ファイナンシャルマネジメント シリーズ始めました

CVP分析/損益分岐点分析

CVP分析/損益分岐点分析経営分析
CVP分析/損益分岐点分析

固変分解/貢献利益

費用を固定費と変動費に分けることで可能になる経営分析手法

  • 固変分解/貢献利益
  • 貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 金額法
  • 貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 単価法
  • 貢献利益率(Contribution Margin Ratio)の計算
  • 営業利益(Operating Income)P/Lの計算
  • 固変分解から直接原価P/Lを作成する
  1. 貢献利益の計算
    1. 貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 金額法
    2. 貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 単価法
    3. 貢献利益率(Contribution Margin Ratio)の計算
  2. 貢献利益の活用
    1. 営業利益(Operating Income)P/Lの計算
    2. 固変分解から直接原価P/Lを作成する(棚卸計算がない場合)
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 金額法
計算手法売上高(営業収益)から変動費を控除したものを貢献利益(Contribution Margin)という。貢献利益 = 売上高 - 変動費この計算方法は、売上高(営業収益)と変動費の金額から貢献利益額を求め...
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 単価法
計算手法売上高(営業収益)から変動費を控除したものを貢献利益(Contribution Margin)という。貢献利益 = 貢献利益単価 × 販売数量この計算方法は、貢献利益単価と販売数量から貢献利益額を求...
貢献利益率(Contribution Margin Ratio)の計算
計算手法貢献利益(Contribution Margin)を売上高(営業収益)で割ったものを貢献利益率(Contribution Margin Ratio)という。貢献利益率の計算にも、①金額法と②単価法が存在する。...
営業利益(Operating Income)P/Lの計算
計算手法貢献利益(Contribution Margin)から固定費を控除することで営業利益(Operating Income)を求めることができる。金額法営業利益 = 売上高 - 変動費 - 固定費営業...
固変分解から直接原価P/Lを作成する(棚卸計算がない場合)
計算手法大きなロジックの流れ直接原価計算方式によるP/Lは、全部原価計算方式による通常のP/Lにおいて、売上原価と販管費を固変分解により変動費と固定費にそれぞれ分けることにより計算・表示することができる。全部原価計...

損益分岐点分析

損益分岐点 = Breakeven Point:損益がゼロとなる営業活動量(例:売上高、販売数量、生産高、生産数量など)

