  • 特殊原価調査

三 原価の本質

(一)経済価値消費性

(二)給付関連性

(三)経営目的関連性

  • 支払利息の原価性

(四)正常性

四 原価の諸概念

(一)実際原価と標準原価

1. 実際原価

2. 標準原価

(二)製品原価と期間原価

(三)全部原価と部分原価

五 非原価項目

六 原価計算の一般的基準

(一)財務諸表作成のための一般的基準

(二)原価管理のための一般的基準

(三)予算管理のための一般的基準

第二章 実際原価の計算

  • 基準七 実際原価の計算手続

七 実際原価の計算手続

第一節 製造原価要素の分類基準

  • 基準八 製造原価要素の分類基準(一)形態別分類
  • 基準八 製造原価要素の分類基準(二)機能別分類
  • 基準八 製造原価要素の分類基準(三)製品との関連における分類
  • 基準八 製造原価要素の分類基準(四)操業度との関連における分類
  • 基準八 製造原価要素の分類基準(五)原価の管理可能性に基づく分類

八 製造原価要素の分類基準

(一)形態別分類

(二)機能別分類

(三)製品との関連における分類

(四)操業度との関連における分類

(五)原価の管理可能性に基づく分類

第二節 原価の費目別計算

九 原価の費目別計算

一〇 費目別計算における原価要素の分類

一一 材料費計算

一二 労務費計算

一三 経費計算

一四 費用別計算における予定価格等の適用

第三節 原価の部門別計算

一五 原価の部門別計算

一六 原価部門の設定

一七 部門個別費と部門共通費

一八 部門別計算の手続

第四節 原価の製品別計算

一九 原価の製品別計算および原価単位

二〇 製品別計算の形態

二一 単純総合原価計算

二四 総合原価計算における完成品総合原価と期末仕掛品原価

二五 工程別総合原価計算

二六 加工費工程別総合原価計算

二七 仕損および減損の処理

二八 副産物等の処理と評価

二九 連産品の計算

三〇 総合原価計算における直接原価計算

二二 等級別総合原価計算

二三 組別総合原価計算

三一 個別原価計算

三二 直接費の賦課

三三 間接費の配賦

三四 加工費の配賦

三五 仕損費の計算および処理

三六 作業くずの処理

第五節 販売費および一般管理費の計算

三七 販売費および一般管理費要素の分類基準

三八 販売費および一般管理費の計算

三九 技術研究費

第三章 標準原価の計算

四〇 標準原価算定の目的

四一 標準原価の算定

四二 標準原価の改訂

四三 標準原価の指示

第四章 原価差異の算定および分析

四四 原価差異の算定および分析

四五 実際原価計算制度における原価差異

四六 標準原価計算制度における原価差異

第五章 原価差異の会計処理

四七 原価差異の会計処理

原価計算基準 Cost Accounting Standards 原文

コメント