歴代オランダ首相(Minister-presidents van Nederland)追加しました
PR

CVP分析/損益分岐点分析

CVP分析/損益分岐点分析 経営分析
CVP分析/損益分岐点分析

固変分解/貢献利益

費用を固定費と変動費に分けることで可能になる経営分析手法

固変分解/貢献利益(Direct Costing/Contribution Margin)
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 金額法
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 単価法
売上高貢献利益率(Contribution Margin Ratio)
営業利益(Operating Income)P/Lの計算
固変分解から直接原価P/Lを作成する(棚卸計算がない場合)
固変分解/貢献利益(Direct Costing/Contribution Margin)
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 金額法
貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 単価法
売上高貢献利益率(Contribution Margin Ratio)
営業利益(Operating Income)P/Lの計算
固変分解から直接原価P/Lを作成する(棚卸計算がない場合)
previous arrow
next arrow
 
  1. 貢献利益の計算
    1. 貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 金額法
    2. 貢献利益(Contribution Margin)の計算 - 単価法
    3. 貢献利益率(Contribution Margin Ratio)の計算
  2. 貢献利益の活用
    1. 営業利益(Operating Income)P/Lの計算
    2. 固変分解から直接原価P/Lを作成する(棚卸計算がない場合)

損益分岐点分析

損益分岐点 = Breakeven Point:損益がゼロとなる営業活動量(例:売上高、販売数量、生産高、生産数量など)

損益分岐点分析(Breakeven Point Analysis)
損益分岐点売上高(Breakeven Revenue)の計算 – 比率法
損益分岐点販売数量(Breakeven Volume)の計算 - 固定費法
(まとめ)損益分岐点にまつわる公式について
損益分岐点を達成する許容固定費の求め方
損益分岐点売上高と損益分岐点販売数量の読み替え
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 金額法
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
目標利益(税前利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
目標利益(税前利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 金額法
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 貢献利益率法
目標利益(税引後利益)を達成する売上高を求める – 目標利益率法
目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 貢献利益単価法
目標利益(税引後利益)を達成する販売数量を求める – 目標利益単価法
(まとめ)目標利益を達成する条件の求め方