  • 損益分岐点分析
  • 損益分岐点売上高(Breakeven Revenue)の計算 – 比率法
  • 損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)の計算 - 固定費法
  • (まとめ)損益分岐点にまつわる公式について
  • 損益分岐点を達成する許容固定費の求め方
  • 損益分岐点売上高と損益分岐点販売数量の読み替え
  • 目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 金額法
  • 目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める - 貢献利益率法
  • 目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
  • 目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
  • 目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
  • 目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 金額法
  • 目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
  • 目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
  • 目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
  • 目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
  • (まとめ)目標利益を達成する条件の求め方
  • 加重平均貢献利益単価法で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
  • バスケット方式で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
  • コンポジット方式で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
  • 基準法(等価係数法/換算係数法)で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
  • 個別法(順列)で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
  • 個別法(組み合わせ)で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
  1. 損益分岐点売上高(Breakeven Revenue)の計算 – 比率法
  2. 損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)の計算 - 固定費法
  3. 損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)の計算 - 数量法
  4. (まとめ)損益分岐点にまつわる公式について
  5. 損益分岐点を達成する許容固定費の求め方
  6. 損益分岐点売上高と損益分岐点販売数量の読み替え
  7. 目標利益(税前利益)の達成条件
    1. 売上高
      1. 目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 金額法
      2. 目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
      3. 目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
    2. 販売数量
      1. 目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 数量法
      2. 目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
      3. 目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
  8. 目標利益(税引後利益)の達成条件
    1. 売上高
      1. 目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 金額法
      2. 目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
      3. 目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
    2. 販売数量
      1. 目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 数量法
      2. 目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
      3. 目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
  9. (まとめ)目標利益を達成する条件の求め方
  10. 複数セグメントのCVP分析
    1. 損益分岐点販売数量
      1. セールスミックスが不変(一定)の場合
        1. 平均法
          1. 加重平均貢献利益単価法
          2. バスケット方式(Basket)
          3. コンポジット方式(Composite units)
          4. 基準法(等価係数法/換算係数法)
      2. セールスミックスが可変の場合
        1. 平均法
          • いかなる平均法も簡便法にすぎず正確性は保証されない
        2. 基準法(等価係数法/換算係数法)
        3. 個別法
          1. 順列(固定費を優先的に回収するセグメントを任意で選ぶ)
          2. 組み合わせ(すべての実現可能なセールスミックスを領域で示す)
    1. 損益分岐点売上高
      1. 平均法
        1. 加重平均法
          • 加重平均販売単価法
          • 加重平均貢献利益率法
        2. バスケット方式(Basket)
        3. コンポジット方式(Composite units)
        4. 基準法(等価係数法/換算係数法)
      2. 個別法
        1. 順列
        2. 組み合わせ
損益分岐点売上高(Breakeven Revenue)の計算 - 比率法
計算手法損益分岐点売上高(Breakeven Revenue)は、固定費発生額を貢献利益率で割り算することで求めることができる。ただし、いきなり固定費を貢献利益率(売上高貢献利益率)で割った商がどうして損益分岐点売上高にな...
損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)の計算 - 固定費法
