ネットギアリング比率(Net Gearing Ratio)追加しました

CVP分析/損益分岐点分析

CVP分析/損益分岐点分析経営分析
CVP分析/損益分岐点分析

固変分解/貢献利益

費用を固定費と変動費に分けることで可能になる経営分析手法

固変分解/貢献利益(Direct Costing/Contribution Margin)
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 金額法
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 単価法
売上高貢献利益率(Contribution Margin Ratio)
営業利益(Operating Income)P/Lの計算
固変分解から直接原価P/Lを作成する(棚卸計算がない場合)
固変分解/貢献利益(Direct Costing/Contribution Margin)
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 金額法
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 単価法
売上高貢献利益率(Contribution Margin Ratio)
営業利益(Operating Income)P/Lの計算
固変分解から直接原価P/Lを作成する(棚卸計算がない場合)
previous arrow
next arrow
 
  1. 貢献利益の計算
    1. 貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 金額法
    2. 貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 単価法
    3. 貢献利益率(Contribution Margin Ratio)の計算
  2. 貢献利益の活用
    1. 営業利益(Operating Income)P/Lの計算
    2. 固変分解から直接原価P/Lを作成する(棚卸計算がない場合)

損益分岐点分析

損益分岐点 = Breakeven Point:損益がゼロとなる営業活動量(例:売上高、販売数量、生産高、生産数量など)

損益分岐点分析(Breakeven Point Analysis)
損益分岐点売上高(Breakeven Revenue)の計算 – 比率法
損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)の計算 - 固定費法
(まとめ)損益分岐点にまつわる公式について
損益分岐点を達成する許容固定費の求め方
損益分岐点売上高と損益分岐点販売数量の読み替え
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 金額法
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 金額法
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
(まとめ)目標利益を達成する条件の求め方
加重平均貢献利益単価法で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
バスケット方式で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
コンポジット方式で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
基準法(等価係数法/換算係数法)で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
個別法(順列)で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
個別法(組み合わせ)で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
損益分岐点分析(Breakeven Point Analysis)
損益分岐点売上高(Breakeven Revenue)の計算 – 比率法
損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)の計算 - 固定費法
(まとめ)損益分岐点にまつわる公式について
損益分岐点を達成する許容固定費の求め方
損益分岐点売上高と損益分岐点販売数量の読み替え
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 金額法
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 金額法
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
(まとめ)目標利益を達成する条件の求め方
加重平均貢献利益単価法で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
バスケット方式で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
コンポジット方式で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
基準法(等価係数法/換算係数法)で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
個別法(順列)で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
個別法(組み合わせ)で損益分岐点販売数量を求める – 複数セグメントのCVP分析
previous arrow
next arrow
 
  1. 損益分岐点売上高(Breakeven Revenue)の計算 – 比率法
  2. 損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)の計算 - 固定費法
  3. 損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)の計算 - 数量法
  4. (まとめ)損益分岐点にまつわる公式について
  5. 損益分岐点を達成する許容固定費の求め方
  6. 損益分岐点売上高と損益分岐点販売数量の読み替え
  7. 目標利益(税前利益)の達成条件
    1. 売上高
      1. 目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 金額法
      2. 目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
      3. 目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
    2. 販売数量
      1. 目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 数量法
      2. 目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
      3. 目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
  8. 目標利益(税引後利益)の達成条件
    1. 売上高
      1. 目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 金額法
      2. 目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
      3. 目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
    2. 販売数量
      1. 目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 数量法
      2. 目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
      3. 目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
  9. (まとめ)目標利益を達成する条件の求め方
  10. 複数セグメントのCVP分析
    1. 損益分岐点販売数量
      1. セールスミックスが不変(一定)の場合
        1. 平均法
          1. 加重平均貢献利益単価法
          2. バスケット方式(Basket)
          3. コンポジット方式(Composite units)
          4. 基準法(等価係数法/換算係数法)
      2. セールスミックスが可変の場合
        1. 平均法
          • いかなる平均法も簡便法にすぎず正確性は保証されない
        2. 基準法(等価係数法/換算係数法)
        3. 個別法
          1. 順列(固定費を優先的に回収するセグメントを任意で選ぶ)
          2. 組み合わせ(すべての実現可能なセールスミックスを領域で示す)
    2. 損益分岐点売上高
      1. 平均法
        1. 加重平均法
          1. 加重平均販売単価法
          2. 加重平均貢献利益率法
        2. バスケット方式(Basket)
        3. コンポジット方式(Composite units)
        4. 基準法(等価係数法/換算係数法)
      2. 個別法
        1. 順列
        2. 組み合わせ

CVP分析

Cost – Volume – Profit

CVP分析
CVP分析によるシナリオプランニング
売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 相互比較法
売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 増分分析
売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 - 採算ライン判定法
利益を増やす値引きの意思決定
安全余裕度(Margin of Safety)の計算
安全余裕率(Margin of Safety Ratio)の計算
損益分岐点比率(Break-even Point Ratio)の計算
CVP分析
CVP分析によるシナリオプランニング
売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 相互比較法
売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 増分分析
売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 - 採算ライン判定法
利益を増やす値引きの意思決定
安全余裕度(Margin of Safety)の計算
安全余裕率(Margin of Safety Ratio)の計算
損益分岐点比率(Break-even Point Ratio)の計算
previous arrow
next arrow
 
  1. CVP分析によるシナリオプランニング
  2. 売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 相互比較法
  3. 売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 増分分析
  4. 売上高を伸ばす追加固定費の意思決定 – 採算ライン判定法
  5. 利益を増やす値引きの意思決定
  6. セールスミックスの変更インパクトの評価(→複数セグメントのCVP分析 へ)
  7. CVP分析によるリスクと不確実性分析
    1. 安全余裕度(Margin of Safety)の計算
    2. 安全余裕率(Margin of Safety Ratio)の計算
    3. 損益分岐点比率(Break-even Point Ratio)の計算
    4. 期待値(Expected Value)によるCVP分析
    5. 決定論的手法(Deterministric Approach)によるCVP分析

CVP分析フレームワークを用いた意思決定

CVPフレームワークにおいて利益最大化を達成するための条件選択方法

CVP分析フレームワークを用いた意思決定
CVP分析フレームワークを用いた意思決定
 
  1. 2つのコストオプションの選択
  2. 利益最大化をもたらす製品の生産選択
  3. 利益最大化をもたす変動費と固定費の選択
  4. 制約下のプロダクトミックス

あわせて読みたい

CVP分析/損益分岐点分析 CVP分析/損益分岐点分析

1固変分解/貢献利益変動費、固定費、貢献利益、固変分解
2損益分岐点分析様々な損益モデルで損益分岐点を求める
3CVP分析金額・単価・数量を変数にした損益モデル
4CVP分析フレームワークを用いた意思決定利益最大化を達成するための条件選択方法
この記事を書いた人
肩の力を抜いて楽しんでいます!
ビジネスハッカー(Biz-H)

FIRE達成のブログ職人
主な経歴:電機メーカー(当時東証1部/現プライム)、監査法人(BIG4)、外資系IT企業、外資系コンサルティングファーム、日系コンサルティングファーム、PEファンド(ハンズオンの企業再生担当)

ビジネスハッカー(Biz-H)をフォローする
経営分析
スポンサーリンク
ビジネスハック 戦略/経営/会計

コメント