計算手法損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)は、固定費発生額を貢献利益単価で割り算することで求めることができる。ただし、いきなり固定費を貢献利益単価で割った商がどうして損益分岐点販売数量になるのか理解しに...
(まとめ)損益分岐点にまつわる公式について
(再考)損益分岐点の意味CVP分析とは、英語の Cost-Volume-Profit Analysis の省略形であり、Volume(営業量)の増減が Cost(コスト)をどのように変化させて、Profit(利益)を生み出すのかを...
損益分岐点を達成する許容固定費の求め方
計算手法損益分岐点を達成するために発生が許容される固定費の最大額は、損益分岐点売上高を変動費比率で求める場合でも、損益分岐点販売数量を求める場合でも、営業利益の計算式を組み替えて、固定費で解けば求めることができる。損益分岐...
損益分岐点売上高と損益分岐点販売数量の読み替え
CVP分析と損益分岐点分析の関係とは意外にこの2つの関係性について正鵠を得た解説を目にすることは少ない。CVPは、Cost, Volume, Profit の略で、営業量(Volume)の変化がコストおよび利益にどういう影...
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める - 金額法
計算手法損益分岐点売上高の計算式においては、利益=0と置くからこそ損益分岐点売上高を求めることができる。利益ゼロの代わりに、目標利益を置けば、その目標利益を達成するために必要な最低売上高は、損益分岐点売上高を求める公式をそ...
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める - 貢献利益率法
計算手法損益分岐点売上高の計算式では、利益=0と置くからこそ損益分岐点売上高を求めることができる。利益ゼロの代わりに、目標利益を置けば、その目標利益を達成するために必要な最低売上高は、損益分岐点売上高を求める公式をそのまま...
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める - 目標利益率法
計算手法損益分岐点売上高の計算式では、利益=0と置くからこそ損益分岐点売上高を求めることができる。利益ゼロの代わりに、目標利益を置けば、その目標利益を達成するために必要な最低売上高は、損益分岐点売上高を求める公式をそのまま...
目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める - 貢献利益単価法
計算手法損益分岐点販売数量の計算式においては、利益=0と置くからこそ損益分岐点販売数量を求めることができる。ゼロの代わりに、目標利益を置けば、その目標利益を達成するために必要な販売数量は、損益分岐点販売数量を求める公式をそ...
目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
計算手法損益分岐点販売数量の計算式においては、利益=0と置くからこそ損益分岐点販売数量を求めることができる。ゼロの代わりに、目標利益を置けば、その目標利益を達成するために必要な販売数量は、損益分岐点販売数量を求める公式をそ...
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める - 金額法
計算手法税引後利益を目標利益とした場合に、必要売上高を求めるには、通常2つのステップを必要とする。❶ 税引後利益を税引前利益に変換する❷ 税引前利益から必要売上高を求める目標利益の計算式損益分岐点分析(CV...
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める - 貢献利益率法
計算手法税引後利益を目標利益として設定した場合、必要売上高を求めるには、通常2つのステップを必要とする。❶ 税引後利益を税引前利益に変換する❷ 税引前利益から必要売上高を求める目標利益の計算式損益分岐点分析...
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める - 目標利益率法
計算手法税引後利益を目標利益とした場合に、必要売上高を求めるには、通常2つのステップを必要とする。❶ 税引後利益を税引前利益に変換する❷ 税引前利益から必要売上高を求める目標利益の計算式損益分岐点分析(CV...
目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める - 貢献利益単価法
計算手法税引後利益を目標利益とした場合に、必要販売数量を求めるには、通常2つのステップを必要とする。❶ 税引後利益を税引前利益に変換する❷ 税引前利益から必要販売数量を求める目標利益の計算式損益分岐点分析(...
目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める - 目標利益単価法
計算手法税引後利益を目標利益とした場合に、必要販売数量を求めるには、通常2つのステップを必要とする。❶ 税引後利益を税引前利益に変換する❷ 税引前利益から必要販売数量を求める目標利益の計算式損益分岐点分析(...
(まとめ)目標利益を達成する条件の求め方
その前に損益分岐点分析のおさらいから損益分岐点分析のフレームワークを用いて、目標利益の達成条件を求める一連の方法論がある。全てのパターンに共通点には2つある。まず、❶ 利益恒等式を計算の出発点とするところである。...
加重平均貢献利益単価法で損益分岐点販売数量を求める - 複数セグメントのCVP分析
計算手法単体セグメントで固定費法(貢献利益単価法)により損益分岐点販売数量を求める販売数量が増減してもセールスミックスが一定(不変)の前提条件が認められる場合、「加重平均貢献利益単価」を用いることで、単体セグメントの場合と...
バスケット方式で損益分岐点販売数量を求める - 複数セグメントのCVP分析
計算手法準備バスケット方式を用いた複数セグメントによる損益分岐点販売数量を求める計算を始める前に、確認しておいていただきたい論点階下の通り。単体セグメントにおいて固定費法(貢献利益単価法)による損益分岐点販売数量の...
コンポジット方式で損益分岐点販売数量を求める - 複数セグメントのCVP分析
計算手法準備コンポシット方式を用いた複数セグメントによる損益分岐点販売数量を求める計算プロセスは、バスケット方式のものと同一である。コンポジット方式を含め、平均法に大別される手法については、下記の共通論...
基準法(等価係数法/換算係数法)で損益分岐点販売数量を求める - 複数セグメントのCVP分析
計算手法準備基準法(等価係数法/換算係数法)を用いた複数セグメントによる損益分岐点販売数量を求める計算を始める前に、確認しておいていただきたい論点階下の通り。単体セグメントにおいて固定費法(貢献利益単価法)による損...
個別法(順列)で損益分岐点販売数量を求める - 複数セグメントのCVP分析
計算手法個別法での損益分岐点販売数量の求め方個別法は、複数セグメント間の販売構成比(セールスミックス)が一定(不変)ではないときにもちられる手法である。個別法で複数セグメントによる損益分岐点販売数量を求めるためには...
個別法(組み合わせ)で損益分岐点販売数量を求める - 複数セグメントのCVP分析
計算手法個別法での損益分岐点販売数量の求め方個別法が、複数セグメント間で販売構成比(セールスミックス)が一定(不変)ではないときに用いられる点については、こちらのリンクを参照複数セグメントの組み合わせ次第で貢献利益...

CVP分析

Cost – Volume – Profit

  • CVP分析
  • CVP分析によるシナリオプランニング
  • 売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 相互比較法
  • 売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 増分分析
  • 売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 - 採算ライン判定法
  • 利益を増やす値引きの意思決定
  • 安全余裕度(Margin of Safety)の計算
  • 安全余裕率(Margin of Safety Ratio)の計算
  • 損益分岐点比率(Break-even Point Ratio)の計算
  1. CVP分析によるシナリオプランニング
  2. 売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 相互比較法
  3. 売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 増分分析
  4. 売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 採算ライン判定法
  5. 利益を増やす値引きの意思決定
  6. セールスミックスの変更インパクトの評価(→複数セグメントのCVP分析 へ)
  7. CVP分析によるリスクと不確実性分析
    1. 安全余裕度(Margin of Safety)の計算
    2. 安全余裕率(Margin of Safety Ratio)の計算
    3. 損益分岐点比率(Break-even Point Ratio)の計算
    4. 期待値(Expected Value)によるCVP分析
    5. 決定論的手法(Deterministric Approach)によるCVP分析
CVP分析によるシナリオプランニング
計算手法大きなロジックの流れ貢献利益によるP/L(直接原価計算方式によるP/L)は、CVP分析の考え方に基づき、事前に想定された変動費単価と固定費をベースに、売上高(販売数量)の変動に応じて稼ぎ出される営業利益を予測するこ...
売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 - 相互比較法
計算手法意思決定会計において、「相互比較法」は、相互に比較するべきシナリオやプランの全体をそれぞれ明確にし、差引してどちらが収益性に優れているかを判断する手法である。同様の目的で使用される「増分分析」より相手にする変数やデ...
売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 - 増分分析
計算手法意思決定会計において、 「増分分析」は、相互に比較するべきシナリオやプランの全体から差異項目だけに着目して、差異項目だけの差分計算からどちらが収益性に優れているかなどを判断する手法である。同様の目的で使用される「相...
売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 - 採算ライン判定法
計算手法「採算ライン検証法」は、与えられた前提条件が損益分岐点(損益ゼロ)または目標利益を上回っているかを明らかにすることで、提案された施策やビジネスプランの採択可否の判断材料を提示する。全くの新規プランの場合は、損益分岐...
利益を増やす値引きの意思決定
計算手法一般的なミクロ経済学でいうところの市場の価格調整機能が十分に働く環境下で、需要の価格弾力性が弾力的な一般財の場合は、価格の低下は数量の増加を伴って市場均衡がもたらされることになる。需要と供給 Wikimedia C...
安全余裕度(Margin of Safety)の計算
計算手法安全余裕度(Margin of Safety)は、評価対象とする実績売上や予算売上が損益分岐点売上からどれくらい上回っているか(下回っているか)を数値(度数)で表したものである。売上高の場合は「売上額」、販売数量の...
安全余裕率(Margin of Safety Ratio)の計算
計算手法安全余裕率(Margin of Safety Ratio)は、安全余裕度が評価対象売上高に占める割合を意味する。安全余裕度が実数で +100 とか △100 という数値で表されるのに対し、安全余裕率は評価対象売上高...
損益分岐点比率(Break-even Point Ratio)の計算
計算手法損益分岐点比率(Break-even Point Ratio)は、 が損益分岐点売上高が評価対象売上高に占める割合を意味する。この比率が小さいほど、評価対象売上高が損益分岐点売上高を上回る度合いが大きいことを示し、...

CVP分析フレームワークを用いた意思決定

CVPフレームワークにおいて利益最大化を達成するための条件選択方法

  1. 2つのコストオプションの選択
  2. 利益最大化をもたらす製品の生産選択
  3. 利益最大化をもたす変動費と固定費の選択
  4. 制約下のプロダクトミックス

コメント